【中国】「飛行機を持ってお嫁に行くの」-福建省の富豪の超豪華嫁入り道具が話題に!

fujian wedding

「【(福建省)莆田の新婦への結納金は600万元(約1億480万円) 女性方#持参金1億元(約17.5億円)と飛行機1機#】この2日間、福建省の花嫁がずっとニュースのヘッドラインを飾っている→まず(結納金)388万元(約6,780万円)の花嫁が話題となったが、その翌日、600万元(約1億480万円)の花嫁に圧倒された。莆田のこの花嫁への結納金は600万、そう、600万人民元なのだ!しかしこれは大したことではない。更にびっくりしたことには、女性方の持参金が1億(約17.5億円)!それに加えて飛行機が1機。これは#仰天価格の嫁入り道具#だ…」(新浪福建より)

引用ここまで。

福建省の花嫁の話題です。そう言えば以前取り上げた”土豪”の結婚式も福建省でしたね。さて、福建省の莆田と言えば、莆田出身者が中国全土で私立病院を経営していることで有名で、そのような病院はひっくるめて”莆田系”と呼ばれています。主力は美容整形や男性科、婦人科だとか。そう言えば最近のニュースで、中国が世界で第三の美容整形大国になったというものがありました。人口の多い国ですから、このような病院経営によって手にする利益は莫大なものとなるのでしょう。また莆田は”高級な”偽ブランド靴の製造でも有名なようです。この新郎新婦の実家の家業は記事からはわかりませんが、莆田に富豪が多いと言うのもうなずける気がします。

関連記事:
中国:結婚式は伝統漢民族スタイルで まるで時代劇-田舎成金のド派手婚

微博(ウェイボー)より、中国人の反応を見てみましょう。

→私だって持ってるよ、飛行機…の模型

→600万。人生何回やったら稼げるんだろう

→福建人ってみんな隠れ土豪なの?

(訳者注:土豪とは、富豪の意で使われる言葉ですが、田舎っぽい成金と言ったニュアンスが混じります)

→プンプン、土豪

→私立病院経営してるんでしょ

→ポイントは、花嫁がとっても美しいってこと

→なんとあの男は銀行をヨメにしたみたいだ

→この微博をみると、血圧が上がる

→お金持ちは何だってできるんだ。驚くに値しないよ

→いまは、金持ちの男は金持ちの女をみつけて、固く手を結ぶんだ!だから普通の家のやつは金持ちでかっこいい男をみつけるなんて幻想を抱くな。そんなのは韓国ドラマの中だけだ

→自分で稼いだお金なんだから、どう使おうと自分の勝手、じゃない?

→だから私は独り身なんだ

→田舎っぽい

→この男、ぶさいく

→どれだけの病人の命を奪ったカネと引き換えなんだろう?莆田系の医療機関は毎年どれだけの毒薬を使いニセ薬を売って診療しているのか、自分でよくわかっているだろう。

→本当に金持ちだ

→我が大莆田が、とうとうヘッドラインに載った……

→この花嫁の顔面偏差値から言うと、こんなにきれいでお金持ちなのに、こんな男にほれちゃったんだね

→これじゃあ、お嫁にもいけない

→うそだよ。私は莆田(市)秀屿(区)出身だけど、飛行機の話は聞いたことがない。600万はほんとだけど。飛行機は誇張じゃない?うそだと思うよ。

→コメントを見ると、金持ちを目の敵にしている人が多いねえ

→ニセ病院でお金もうけしたの?

→女性はほんときれい、この男性はちょっとねえ

→お二人が末永く幸せでありますように

→莆田で偽ブランドの靴をつくって儲けたのかな?

→どうしてこんなに金持ちなんだ

→また、地主がいる旧社会に戻ったね。

(訳者注:旧社会は、中華人民共和国建国以前の社会を指します)

→時代が変わった。これは歴史が前進する必然的な過程だ~お金はいいが、全てではない。自分に見合った相手を見つけることこそ、値段のつけられない価値のあることだ

→莆田人は本当に商売がうまいね

→どうやら結婚できなさそうだ

→金持ちは本当にいっぱいいるなあ

→農村に生まれたおれは、どうやら独り身でいるしかなさそうだ(号泣マーク2つ)

→一千億の嫁入り道具で、幸福が買えるだろうか。

→死ぬほど羨ましい

→こういうニュースをどうして流すのかな、中国の貧富の差は既に十分明らかなのに

→お金持ちって、本当にいいね!

引用ここまで。

翻訳元:微博#陪嫁1亿和1架飞机#


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。