【中国】人民日報「アメリカは張り子の虎だ」-南シナ海航行の自由作戦で ネット民は冷ややか「張り子の猫が何言ってるの?」

paper tiger


人民日報海外版の「張り子の虎の示威行動は誰を脅かしているのだろうか?」という記事の要旨が微博(ウェイボー)に掲載されています。

「【党新聞(訳者注:人民日報のこと)がアメリカの軍艦が南シナ海に建設中の島に押し入ったことについて語った:張り子の虎の示威行動は誰を脅かしているのだろうか】人民日報海外版:アメリカが勢いよく騒ぎ立てて来ることに直面しているが、中国の反応は比較的抑制されている。中国が控えめに反応しているのは当然考えがあってのことだ。中国は、アメリカの今回の軍事行動は虚勢を張っている部分が大きいとはっきりと認識しているからだ。中国は従来より挑発に対しては恐れない。アメリカの示威行為は誰を脅かしているのだろうか?明らかに中国を脅かすことはできないが、南シナ海の周辺国家の不安を巻き起こすかもしれない」(財経ネットより)

引用ここまで。

1月30日、アメリカは南シナ海で中国や周辺国が領有権を争う西沙(パラセル)諸島にイージス艦を派遣し、中国が実効支配するトリトン島の周辺12カイリの海域を航行しました。航行の自由作戦の一環です。なお、去年10月には、アメリカ海軍の別のイージス艦が南沙諸島の人工島周辺12カイリ以内を航行しています。

関連記事:
【中国人の反応】外交部「強烈な不満」を表明 米軍艦南シナ海の人工島沖進入で

それにしても、最近、人民日報がなかなか熱いですね。目が離せません。中国ネット民のコメントを見てみましょう。

→誰を脅かすかって?結局抗議しかできないでしょ

→中国政府を脅かす!

→党新聞は口に頼ってる、口強新聞だ。

→誰が張り子の虎だって(泣き笑いマーク2つ)

→ため息一つ!

→たった一隻の軍艦じゃないか、足がへなへなになる必要なんてないのに。

→二月最初の面白い笑い話だ

→じゃあ、突っつこうよ!単なる張り子の虎でしょ

→ハハハハ

→趙家の外交部と軍隊こそ、張り子の虎じゃないかと思うんだけど

(訳者注:趙家はいま大流行のネットスラングで、政府や富豪など既得権益層のことを指します。もともとは阿Q正伝で、権勢を誇る一家の姓が趙であったことに由来します)

→張り子の虎って言葉、半世紀以上使っているね

(訳者注:毛沢東語録の第六章のタイトルは”帝国主義とすべての反動派はハリコの虎である”です)

→恥知らずがここまで来たら、もう何も言うことがない

→根性があるなら、一度は抑制せずにやってみろ

→(アメリカは)緊張状態を作り出し、資金を中国から逃避させている

→(笑顔マーク4つ)アメリカの軍艦が張り子の虎の腹に入って来たぞ!

→本当に戦争する時、こう言って吠えている人たちは一体どこにいるんだろうね

→口撃砲…

→笑わせてくれる~~~~

→これって北朝鮮が人民をだまくらかすやり方だよね(笑顔マーク)でもおれたちは北朝鮮人じゃない

→口だけ動かし、手は出さない。これこそが張り子の虎

→不動産が多いやつは恐れる。金持ちも恐れる。アメリカに家族がいるやつも恐れる。資産が西側にあるやつは(資産が)凍結されることを更に恐れる。

→1950年の方法を未だに使っているね

→人民日報は早く自殺しろよ。何年も何年も吠えたてて、疲れただろう。

→誰も信じないのに、悲しくないのか

→今度、アメリカとフィリピンあるいはベトナムの軍艦が一緒に来たら、どうする?それでも攻撃する?

→基本的に全世界が中国が建設している人工島を非難している。公海を勝手に占領しているということではないのか?

→南沙諸島から西沙諸島に押し入ったって?警告しても無駄だったのか???それとも発見できなかったのか??

→毎日旅行に出歩きばらまいて、国内の民衆は生活できない

→韜晦養晦(とうこうようかい)の策略だ。強い敵の前では軟弱になる!

(訳者注:韜光養晦は、鄧小平が強調した「才能を隠して、内に力を蓄える」という中国の外交・安保の方針のことです)

→この張り子は鋼より硬いんだ。

→新聞で強烈に非難する以外に、他に何ができるんだ

→コメントを見に来た!素晴らしい!

→国防建設を支持する

→また文革時代のスローガンを出してきて、吠えてる

→真面目な話をすると、1989年以後、米帝と西欧はどれだけの専制政権を転覆させてきたことか!米欧が専制を滅亡させることにきっぱり反対し、人類の反面教師として比較するため、専制を残すようにしよう。

→韜光養晦、あと何年かすれば米帝を正面からPKだ

→関係ない。もし戦争になったら、富豪の二代目や、官僚の二代目に先に行ってもらおう。我ら庶民は、趙家の人の為になんか戦争に行かない。

→相手の強大さを正視できないやつが、どうして自分が強大になんかなれるだろう!抗日神ドラマの中では日本人は弱っちいが、でもその弱っちいやつらが中国の半分を占領していたんだ。

(訳者注:中国では各種抗日ドラマが放映されていますが、その中でもあまりにも荒唐無稽なドラマは”抗日神ドラマ”と呼ばれ、ネット民のからかいの的になっています)

→どして周辺国の不安を巻き起こすんだ?理解できない

→人民日報は、本当に楽しいね(笑顔マーク)

→清の末期のようだ。庶民が生活できなくなって、人心がなくなって、内憂外患…歴史書の中と一緒のようだ

→北朝鮮の言い方みたい

→我らの精神勝利法!

→共産党の軍隊こそ張り子の虎だ。民衆をいじめるだけ。

→独裁は、そこら中で壁にぶつかってばかり

→張り子の猫が、張り子の虎は怖くないと日々言っている。

引用ここまで。

翻訳元:微博

関連記事(官製メディア):
【中国】官製メディア、何度もソロスに吠える!「悪意の空売りは高くつく!」
【中国】人民日報が”司法を超え”ネットで大炎上-微博(ウェイボー)に#人民日報は恥を知れ#タグ登場

関連記事(南シナ海):
【中国の反応】「中国提訴も」インドネシア調整相 南シナ海領有権問題
【中国人の反応】アメリカは南シナ海での作戦を続行:北京訪問中の米太平洋軍ハリス司令官 北京大学で講演 
“中国軍トップはヘタレ!” 怒る中国ネット民 南沙諸島への米軍艦派遣をめぐり


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。