【中国】「北京の地下鉄で授乳する母親」を批判した投稿がネットで大炎上

breastfeeding

北京の地下鉄で授乳をしていた母親を批判する投稿が写真付き(冒頭写真、モザイク処理済み)で微博(ウェイボー)に掲載されたところ、その投稿に批判が殺到しました。人民ネット(人民日報のサイト)がその投稿を紹介して更に炎上。結局、投稿者は謝罪に追い込まれましたが、今度は件の女性の夫が投稿者を訴えるとの報道もあり騒動はまだ続いています。

「【#北京の地下鉄で授乳#批判されているが、あなたはどう思う?】先日、北京の地下鉄で、ある母親が授乳をしている時に写真を撮られ、@北京往事ネットが(微博に)投稿した。”公共の場所での挙動に注意してほしい。性器を露出するな。あなたは地下鉄でこのような様子で本当にいいと思っているのか?ここは北京の地下鉄だ、あなたがたの村の路線バスの中ではない。あなたはこのようにして本当にいいと思っているのか?”この件に対し、あなたはどう思う?」

引用ここまで。

聞くところによると、日本でも昭和30年代頃までは、東京の国鉄(当時)で母親が前をはだけて子どもに授乳する姿が見られたとか。中国の一般的な事情はどうなのでしょう。私自身は公共の場で授乳する母親を見かけた記憶はありません。もっとも、広い中国の事、色々な事情があるのかもしれませんが…

代表的なコメントを紹介します。

→母乳を与えるのに賛成する!

→母の愛は偉大だ!

→写真をとるなんて、人間じゃない

→ママを支持するけど、少しは身を隠したり遮ったりすることはできるのでは。他の乗客も見ぬふりをすることが出来るでしょう。写真にとってネットに流すなんて、非難されるべき!

→人肉してしまえ
(訳者注:”人肉(捜索)”は、身元を特定し、個人情報を晒すことです)

→母親の心の中には、子どもがお腹がすいたということしかない。自分の子どもを飢えさせることはできない

→我らの村の路線バスがどうした???北京にも多くの悪人や汚職官吏がいるだろう…!!!

→確かに(見えないように)遮るべきだ。母乳には賛成だけど、それは公共の場所で隠さず母乳を与えることに賛成することと等しいわけではない。鍵は”(母乳を)与えるか否か”ではなく、”遮るべきか否か”だ。

→この女(訳者注:投稿者は女性です)はビョーキなの?

→あなたがたの村っていうの、やめてくれないかな。彼女の優越感は一体どこから来るの。ゴミ。

→中国に授乳室が不足していることに、どうして言及しないのかがわからない。この写真を撮って書いた人の良心はどこにあるのだろう。

→以前路線バスで母親が授乳していたのを見た時には、とてもよくないと思ったけど、今自分がママになってからは、あの時の母親の気持ちがとてもよくわかる。

→16ヶ月母乳を与えてきたママとしては、どうしてこのママが洋服を使って遮らないのか理解できない…

→私たちはみんな小さいころ母親のお乳を飲んできたのに、これがなんだと言うの!子どもには一日の中でいつお乳を与えないといけないかわからない。外出して子どもがお腹が空いて泣いて、お乳を与えるののどこがいけないの?

→母乳とはなんと偉大なことだろう

→公共の場で授乳することに反対はしないけど、でも少なくとも隠すべき。母の愛が輝いているからと言って、それが全ての言い訳になるわけではない

→淘宝(訳者注:人気通販サイト)では、授乳ケープ売ってるよ…

引用ここまで。

翻訳元:微博#北京地铁哺乳#


人気ブログランキングへ

ぜひぜひ”ポチッ”と、
ボタンを押して応援してくださいね。