【中国】路線バス、今度は女性車掌が乗客の膝の上に座る! 

bus conductor

先日、成都の路線バスの運転手が、乗客を置いたままバスを降りて中華まんを買いに走ったというニュースをお伝えしたばかりですが、今度は西安で路線バスの女性車掌が乗客の膝の上に座っていた、というニュースがネットで話題になっています。
(関連記事:中国の反応:路線バスが突然停車 運転手が中華まんを買いに走る ”お腹がすいてめまいがした”

「【バスの車掌が男性の膝の上に座る そばには未成年の学生が立っていた】(10月)25日、西安のネット民がこうけなした。”昨日午後217路の路線バスの中で、車掌がある男性の膝の上に座っていた。そのそばには、リュックを背負った未成年の学生が立っていた。”確認したところ、女性車掌の横にいたその男性は彼女の夫であった。車掌用の座席がなかったため、一時的にその座席に詰めて座っていた。この学生はどう思っただろうか?」

引用ここまで。

中国の路線バスでは色々なドラマが繰り広げられているようですね。微博(ウェイボー)にも実にたくさんのコメントが寄せられています。中国人の反応を見てみましょう。

→別に普通だと思うけど?

→未成年がどうしたって言うんだ?膝の上に座るのを見ちゃいけないのか?

→学生だって理解するよ

→自分のだんなでしょ、他人が口はさむことないじゃない。車掌さんだって疲れるし。

→明らかに愛があるよね

→別に大したことないじゃないか。とても正常だと思うけど。

→膝の上にちょっと座ったからって、だからなんなの?

→違法じゃないし、道徳に違反しているわけでもないし、どこが悪いんだ

→公序良俗に反する

→これが(微博の)ホットな話題に載るなんて

→どんな大事かとおもったら、なんだこんな些細なことか

→これのどこがニュースなんだ

→どこが問題なの?

→この記者は何を考えてるんだ?

→他に報道するニュースがないのか?

→この頃の子どもはみんなガールフレンドくらいいるでしょ

→サラリーマンが出勤する時間だ。よくない影響を与える。

→自分のだんなの膝の上に座っているんでしょ、どこがいけないの?

→この記者、アタマおかしい。旧社会じゃないんだから!
(訳者注:旧社会とは、共産党が政権をとる前の社会を指します)

→車掌さんだって大変なんだ。わかってあげなくちゃ。

→コメントを見て安心した。みんな記者をこき下ろしているね!記者よ、他人のことに口をはさむな

→これがニュースなの…夫婦でしょ。一緒に座って何が悪い?

→どうでもいいじゃない

→知らない人の膝に座ったのかと思った

→ひどい見出し

→合法的な夫婦なのにどこがいけないんだ

→なんでもネットに載るんだね

→理解できる

→こんな記事書く必要なんかない!大したことないじゃないか!車掌だって人間なんだ、機械じゃないんだ

→いつの時代だと思っているの?それにしても、いまどき車掌がいるの?

→どうでもいいことを大げさにさわぐな

→仕事時間中

→停職くらったって、なんてこった…

引用ここまで。

なお、コメントにもありましたが、この報道を受けてバス会社はこの女性車掌を停職処分としたそうです。彼女は今後研修を受けて、復職する予定とのことです。

翻訳元:#售票员坐男性大腿#


人気ブログランキングへ

ぜひぜひ”ポチッ”と、
ボタンを押して応援してくださいね。