中国人が東京を攻め落とす!やっぱり「爆買い」:中国の反応

baomai

10月1日から始まった国慶節の7連休で中国人観光客の「爆買い」に再び注目が集まっています。微博(ウェイボー)でも「爆買い」の話題が盛んです。既に連休初日には「中国人は日本に爆買いに行くのに日本人は中国に来る気がない」と題するメディア記事が投稿され、”中国人でも国内観光地に行く気がしないのに””いや日本に爆買いなど行かず国産を愛すべきだ”等カンカンガクガク議論が続いています。

ここで統計を見て見ましょう。日本を訪れる中国人の数は2011年以降年々増えており、2014年には年間約241万人に達しています。一方、中国を訪れる日本人の数は近年減る傾向にあるものの、2014年を見ると約272万人となっています。即ち2014年現在では、日本人の訪中者数が中国人の訪日者数を30万人ほど上回っていることになります。もっとも今年1月~8月までを集計すると、中国人訪日者数は既に約335万人に達していますので、2015年には中国人の訪日者数の方が多くなるかもしれません。なお、この統計には観光客だけではなく留学生やビジネス関係者等全ての訪問者が含まれていますが、中国人訪日者数の伸びに「爆買い」が大きな役割を果たしていることは間違いないでしょう。

「中国人観光客が東京を攻め落とした」というハッシュタグがホットな話題に上っています。色々な意見を見ていきましょう。

「新宿は既に制した!秋葉原を制した!東京は既に基本的に我が方がコントロールしている。日本語には(ひたすら)買う、買う、買う中国人観光客について新しい「爆買い」という言葉が生まれたそうだ。講評:暖かい春風が居心地好く香ってきたので、北京からここ東京へ落ち延びてきた者達は、居心地好い風に酔ってしまった。(訳者注:南宋前期の詩人、林升の「臨安の邸(やど)に題す」の一節をもじったもの。『北京』『東京』のところが本来はそれぞれ『汴州(開封)』『杭州』となっている)次はどこが攻め落とされるのかわからない。」

「中国人はよくやった、祖国の誕生日であるこの日に大日本を攻略した。毛おじいさん(訳者注:毛沢東)も地下で目覚めて笑っているだろう」

「多くの中国人は日本人が中国人に対してとても友好的だとの幻覚があるようだ。yahooのコメントをみてごらん。大部分のコメントが歓迎していない。”中国で買えよ!””お願いだからもう日本に来ないで””中国人のいる場所は危険”といった類。買ってはいけないとは言わないが、but少しは目覚めなさい、日本人は表面ほどいい人たちではない」

「自分のお金は自分で使う権利がある」

「あなたたちに心はないのか?あるいは脳に泡でも浮かんでいるのか。かつて日本人がどのように我々に害を及ぼしたのかを中国人は心の中で考えないのか?あなたたちが暇にまかせてちょっと慈善をすることは自分の命をくれてやるみたいなものだ。(あなたたちが)お金を使うことで、他の人(日本人)が弾丸をつくるんだ。かつて抗日戦争に命をかけた英雄を忘れるな。安倍を忘れるな。本当に国の恥だ。」

「怒れる若者は本当に多すぎ。このご時世、何をやっても怒ってる”キーボードの犬”の群れだね、自分の生活を楽しむのがいけないわけ?」

「病気みたい!中国のものは使えないってわけ?どうしても日本に行ってひけらかさなきゃいけないの?日本から持って帰ったものを使わないでくれる?このトピックをみてどうしても投稿しなくちゃ、ハハハ、っと思ったの。ほんと、お笑いだわ!」

「日本の真心のこもったサービスはいいと言われている。ものも悪くない。今回は東京ではなく敢えて名古屋に来ているが、ここのショッピング環境はちょっといいなんてもんじゃない。並ばなくていいし、タックス・リファンドも便利で気分よく簡単に飛行機で帰ることができる。」

「みなさんに是非出国して買い物に行ってほしい。行って(日本の)民主制度や、安くてよい品を見てきてほしい。帰国して中国の現状を変えてほしい。」

「他の事は置いておくとして、日本製品は使いやすい。うちのエアコンは松下(パナソニック)のだ。国産のものよりいい。」

「福山雅治が結婚したから、(日本では)”失恋大バーゲン”なんじゃないの?!」

「経済のグローバル化が何かわかっていないのか?自分のお金が日本の軍隊の銃や砲弾になると色々言うけれど、中学を卒業してないの?中国が世界に入ってからどれだけの年月がたっているんだ、まだ市場のルールがわかっていない人がいるの。感情で経済を人質にとるなんて、ビョーキ。」

「へへ、日本、悪くないね。」

引用ここまで。

翻訳元:微博#中国游客攻陷东京#

*「爆買い」については、こちらもどうぞ:「爆買い」の副産物 ←姉妹ブログより


人気ブログランキングへ

”ポチッ”!
是非ボタンを押して応援してくださいね。