【中国】ついに、海警による尖閣諸島領海侵入の報道を国内で始める

senkaku diaoyudao


尖閣諸島(中国名釣魚島)の領海に中国の海警艇が度々侵入しているというニュースは、実は今まで中国国内では表立って報道されていませんでした。間接的な報道が一部あったことはあったのですが、殆ど耳目を集めておらず、中国の一般大衆にとっては今回の報道が初めてということになります。まず、微博(ウェイボー)における報道ぶりを見てみましょう。

「【中国海警の三隻の艦艇隊が今日(7月30日)釣魚島領海内を巡航】国家海洋局のサイトの情報によると、2016年7月30日、中国海警2306、2337、31239の艦艇隊が中国釣魚島領海内を巡航した。」(財経ネットより)

引用ここまで。

南シナ海仲裁裁判以降、微博(ウェイボー)上ではプロパガンダが吹き荒れ、次から次へと関連ニュースが報じられています。仲裁裁判の内容を貶めるものから始まり、フィリピン敵視、そして日米敵視の内容がどんどんと投入され、一時はあまりにヒステリックな状態で微博を開けるのも頭痛がするほど。コメント欄を見ると、すわっ、開戦前夜か、という勇ましさ。仲裁裁判の結果発表から20日程経過し、現在ピークよりは少なくなってはいるものの、依然としてコンスタントに軍事的なトピックや国威発揚の記事が投入され、日本に対しても、南シナ海に日本は口出すな、と言った論調がそこここに見られます。

関連記事:
【中国】メディア・ネットで猛烈な愛国キャンペーン展開中-南シナ海仲裁裁判、”日米陰謀論”も画策?!
【速報】仲裁裁判所、中国の南シナ海支配認めず-中国ネットは蜂の巣をつついたような騒ぎ
【中国人の反応】中国軍艦、尖閣諸島周辺の接続水域を航行

国威発揚記事への書き込みの特徴として、いつもにも増してコメントの”幼さ”が目立つことが挙げられます。学生の書き込みが多いと思われますが学生と言っても、大学生や高校生だけでなく、中学生(もしかしたら小学生)も相当数混じっているのではないかと思われる稚拙な内容がかなり目立ちます。安易な比較は禁物と思いつつも、つい紅衛兵を連想してしまいます。煽り(プロパガンダ)に完全に煽られていて、ひたすら”南シナ海は中国のもの””一ミリだって譲れない””祖国の為なら犠牲もいとわない”等々繰り返すコメントが並び、ちょっとでも異論をはさもうなら袋叩きに遭いかねない勢いです。さすがに、一時の高揚感は少しずつ収まりつつあるようですが…

今回の海警の尖閣諸島領海内巡航の記事も、明らかに南シナ海仲裁裁判以降の中国政府の国内宣伝戦の一貫として出て来たのでしょう。この件は複数のメディアが記事にしています。”行け行けどんどん”と言ったコメントが目につくコメント欄もある一方で、ここでは少し落ち着いたフォロワーが多い財経ネットのコメント欄から、中国人の反応を紹介します。

→コメント出来るの?

→これって。この情報を発表するって、どういう意味?

→中華を犯すものは、必ず討伐される!

→直接上陸することを提案する

→誰がコントロールしてるの?

→尖閣列島(ママ)は日本の領土だ。

(訳者注:プロフィールとハンドルネームより、北京在住?の中国人男性のようです)

→これって、北京あるいは東京が初めて発表したんじゃないの?仲裁案とTHAADに反対してるから?

→支持する

→日本は既に上陸してるのに、我らはようやく報道しただけ

→上陸して国旗を指して主権を宣誓しなきゃ、意味なし!

→中国が戦争をする準備をしている国はいくつもあるんだね

→尖閣諸島(ママ)は太古の昔から日本の固有の領土だ

(訳者注:中国人の男性のようです。ハンドルネームは”パナマ中華地区副総裁”)

関連記事:
【中国】ネット民は知っている:パナマ文書 習近平主席の義兄の名も-当局は情報封鎖に躍起だが…

→妄想大国、世界の列強に向かってはやたらとぺこぺこして、肝っ玉はネズミのように小さい。対内的には顔をしかめて、治安維持のために鎮圧する。

→河北の庶民は、家を再建するのを待っている!

(訳者注:一週間ほど前、河北省で大洪水が起こり、200名以上の犠牲者が出ています。上流のダムの放水が周知されていなかったことが一因と言われています。)

→最近、ちょっと強硬だ

→国家主権の問題では、絶対に党中央と心を一つに保つ!

→ああ、南シナ海のニュースがちょっと収まってきたよね!国内の矛盾は依然としてこんなに大きいから、平民どもは釣魚島に注目せよってことか!素早く、釣魚島にパトロールしに行け!てもって、我らイヌたちは、釣魚島をまたパトロールしたってことを報道するってことか

→また国内の話題から視線をそらそうとしてる

→また、ガソリンの値段あがるの?

関連記事:
【中国】反日がもう効かない?!外交部が日本の歴史教科書に抗議も、ネット民が見事な返り討ち

→祖国よ、頑張れ

→pokemon go モンスターを何匹か島の上に放てば?ハハハハハハハ!

→支持する!!!

→傍観する

→もうすぐ八一(訳者注:建軍記念日)だ。我らの釣魚島に行ってのんびり散歩しなきゃ

→上陸する勇気はあるのか

→毎回国内の矛盾が色々と重なると、反日が出てくるね

→コメントを見ると民意がわかる。ネット時代では、民衆の知能は既に開けている。騙されるのは少数だけ

→支持する。コメント欄の漢奸(訳者注:民族の裏切り者)とキーボード戦士は黙れ。頭おかしい。

→上陸しなかったら、臆病者だ

→これがニュースになるってことは、私たちが以前全然行ったことがなかったか、殆ど行ったことがないからでしょ。

→すごいね

引用ここまで。

引用元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。