【中国人の反応】中国軍艦、尖閣諸島周辺の接続水域を航行

chinese destroyer enters into contiguous zone

9日未明、中国軍の軍艦1隻が尖閣諸島の日本の接続水域を初めて航行しました。まず、中国国内の報道ぶりを見てみましょう。

「中国とロシアの軍艦が釣魚島(尖閣諸島)の附近海域(注)に侵入した。

@新浪軍事:【日本メディアは、中露連合艦隊が釣魚島近海で日本軍艦と対峙したと伝えた】@日本新聞ネット・ウェイボーの報道によると、中露両国の4艦の軍艦は連合して釣魚島海域に入り、日本海上自衛隊と対峙した。今日(9日)未明、中国海軍の駆逐艦一隻が釣魚島附近海域に入った。また、それ以前、8日夜9時、ロシアの駆逐艦3隻も附近海域に入り、日本は護衛艦を出して中露の軍艦の航行を監視し追跡した。」(頭条ネットより)

(訳者注:日本語の「接続領域(contiguous zone)」は、中国語では「毗連区(毗连区)」あるいは「隣接海域(邻接海域)」に相当しますが、このニュースでは一貫して「附近海域」という言葉が使われているため、翻訳の際にもそのまま原文をいかしています。)

引用ここまで。

9日昼現在、中国メディア(官製メディアも含む)は”日本メディア”を引用する形でこの件を報道しています。外信の引用ということもあり、メディアの扱いは現時点では比較的落ち着いているという感じでしょうか。まだ、外交部や官製メディアがはっきりとした論調を打ち出していないことが影響しているのかもしれません。

先日来、南シナ海に対する威勢のいい発言が中国当局から続き、微博(ウェイボー)のコメント欄では支持、不支持、政府に対する揶揄などが入り乱れ、盛り上がりを見せていたのですが、それに比べ、この件に関してはやや控えめな印象があります。コメント数もそこそこです。現時点での中国人の反応を見てみましょう。

関連記事:
【中国人の反応】中国軍副参謀長「日米が南シナ海で巡航するなら座視しない」

→毎日こんな挑発ばっかりして何の意味があるんだ。小日本をやってしまえ

→毛子(訳者注:ロシア人に対する蔑称)は我々よりすごい。日本よ、試してみる?

→不満だったら、戦いに来いよ!

→狼を引き入れ、虎を追い出した。狼を引き入れた…

→一騒動は避けられないだろう

→だよね、おれたちには友達が必要だ

関連記事:
【中国】ロシアへの愛は片思い? ロシア大使の本音に…
プーチン「大帝」? 中国で露大統領人気爆発!

→国連の常任理事国じゃない国が、常任理事国の島嶼を占領しているのは、そもそも不合理だ

→ロシアはろくなもんじゃない

→自国領の釣魚島に行くことができないのか?

→日本が釣魚島をコントロールしてる

→ウラジオストクは?

(訳者注:ウラジオストクは中国語では海参崴と呼ばれ、1860年までは清の支配下にありました)

関連記事:
【中国】環球時報:「中露友好!」を謳うつもりが、とんだやぶへびに… なぜかコメント欄には日本のことばかり

→そんなにすごくて、しかもあなた(中国)の領土なら、どうして奪いとらないんだ?広場を車両で疾走した気勢はどこへ行った?自分じゃ取り返せないからって、ロシア・パパを引っ張りだしたら取り返せるとでも思ってるのか?

関連記事:
【中国】天安門事件から27年-中国ネットは?なんと大胆広告も?!【画像あり】

→まず南シナ海、次に釣魚島、続けて隣国を挑発して、何したいの?

→日本鬼子を追っ払っていないのに、今度はロシア鬼子が来た。

→こんな小さなことでも、中露が手を結んでやらないといけないのか?

→12カイリに入らなくて、しかも連合して行って、(海自と)対峙したなんて、どうやらあの島は本当に日本のもののようだ。

→我々の近海をロシアに航行させないようにすることはできないかな。そもそもロシアは善人なんかじゃない

→またガソリンが上がるの?

(訳者注:国内で不都合なことがおこると、政府は目をそらすために反日を煽る…真偽はともあれ、ネット民の中には、そのように考える人々が一部いるようです)

関連記事:
【中国】反日がもう効かない?!外交部が日本の歴史教科書に抗議も、ネット民が見事な返り討ち

→附近……根性があるなら、島に上陸してみろ。自分の領土なんだろ。

→米日韓豪が、あさって、一緒に釣魚島に進入することになる…

→日本頑張れ

→毛子は日本よりもっと危険

→祖国がこんなゴロツキで、安心した

→それで?

→島国の水軍がいっぱいいる、ああ!!!!

(訳者注:島国は日本を指し、水軍は、《この場合は日本に味方する》サクラを意味します)

→なんだ、これはなんの前触れだ?

→毛子を引っ張りいれて、何するつもりなんだ。ロシアは中国のことになんか関心はない。毛子はろくなもんじゃない

→やってられない。国が強硬に出ないと、みんな国は毎日抗議しかできないと言って嫌って、今、軍艦を派遣したら、それでも怒ってばかり。ああ。

→毎日挑発ばかりして、本当に嫌になる

(訳者注:日本在住の中国人男性のようです)

→緊張するな。これは戦略戦術というものだ

→怒ることなんて、何にもないじゃないか。よくやったよ

→早くしかけろ。戦わないやつは腰抜けだ

→中国が今、最も切迫していることは、やはり経済を発展させ人民の生活レベルをあげることだ。経済発展に必要なことは、先進国や周辺国といい関係を保つこと。なのに今、近代以来中国に一番危害を加えたロシアと協力している。この国は世界最大の領土と最多の資源を誇るけれど、GDPは韓国にも及ばない。我々はこんな風に信義にもとり道義に背き、侵略ばかりしているようなならず者と一緒になるのか。本当に心配だ!

→小日本のアメリカ・パパはまだ支援にやって来ないの?

→小日本をやってしまえ

→日本必勝!

→いいじゃないか。支持する。中露は家族、共同で米日に対抗しよう!

→おれたち、日本をいじめてばっかり、一体何してるんだ

→歴史書に、また一つ敗戦の海戦史が増えた。(涙目マーク)

→背後には絶対、中国の庶民が知らない”隠れた事情”があるにちがいない

→上陸して国旗を指してこそニュースだ

→どうでもいい

→どうして釣魚島にロシアが介入するんだ

→よくやった!

→どうして中露の軍艦なの???単独では行く勇気がないの?

→上陸してBBQしよう…

引用ここまで。

翻訳元:微博

関連記事:
【中国人の反応】日中外相会談の席で王毅外相「誠心誠意であれば歓迎する」【中国人の反応】[南シナ海]王毅外相訪米、ケリー国務長官と会談
【中国】人民日報「アメリカは張り子の虎だ」-南シナ海航行の自由作戦で ネット民は冷ややか「張り子の猫が何言ってるの?」
【中国の反応】「中国提訴も」インドネシア調整相 南シナ海領有権問題
【中国人の反応】アメリカは南シナ海での作戦を続行:北京訪問中の米太平洋軍ハリス司令官 北京大学で講演 
“中国軍トップはヘタレ!” 怒る中国ネット民 南沙諸島への米軍艦派遣をめぐり


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。