【中国】中国人労働者、ケニアで現地青年200名に襲撃され14名負傷-中国資本の鉄道工事をめぐり

chinese workers injured in kenya


「【イギリス・メディア:200名のケニア青年が現地の中国資本による鉄道工事に突撃し、14名の中国人労働者を殴って負傷させた】3日のBBCの報道によると、ケニア西南部のナロク・カウンティにおける中国資本による鉄道工事において、約200名の現地の青年が”雇用の機会が分け与えられない”と不満を表明し、棍棒を手に14名の中国人労働者を負傷させた。最近、約300名の青年が集まって中国の請負企業に対し抗議する等の事件が発生している。鉄道工事が現地青年の雇用問題を重視していないとして現地政府が非難されており、それが中国企業と現地コミュニティの間の関係の緊張を引き起こしている。」(財経ネット)

引用ここまで。

ケニアの失業率はかなり高く、40%という数字が広く出回っています。(ご参考:2013年 ケニアの労働事情《国際労働財団》)中国のインフラ輸出は労働者込みのパッケージ型で、現地の雇用促進につながらないとの不満の声がしばしば聞かれます。現地の報道を見てみると、今回の200名の青年は、棍棒だけでなく剣(sword)も振り回していたようです。なお、ケガをした中国人労働者たちは診療所で手当てを受け、無事の模様です。

微博(ウェイボー)より、中国人の反応を見てみましょう。

→問題は、君たちは怠け者なんだよ

→我々のメディアはみんな死に絶えたの?

(訳者注:この記事は外信の引用です)

→おまえたちは怠け者。雇って何させればいいんだ?

→中国人民の古い友人

→自国民が殴られているのに、BBCに基づいて報道しなきゃならないなんて

→賛成はしないけど、でも気持ちはわかる。もし自分の食い扶持が外から来た人間に取られたら、自分の生活は苦しくなる。どうせなら騒ぎを起こそうとするよ。怖いと言えば怖いよね。こういう境遇の人が多かったら厄介だ

→中華帝国主義は張り子のトラだ!黒人の兄弟たちよ、団結して立ち上がれ!

→実際、黒人の兄弟たちがもうちょっときびきび働けば、まだ使えるんだけど。とにかく怠け者。

→本当に理解できない。また恩知らずな人々にぶち当たった。あなた達を助けて鉄道を建設しているのに。あなた達の国の発展を助けているのに。本当に薄情だ。

→一帯一路が民族主義にぶちあたっている。(涙目マーク)

→人種差別じゃなくて、黒人は本当に怠け者だ。いいもの食べて怠けて、仕事の機会をあげても、まじめにやらない。

→自分たちの職のことなら(自分たちの)政府に言えばいいのに、我々中国の企業に言ってどうするの?

→軍隊を派遣して保護しろ

→中国の対外投資は、その国の利益に注意を払うべきだ

→撒いたおカネが少なかったようだ。もっと撒け。

→もしかしてこの黒人たちは、我々中国が既に強大だって知らないのか?

→現地の労働者を使ったら、この工事はどれだけの時間がかかることか

→中国とアフリカの友好万歳

→お金をあげた結果がこれか

→お金で買った友達は、こういうもんだ

→現地でガードマンをやとって中国人労働者の安全を守るよう提案する

→我が国には核兵器がある。軍事は世界三位だ。アフリカの奴らなんてこわくない!

引用ここまで。

関連記事:
【中国】アフリカで、中国産”人肉缶詰”の噂-中国大使館は激怒、ネット民は…(2016年5月19日)


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。