【中国】路線バス、またやらかす!配車アプリでクルマを呼んだ女性、タクシー代わりにやってきたのは、なんと…

shanghai railway station

中国の都市では、タクシーの配車アプリが大人気です。タクシー以外にも、登録している自家用車をタクシー代わりに呼べるサービスもあり、クルマが比較的きれいだったり、車種の指定が可能だったりと人気を集めているようです。

そんな中、ある女性が夜、上海駅で配車アプリを使って頼んだクルマを待っていると、SUVを指定したはずなのに、やって来たのはなんと…

微博(ウェイボー)の記事を見てみましょう。

「【女性が”専車(配車アプリ)”で配車を頼んだら路線バスが来た 運転手は通り道だったのでやって来た】最近、ある女性が午後11時ころ、上海駅でスマホで”専車(配車アプリ)”を使って、一台のSUVを選び配車を頼んだ。なんとやってきたのは、一台の路線バスだった!運転手が言うには、彼は最終バスを運転し終えたところで、丁度車庫に戻る途中、”’空車’で車庫に戻るよりは、道すがらお客を乗せよう”と考えた。配車会社は、(このような場合には)実際にクルマ主に会って調査し、アカウントを一時閉鎖するかもしれない、としている。」

引用ここまで。

実際に自分の身に起こったら…と思うと、かなり面喰いそうですね。SUVが来るかな、と待っていたら、あの大きな路線バスがすぅっと目の前で止まり、ドアが開いて”どうぞ”と言われ…しかも乗客は一人。でも、上海でだったら、乗るかもしれません。乗る前に取り敢えず、会社に確認の電話一本くらいは入れるかもしれませんけれど。

元記事によると、この女性、道すがら色々と運転手さんとお話しをして、快適で楽しかったと記者に語っています。支払いの際に、本来は必要のないチップを上乗せしたほどだと言うことですから、よほど気に入ったのでしょう。この運転手さんも、もともとは自家用車を配車サービスに登録していたものの、その日たまたま何かの加減か、路線バスのまま、請け負ってみたそうです…

中国ネット民の反応を見てみましょう。

→すごいね。

→ハハハハハ

→ハハ、広い座席だね

→私だったら、とっても嬉しくなっちゃいそう…悪くなさそうね…

→ハハハ、どうしよう、なんとなくクールだね

→実際、たったあれだけのお金で路線バスを呼べるんだったら、お得だね。

→何百万元もする豪華なクルマだね、すごい

→ハハハハ、すごいね、寝っ転がれそう

→これ、本当に「専車(専用車)」だね

→どうしてこの女性は通報したんだろう

(訳者注:元記事を見るかぎりでは、この女性は会社にも警察にも、特に通報してはいないようです)

→ハハハ、笑える

→専車は白タクだよ

→いつかもしかしたら、呼んだらパトカーが現れるかもよ

→電車の運転手だけど、だめかな

→いつか戦車を呼べないかな

→ひどい

→都会は面白いね

→ハハハハ、とても爽快だね

→こんな楽しいこと、通報することなんかないじゃない

→ひどい、おれは今まで、こんな待遇を受けたことないぞ

引用ここまで。

翻訳元:微博

関連記事(路線バス・シリーズ):
【中国】路線バス「おじいちゃん、もう迎えに来ないで!」 女性運転手に怒鳴る祖父を孫娘がたしなめる 
【中国人の反応】走行中の路線バスが炎上 17名が犠牲に-寧夏回族自治区で放火の疑い
【中国】路線バス、今度は女性がやらかす!乗り過ごしたことに腹を立て、運転手を殴る-バスは追突
【中国】また路線バス!怒った乗客が「ドアのガラスを蹴破って」降りる
【中国】また路線バス! 席を譲れと老人に蹴られる
【中国】路線バス、今度は女性車掌が乗客の膝の上に座る! 
中国の反応:路線バスが突然停車 運転手が中華まんを買いに走る ”お腹がすいてめまいがした”


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。