【中国】”地球上で唯一無二”の中国・西洋複合建築がお目見え ネット民からブーイング どうやら撮影用らしいけど…

chinese western style

「【半分はホワイトハウス、半分は天壇#?石家庄に#中国と西洋の合体建築#がお目見えする。全地球上で唯一無二と称している】@石家庄:河北省石家庄の某映画村に注目の建物が新たに加わる--中西複合体の建築物で、奇妙な外形をしており、独特の設計理念だ。この中西複合体の建物は、西洋式のビルと(天壇)祈年殿が結合しており、全地球上で唯一無二の複合建築である。」

引用ここまで。

映画村の中に建てられているんですね。中国の建物と言えば、世界各地の名建築のパクリから極めて独創的(?)なものまで何でもありの状態で、私も少々のことでは驚かないと思っていたのですが、この写真を最初に見た時は、これが普通の街中に建てられたのかと思いびっくりしました。でも、映画村なら…写真を見る前に複合建築と聞いて、洋風の建物に瓦屋根でものっているのだろうか、くらいに思っていたのですが、写真をみて大笑い。天壇をスパッと半分に割って、もう片方にホワイトハウス(のようなもの、どちらかというとアメリカの国会議事堂?)をくっつけたものだとわかって、なんとも豪快というのか、そのまんま割ってくっつけただけというのか…天壇がこんな魔改造を受けるとは…そりゃ、全地球上で唯一無二だって。

関連記事:大連にゴンドラ:パクリ”ベニス”出現! パクリって呼ばないでとの声も 中国人の反応

天壇と言えば、中国の歴代皇帝が天に五穀豊穣の祈りを捧げる祭祀の場。天を表す丸い建物で、青い瓦が美しく、故宮と並び北京の代表的な建築物となっています。北京にいらっしゃる際には、時間が許せば是非訪れてみてくださいね。天壇の周りは公園になっていて、暖かい季節であれば中国将棋を指している老人や、色々なアクティビティ(どんなアクティビティかは見てのお楽しみ)にいそしむ近所の人々の姿などが見られ、”人民”の生活の一端が覗けるいい機会となるでしょう。

微博(ウェイボー)より、中国人の反応です。

→本当にみにくい!

→暇だね

→創意はあるけど十分ゴミだ

→直視できない

→これは映画を撮影する時に、コストを抑えるためだろう

→みにくい以外に、言うことなんてある

→出てくるな、恥ずかしい。建築士はどの指導者の親戚だ?

→どこにあるの、見物に行こう

→コメントを見て安心した…

→配色が…

→奇妙

→中西融合は半分半分ってこと?お手数ですが建築士よ、まず辞書をひっくり返して何が融合か調べて下さい。みにくすぎる

→我が大河北がまた衛星を放った…

→ちょっとは審美眼がないの???????

→本当に石家(庄)の恥

→習主席が言ってたじゃないか、奇妙な建物を建てるなって…どうして馬耳東風なんだ。

→みにくさ唯一無二

→笑える

→どっちつかず

→ところで何に使うの?

→純粋に撮影用?

→建築士の眼光を理解できないの、許して

→映画村ではこういうのよくあるよ。建物の三面、四面がみんな違うスタイルなんだ。角度を変えればシーンが換わる。スペースとコストの節約だ

→建築士は狂ったの、それとも審美眼がないの?ポイントはどっちもパクリってこと

→建築士よ、出てこい。一発殴ってやる

→違和感ないよ

引用ここまで。

あくまでも、撮影用…なんですよね?ところで、記事の言うところの「独特の設計理念」って、一体なんなのでしょうか…

翻訳元:微博#中西合体建筑#


人気ブログランキングへ

応援お願いします!、
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。