【中国】日本政府「慰安婦の強制連行の証拠確認できない」発言の記事→ネット民のコメントが全部削除される→結局、記事自体もなかったことに

comfort women statement


16日、国連女子差別撤廃委員会の対日審査で慰安婦問題に関する日本政府代表の杉山晋輔外務審議官の発言が中国でも報道され、微博(ウェイボー)にも掲載されました。

「【日本が再度、慰安婦が強制連行された証拠はないと表明した】国連の対日審査の会議で、日本の外務審議官杉山晋輔は、”政府が発見した資料には軍や政府当局が行った強制連行を証明できるものはなかった”と述べると同時に、”戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を胸に刻み続け、21世紀こそ女性の人権が傷つけられることのない世紀とするためリードしていく考えだ”と述べた」(財経ネット)

引用ここまで。

このニュース、ネット民の関心が結構高いのか、掲載直後からかなりのスピードでコメントがついていました。ところが、掲載から40分ほどで突然全てのコメントが削除され、新たにコメントを書き込むことも出来なくなってしまいました。結局その後、記事自体も削除されてしまいました。

最近このようにネットのコメント欄が突然閉じられることは珍しくないのですが、殆どが政府批判がらみです。特に指導部(習近平主席、李克強首相)の発言や動向を扱った記事への批判には特に敏感なようで、どこかの段階でコメント欄が閉じてしまうか、仮に若干残っていたとしてもまともなコメントはまるで見当たらないようなケースが頻発しています。

もっとも、日本について、特に”反日”的なコメント欄が閉じられたのを目撃したのは初めてです。実は今回コメント欄を閲覧している最中に、なんとなくムシの知らせがあったので、予めコメントを保存しておきました。ここにその幻(?)のコメントをご紹介することといたしましょう。

→恥知らず!

→=_=なんて言ったらいいのかわからない

→なんて国!

→正恩兄貴よ、悪いが二発、日本に発射してくれ。

→小日本をやっちまえ

→慰安婦の中には日本人女性がいた。中国人女性もいた。日本人女性は自発的かもしれない、でも中国人女性は?

→やるねえ、日本人は横暴だ

→こういう風に言うとは、恥を知らなさすぎる

→こういう状況では、我々は単純に粗暴な方法を使うしかない~~日本よ、くたばれ

→そして、中国人たちはあさましくも日本に行って、爆買いするの?

→慰安婦が当時受けた最大の傷は、中国人が漢奸と猛批判したことによるものだ。数々の侮辱を受け、追いやられた。

(訳者注:漢奸とは、民族の裏切り者のことを指します)

→誰かと同じく、恥知らず。

→厚顔無恥

→全く、変態国家だ

→もともと売春じゃないか

→日本人は本当に滅びなくてはならない

→歴史を客観視しないやつは、代償を支払わなくてはならない!

→けだものだ

→これって、韓国スムニダ???どう思う???

→怒るなよ。どの国も似たようなもんさ

→戦犯の子孫とまともな話をしても、こういう結果になる。かつて米帝が原爆をもっと落とさなかったのを恨むしかない

→韓国の慰安婦のうち何人かが、戦後日本政府を訴え、賠償を要求した。裁判で日本政府は当時の資料を提出し、慰安婦の収入は当然にも旧日本軍の少将よりも多かったことが示された。

→やっちまえ、無駄話をするな

→日本人は恥知らずだ。日本製品不買

→慰安婦は日本だけのものか?中国にもあったよ。何年も続いてた…外島(台湾)の軍中楽園は慰安所と一緒ではないか…

(訳者注:軍中楽園とは、1950年代から1992年に廃止されるまで、金門島をはじめ台湾本島にもつくられた台湾の軍公認の娼館のことです。2014年には台湾で軍中楽園を題材にした、その名も「軍中楽園」という映画が公開されています)

→おれが若いころと同じくらい、(日本は)恥知らずだなあ

引用ここまで。

関連記事:
【中国の反応】日韓「慰安婦」問題合意

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。