【中国】給与不払い大規模抗議運動、各地に飛び火の恐れあり? 供給側改革の行方は?【動画あり】

shuangyashan 5


12日に、黒竜江省双鴨山市で給与不払いをめぐる大規模抗議運動が起こり、不払いの存在を否定していた省長が一転して”(下からの)報告が事実と異なっていた”として不払いを認め、一週間以内にも解決すると発言しました。その後、同市からの情報はネットにはほとんど上がって来ず、抗議運動が続いているという情報や、同市へ向かう高速道路が封鎖されているという写真が僅かにあるばかりで、あまりの情報の少なさに漏れてくる情報の真偽もわからない状態です。

関連記事:
【速報】12日、中国黒竜江省で給与不払いを巡り大規模暴動発生か-徹底した報道管制の模様【画像・動画あり】

未だに中国国内のメディアはこの抗議運動については一切報道しておらず、不払いの事実と省長の対応のみを報じていますが、ネット民のコメントを見る限り大規模抗議運動の存在はかなり周知の事実となっているようです。コメントの中には「動画で全部見た」との声もちらほらまじっており、当局の削除の嵐をかいくぐり、情報が拡散している様子がうかがわれます。(なお、冒頭写真は12日の双鴨山市の抗議運動のもの。バナーには「共産党は我らのカネを返せ」と書かれています。)

今回の抗議運動は市街地で繰り広げられただけでなく、動画にもあったように鉄道の線路を横切って列車も一時止めています。市当局はこの件について、工員から直訴があったとしたうえで(大規模抗議運動には触れないまま)、生産を止めたり、線路をふさぐ犯罪行為は断固として取り締まるとの声明を出しています。その言葉を裏付けるかのように、当局が配布している指名手配写真(数十名の顔写真が2枚にわたってチラシに掲載されているもの、但し名前なし)の画像がネットに出回っており、給与を払わない企業側を罰せず、当然の権利を訴えた労働者が何故罰せられるのかとネットで怒りを買っています。

省長に対してのコメントをいくつか見ていきましょう。

→どうして辞めないの?

→黒竜江省省長は両会で今まで給与遅延や不払いは一銭もないと言った。労働者の平均賃金は八千元(約13万8800円)ほどだ!目を見開いてうそを言った!

→デマを言っても無罪なのか?

→ハハ、双鴨山、鶏西、鶴岡、七台河、これらの都市全部で長い間給与が未払いだ。どうやって解決するのかお手並み拝見だ

→この省長は悪くない、勇気を出して間違いを認めている(サムズアップマーク)

引用ここまで。

最初のうちこそ、最後のコメントのように省長を評価する意見も少し混じってはいたのですが、地元や黒竜江省内のネット民などから、同企業は省内随一の国有企業であり、何年も前から給与不払いは問題になっていた、との書き込みが入るにつれ、怒り、非難、呆れと言った声が溢れるようになっています。

この抗議運動に対しては、圧倒的な支持と同情の声が寄せられていると同時に、国有企業改革の難しさについてのコメントも散見されます。国有企業改革(リストラ)の必要性を強調する意見、私企業と違って優遇されているとの不満、東北地方の低迷と国有企業を結び付けて論ずるコメント等様々な内容で、現在盛んに喧伝されている「供給側改革」の先行きをはっきりと懸念する意見も少なからず出ています。

そのような中、他の地方からも給与不払い抗議デモの報が入っています。

もともと、中国では給与不払いに対する抗議は頻繁に起こっていて、特に春節前の農民工による抗議運動は風物詩とでも言うほど各地で見られ、ネットにも写真付きで投稿されています。今回、この事件に触発されて抗議運動が他の地域でも起こっているようですが、中には既に独自の抗議運動を展開していたものの、地元以外ではあまり注目はされてこなかった、というケースも混じっているようです。

関連記事:
【中国】未払い賃金を払え!春節を前に、高まる支払い請求”生の声”(2016年1月23日)

現在特に注目されているのが同じ東北地方、吉林省長春の鉄鋼企業「通化鋼鉄株式会社(通鋼)」で、既に抗議活動の動画もネットに出回っています。この企業は元国有企業で、2000年代半ばに民営化されたものの相当な軋轢が生じ、遂に2009年7月、就任直後の社長が工員に囲まれ殴り殺される事件(通鋼事件)が起こっている曰くつきの企業です。

↓通鋼に対する給与不払い抗議運動の動画。なお、長いバージョン(Youtubeにはこの短いバージョンのみ)には百人は軽く超えると思われる警官隊が幾重にも列をなしてこの企業を警護している様子が写っています。

この他にも、微博(ウェイボー)の投稿によると、3月12日から14日まで、陝西省西安市で解放百貨店店員70名が連日抗議活動を行い、警察に鎮圧されています。本日15日には、江蘇省揚州市の大洋造船有限公司でも、千人に上る工員が数か月分の未払い賃金を要求し抗議活動をしているとの投稿が微博(ウェイボー)に掲載されています。その他にも各地で給与不払いなどをめぐり抗議運動が起こっている模様ですが、どれだけの抗議運動がもともとあったのか、或は本事件に触発されたものかはっきりしません。

もっとも、つい数日前、武漢の国有鉄鋼企業(武漢鋼鉄公司、略称武鋼)が8万人の工員のうち5万人をリストラすると発表し世間に大きな衝撃を与えています。給与不払いやリストラに対する抗議運動、供給側改革の行方から、しばらく目が離せません。

関連記事:
【中国】鉄鋼業界大規模リストラへ 50万人の”調整”が必要か

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。