再送:【中国】「兵役拒否」という、ちょっと珍しい話題

deserters


中国雲南省で、三人の青年が兵役を拒否し、処罰を受けたという今まであまり目にしたことのない記事が微博(ウェイボー)に掲載されています。早速見てみましょう。

「【雲南省の三名の青年が兵役を拒否、逃亡に該当し2年間進学できない処罰を受ける】昨年9月、張某、蘆某、孫某、は召集に応じ入隊したが、苦労を嫌い、様々な理由をつけて兵役を避けた。2015年の義務兵家庭優待金に基づき、その5倍基準の経済的処罰を課した;2年間出国あるいは進学が禁じられ、国家公務員になれない;3年間就職登記が出来ず、企業営業証の交付を受けることができない」(財経ネットより)

引用ここまで。

これを読んで、あれ?と思った方も少なくないかもしれません。人民解放軍は志願制ではなかったでしたっけ。一般には、応募者が多く志願しても入隊できるとはかぎらない、と言った風に言われていますが、それは実態とは異なるのでしょうか。ネット民のあいだからも、疑問のコメントがあがり、混乱が見られます。元記事に当たってみると、専門家はコメントの中で以下のように述べています。

「我が国は人口が多いので、兵役に服する義務を尽くすよう法律では規定されているものの、より多くの場合は個人の自主性が強調されている。これが少なからぬ適齢期の青年や保護者に思想的な落とし穴を生じさせており、兵役につくかどうかは自分達で決められると考えるようになっている。」(中国軍ネットより)

引用ここまで。

つまり、本来は徴兵制であるけれども、志願者が多いので実施されてこなかった、しかし志願者だけだと足りなくなったので一部徴兵している、ということなのでしょうか。冒頭の記事の中にも「義務兵家庭優待金」という記述があり、徴兵された場合は、家族に対して補助金が出ることがうかがわれます。貧困家庭から補助金と引き換えに徴兵している、という構図のように考えられます。兵役拒否の罰は、その5倍返し。実際に金額の多寡がわからないのでなんとも言えませんが、貧困家庭にとっては、もしかしたら懲役などの刑事罰以上にダメージが大きいのかもしれません。

この3人の青年(記事に保護者云々との記述があるので、未成年だと思われます)は、入隊はしたものの「自傷、脅迫など極端な行為を行って」兵役を拒否しようとしたとも書かれています。これ以上詳しい内容はわかりませんが、一つ明らかなことは、このような事件は貧困地域、特にその中でも恐らくは社会的立場の弱い家庭の青年の身に起こっているということで、有力者、あるいは上海や北京といった大都会の青年の身には起こっていない、ということです。

→処罰が軽すぎる

→三年のんびり遊んでるんだ

→かつては賄賂をおくってやっと入隊できたと言われているよ

→軍隊に行って逃亡した人は、いちばん戦友に軽蔑される。もちろん戦友と呼ばれすらしない!

(訳者注:中国では、戦争中でなくても軍隊内での同僚や友人を”戦友”と呼びならわします)

→あたま悪い。強制的に入隊させられたわけじゃないんでしょ。なら、なんでそもそも入隊したの?

(訳者注:広く志願制と信じられていることが、このコメントからもわかります)

→どれだけの人が入隊したいのにできないと思っているんだ!!!

(訳者注:事実はどうであれ、多くの人がこのような認識を持っていることがうかがえます)

→タイの青年の動画を思い出すよ。僧侶や、妖艶な人が兵役のサインをする動画…

(訳者注:テレビのニュースで私も見たことあります。妖艶な人、については、ご想像にお任せしますね)

→自分で志願した兵役でさえ逃げ出すなんて、ゴミだ…

→20年前に比べて現在の兵士はずっと快適なのに、それも我慢できないなんて…

→逃亡兵は銃殺じゃないの?

→民衆の覚醒

→元々は裏口からだって軍隊に入れなかったのに、今は誰も入隊しない!

→こういうの、韓国では直接刑事罰じゃないの?

→これ、義務兵みたいだよ、志願兵じゃないよ

→除隊後の職をあっせんするのが大変だ

→軍に入りたいんだけど、やらせてもらえないんだ

→ふつう軍隊で実際に処理する時は、逃亡兵としないよ…こいつら、よっぼどなんだよ

→この処罰はなんだかなあ、もし本当に法を犯しているんだったら-法律を使って制裁するべきだ!職につかせない、起業もだめ、あれもだめ…いったい、これはなんなんだ?

→苦労がいやなら、最初からいかなきゃいいじゃん。兵役が強制じゃあるまいし~

→お金もらったけど、やりたくないなんて、そんなうまい話なんてないよ

→処罰がひどすぎるんじゃない。

→なんと、もしやりたくないんだったら、おれに回してくれ。入りたくても入れてないんだから…

→かれらの生存権を奪うの?

→この処罰なんだか変

→軍に入る多くの人は、家が貧しいからだ。もともと遊び感覚で入隊したから逃げたんだろ

→党衛軍

(訳者注:人民解放軍は正確に言うと、国軍ではなく、中国共産党の軍です)

→おそらく、除隊後の待遇がよくないんだろう。志願では誰も入隊しないから、壮丁を捕まえはじめたんだ

(訳者注:壮丁は、青年男子の意味ですが、特に徴兵義務のある青年男子のことを指します)

→罰金もわかるし、公務員になれないのもわかる。でも、進学させない、商売させないというのは基本的人権の中の教育権と発展権の剥奪なんじゃない?

→国民党と同じように、壮丁を捕まえはじめたのか!?

引用ここまで。

翻訳元:微博,中国军网-中国国防报


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。
Follow @JinminTsubuyaki