【中国】上海で離婚が激増し、お役所がパンク!-9月からマンション購入規制厳格化の噂で

divorce and buy a condo


”マンション購入規制をかいくぐるため上海で離婚が増えている”とのニュースは以前からちらほらと流れていましたが、ここに来てその勢いが一気に加速し、お役所の手続きがパンク状態になってしまっているようです。

「【上海で離婚しマンションを買うブームが巻き起こっている 登記処は臨時に”門を閉じ客を断った”】29日、ネットの噂によると、上海徐滙区民政局離婚登記処が離婚手続きをするためにやって来た市民で非常に込み合い、離婚をする人々は早朝7時すぎからここで並び始めた。午後4時に、記者が徐滙区南寧路の当該行政服務中心離婚登記処に到着した時には、正面玄関は固く閉ざされており、本来4時半に閉まる離婚登記処が臨時の”閉鎖”措置を取っていた。」(財経ネットより)

引用ここまで。

これ、離婚登記処がサボって門を閉じてしまったのではないのだそうです。元記事に当たってみると、あまりの離婚申請者の数の多さに処理が間に合わず、お客(離婚申請者)の受付を制限せざるを得なくなり早めにドアを閉めたとか。実は閉めたオフィスの中で、係員は色々な処理(事後処理でしょうか)を行っていたようです…

”北上広深”、即ち北京、上海、広州、深圳の不動産価格は未だに上がり続けています。不動産の儲け(土地使用権の売却等)で潤っている中国共産党も、あまりの不動産価格の高騰ぶりに抑制策を打ち出して来ていますが、ネット民のコメントを見るかぎり”(例え中小都市の不動産は値下がりしても)この四都市の不動産だけは大丈夫”という不動産神話が根強く、抑制策の効果がはっきりと現れるまでにはなっていないようです。特に深圳では値上がりが著しく、深圳を拠点としている複数の企業が不動産価格高騰を嫌気して他地域に移転を表明しているほどです。

今回の離婚騒動は、上海市当局が打ち出している抑制策に深く関わっています。上海では上海戸籍の独身者は住宅を一軒、非独身者は二軒買うことが許されていますが、非独身者(要は夫婦)が二軒目を買う際には、”二軒目政策”が適用され、手付金が高く(5割~7割)、またローンの利率が優遇されないなどの厳しい条件が課されます。二軒目は実需ではなく投資物件とみなされるためにこのような政策が取られているわけですが、これが形だけ離婚して”独身”となれば、”夫婦”で二軒目を購入しても、あくまでも”独身者の実需”とみなされ、厳しい条件を免れより簡単に二軒目を購入することができます。

この施策は比較的早い時期(2011年)から導入されています。なお、2006年~2011年の上海の離婚件数は年平均4.7万件ほどで安定していましたが、2012年には5.29万件、2013年には6.96万件に増えており、この施策の影響が指摘されています。

ところが、9月から住宅購入のための”ニセ離婚”に対し対策が取られるとの噂が現在出回っており(例えば離婚一年未満の購買者は非独身者に準じる等)、先週頃から離婚の増加が見られ、特に29日には爆発的な数の夫婦が離婚手続きのために登記処を訪れているとか。この記事を見て、更に多くの夫婦が30日、31日と登記処に殺到したらどうなるのでしょう…

中国人の反応を微博(ウェイボー)より見てみましょう。

→こういうニセ離婚は、規制できないの?

→本当にかわいそうと思うに値しないね

→婚姻の自由

→この国は、確かに問題がある

→仕方なくやってるんだってば。

→狂ってるんだろう

→これって、政府がやるべきことをやっていないんじゃない

→恥さえ失くして、何がカネだ?

→ニセ離婚だね。カネと離婚のためには、なんだってできる。これが中国人の聡明なところか、それともモラル知らずなところなのか。

→なんと不思議な国!

→全民離婚

→何百万(訳者注:何千万円)のためにニセ離婚をするのはとてもまともだと思う。自分のことだったら、みんなそうするだろう

→中国の不動産は、いま婚姻法すら操れる。無敵だ!

→今の社会はどうしたんだ?これが果たして政府が意図した結果なのか?

→………

→中国は全世界で一番離婚が自由な国だ(泣き笑いマーク)離婚の理由も一番ヘン

→当初は結婚のためにマンションを買って、今の如くマンションを買うために離婚する。

(訳者注:中国では、結婚するためにはマンションを買う必要がある、という考え方が広く根付いています)

→やっぱりお金があるんだね。金持ちのゲームだ。

→土地を売るやつ、マンション建てるやつは笑いが止まらないだろう

→なんて特色のある社会主義だろう

→この社会は腐っている

→結婚は神聖なものなんじゃないの?どうして世俗的な人の目には子どもの遊びみたいに映ってしまうんだろう?

→悲哀!

→乱れてる

→ニセ離婚か。お尋ねしたい。五千年の中国文明で、今以外に、このような問題が出現したことがあったのだろうか?

→偉大な中華民族……

引用ここまで。

関連記事:
【中国】バンクーバー不動産バブルついに崩壊か-28日間で20.7%下落、中国人買い控え(2016年8月24日)
【中国】「君もマンションの名義人に!」と路上で公開プロポーズ-その結果は?!(2016年8月13日)
【中国】”四重婚?!”男、捕まる(2016年1月31日)

引用元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。