【中国人の反応】那覇市で「龍柱」が完成-中国ネット民「琉球はもともと中国のもの」

dragon poles

那覇市で「龍柱」が完成したというニュースが、中国でも報じられています。微博(ウェイボー)における報道ぶりを見てみましょう。

「【日本那覇市で巨大な龍柱が建てられ、中国人観光客を迎えている】二つの巨大な龍型の石柱が、那覇市に建てられた。その”龍柱”は高さが約15メートル、幅が約3メートルで周囲の人々の目を引き付けている。同市は”龍柱”の建設により、中国大陸、韓国、中国台湾(原文ママ)の観光客を迎え入れる場所としての目印にしたいと希望している。」(環球市場ニュース)

引用ここまで。

元記事には、龍柱が福建省福州市で作られたことや、工期が延長し費用も膨らみ一部市民の批判も受けたものの、昨年末に完成したとのいきさつも説明されています。

コメント数はかなり少ないので、ここに全てご紹介しておきましょう。なお、沖縄に関する中国ネット民の声に初めて触れる方にとっては、少しばかり刺激が強いコメントもあるかもしれません。巷にこのような考えを持つ人々がいるのは事実ですが、全ての中国人の声を代表しているわけではありませんので、念の為。

→この地方は、本来中国のものだ。

→どうして五星紅旗(中国国旗)を掲げないのか

↑鎌と槌の党旗だとなおよい

(訳者注:中国共産党の党旗には、旧ソ連国旗の同様、共産主義のシンボルの鎌と槌が使われています)

→琉球?みんな福建人の末裔なんでしょ

→太古の昔から中国のものだ

→醜い

→琉球国

→経済力が生み出す心理文化上の魅力に加え、琉球はもともと龍図騰(下の図をご参照のこと)の文化心理が凝縮されている

dragon totem

→龍の色を赤くすれば、更に大陸客を引き付けるだろう。この色はよくない。

(訳者注:中国で赤はおめでたい色、白はお葬式を連想させる色です。もっとも、紫禁城では白い石がふんだんに使われ、龍《皇帝を象徴》や鳳凰《皇后を象徴》の見事な彫刻で埋め尽くされています)

→日本は今後全部中国のものになる。だから、いま行かなくてもいい

→琉球は福建人の末裔だ。当時日本に侵略、占領された琉球国王は北京に来て皇帝に出兵を求めに来た。ああ。

→こんな役に立たないものは、引きちぎってしまえ。そんなことより、おまえらは教科書に歴史の真相を復活させろ!おまえらは、あのなんとかという神社を参拝するな!

→琉球は以前、天朝(中国)のものだった…

→バカなことをしたな

引用ここまで。

関連記事(爆買い):
【中国人の反応】日本:2015年の流行語大賞に「爆買い」が選ばれる
中国人観光客「当たり屋」疑惑は誤報?! 中国系メディアの報道に中国ネット大炎上
中国人が東京を攻め落とす!やっぱり「爆買い」:中国の反応
中国の反応:会計前にアイスを食べ逆ギレ、店員を殴打 北海道を新婚旅行中の中国人夫婦逮捕
中国人 東京マンション「爆買い」事情
抗日戦争勝利記念日に日本旅行?!

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。