【中国】ハンドル落ちても大丈夫!つわものドライバーにネット民もびっくり

driving without a handle


びっくりの宝庫中国から、こんなニュースが飛び込んできました。

「【なんと豪快!ハンドルが脱落 スパナを使って運転】先日、寧夏(回族自治区)銀川のタクシーが走行中、ハンドルが突然脱落し、運転手はレッカー移動費を払いたくなかったため、スパナではさんで修理工場まで運転した。交通警察は、事後、250元(約4,450円)の罰金を科した。

ご注意:車が急に故障した時は、停車して非常灯をつけるとともに停止版を置き、乗員の安全を確保したあと、修理工場に連絡しよう。(中央テレビ記者高振興)」(中央テレビニュース)

引用ここまで。

さすが、びっくりワンダーランド、中国ですね。

まず、運転中にハンドルが落ちるだけで十分びっくりなのに、何故かどこからかスパナが出てきて悠然とスパナで運転するとは、これまたびっくり。

しかも、なぜだか動画が残っていて、それも再現ビデオかと思いきやどうも本物のようで…というのも、対向車がバンバン来る結構大きな通りを走っているのです。

動画には「空車」表示が倒されて写っていて、さすがにお客さんを乗せるつもりはないようですが、この車、やはり本当にタクシーだったんですね。

というわけでこのニュース、なかなかのびっくり三昧ですが、しかし、簡単に惑わされてはいません。これ、実は常習犯だと私は睨んでいます。きっとよく落ちるんですよ、このハンドル。あの悠然とした運転ぶりといい、スパナがどこからともなく出てくることとと言い、何故か誰かが動画を撮影していることと言い。全てがとても初めてとは思えない落ち着きぶり。調子に乗って動画をとっていたら、あ、警察にみつかってしまった、というところなのではないでしょうか。

と勝手に推理なり、妄想なりを膨らましたところで、微博(ウェイボー)より、中国人の反応を見てみましょう。

→すごい

→ハハ、笑える

→達人は民衆の中にいる

→都会の人は、本当に面白いね!

→250 に250の罰金だ、いいね!

→250の罰金は、深く考え抜いた末の金額だね

(訳者注:250には、おばか、まぬけといった意味があり、罰金の250元とかけて、面白がるコメントが多くみられます)

→命で遊んでる

→これって、レッカー代が死にそうに高いんじゃないの

→神だ

→状況をみると、一度や二度じゃないね

→250じゃ安すぎ

→ベテラン運転手

→Mad Maxの観過ぎ

→ずっと自分は運転がうまいと思っていたけど、それは間違いだったようだ…

→ああ、ハンドルの事は冗談にしちゃいけないよ

→車種何かな。おれもハンドル取り外してみたい

→危険すぎ

→レッカーはおそらくもっと高いんだね

→レッカー代がもうちょっと合理的だったら、運転手もスパナを使って運転しないだろうに

→レッカー代が高いというやつは、命はレッカー代にも及ばないって言うのか?

→才能あるけど、確かに危険だ

→すごい技術

→それでも(罰金は)レッカー代よりは安いよね。

引用ここまで。

翻訳元:微博

関連記事(寧夏回族自治区):
【中国人の反応】走行中の路線バスが炎上 17名が犠牲に-寧夏回族自治区で放火の疑い


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。