中国:景気どうなの?本当に悪いの?! 中国ネット民、生の声

bankrupt

中国の実体経済がどのような状況なのか、外からはなかなかわかりません。実は中国国内にいてもあまりわからないものなのかもしれません。なんと言っても広大な国ですし、もともと中国人自身も政府発表の数値をあまりあてにはしていません。中国在住の外国人の間でも、地方のGDPの総和が国家のGDP値を上回ると言って、よく話のネタにしていたものです。成長率についても政府がX%と言ったらX%、有無を言わせず必ず目標を達成するという暗黙の了解があったものです。

景気実感についてこんな投稿をみつけました。寧波(ニンポー)の景気が話題の中心となっていますが、他の地域の状況も語られています。寧波は浙江省の工業都市で上海経済圏に入ります。外国からの投資も多く、私企業が発達し、多くの工業部品メーカーが存在することで知られています。

(投稿1)寧波で商売をやっている親戚のK兄さんと話をしたんだが、実体経済に話が及ぶと、彼は非常に悲観していて、市場が閑散としている度合いが08年(訳者注:リーマンショックの年)を超えていると言っていた。工場には注文がなく、工員は基本的に週休二日で、企業の規模が大きければ大きいほど損も大きくなっている。知っている社長さんのうち少なからぬ人たちが夜逃げしていて、残ったのは債務の山…

(投稿2)私も寧波で企業を経営しているが、銀行から融資はなく、なんとか十月に商品代金が無事に入ってくることを祈っている。九月から注文が80%になり、先月(9月)は税務調査も入り、十月にもし注文が入って平穏に過ごせたとしても、全面的なリストラか、会社を閉める準備となるかもしれない。工場が小さくてまだよかった。(小さいおかげで)負債がそれほどでもない。

→今年工場を開いたけれど、ずっと損している状態。これは一体どういうことなの?このような状況下ではどんな業種がいいんだろう?

→以前辞める前、銀行で小企業専門の融資をしていた。小企業は本当に簡単に(業績が)悪くなる。

→私も寧波の者だ。現在の状況と言えば、工場は損を出すなら損を出しっぱなし、でも閉鎖をするのも難しい。連鎖債務をどうすればいい?機械設備はどうするんだ?土地と建物はどうすればいい?資産を譲り渡す相手もいない。

→教えてほしい。どうして小企業や工場が損しているんだ?

→どこもそうだよ。

→私は寧波の事務所で働くものだが、80%の顧客が損をしている。清算を始めている者もいる。生き延びられれば悪くない、という状態だ。

→うちはもう商売閉じた

→うちも閉じたいが、外部からの大きな借金を抱えている。どうしたらいい?

→国のここ数年の政策は(構造)転換ではなく、製造業の放棄だ。

→済南(山東省の省都)の企業も全部だめ

→各地みんな同様だよ、でも依然として強気のふりをしている

→そんなにひどいのか?今年の企業の収益状況はそんなに悪いのか?

→まあまあだよ

→そうだ(ひどい) 多くの工場が倒産している

→多くの工場が倒産している?ならどうして大量の失業者が出ていないんだ?

→経済が悪くなっている。失業はふつうのことだよ

→確かに去年の年末から、多くの工場が倒産して営業を停止している

→私も寧波だが、状況は確かに非常に悪い。いつよくなるかわからない。

→核心技術がないと、一旦経済に問題が出てくると、真っ先にやられる

→実業をしているけれど、今年の注文はとても少ない。工員の給与はどんどん上がるし、我々が一年苦労しても、不動産業が一回(で儲ける額に)及ばない。ああ、国は実体経済を重視していない。でも(経済の)基本は実体経済なのになあ

→実際いいことだよ。企業の革新を迫る、優れたものが勝ち、劣るものは淘汰される~

→うちのビルの一階に通常60%の入りのレストランがあったんだけど、閉じてしまった…市内にある他のレストランも閉じたところが多い…

→そんなに多く夜逃げしたり潰れたりって言うけど、そんな感じ全然しないなあ。今ほんとにそんなに悪いの?

→(広東省の)東莞と深圳もそこ(寧波)と同様だ。私の親戚がエンジニアをしているが、なかなか代金を受け取れない。今年は更に悪くなるだろう。注文がない。

→私の感覚では、1.今年は08年に比べてもっと悪い、2.銀行の不良債権比率は絶対に今までにない高さだ。

→(浙江省)温州に続いて、寧波の一部の地域は温州と同じ道をたどっている。投資過剰であり、担保は連鎖的に危険に晒されている。それによって企業が破産し、信用体系の問題が深刻になっている。大部分の社長は破産前に資産を移転しているが、一部分の社長は夜逃げをしている。その結果、裁判所の執行リストは火が付いた状態だ。

→去年はリストラ、今年は減産。操業率が明らかに低い。

→工場に取材に行った時もそういう感覚になった。非常に閑散としていた。でもどうして、何と言うか、国内には、ある種の経済発展があって、環境もまあまあで、人々はみんなお金を持っていて、お金を使えるという感覚がある。不可思議…

引用ここまで。

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

”ポチッ”と一回、
ボタンを押して応援してくださいね。