中国:強制立ち退きで男性死亡?200名を超す暴徒に襲われる 中国人の反応

eviction troule in jinan

10月12日、山東省済南市で強制立ち退きにからみ、男性が一人死亡するという事件が起こりました。住民の証言によると、早朝4時頃に200名を超す農民工(出稼ぎ農民)が棍棒を片手に済南市市中区経九路3号院の集合住宅を襲い、立ち退き反対の住民たちと衝突が起こりました。その間に58歳の釈惠生という男性が死亡したとのことです。当局はこの200名を超す農民工の大群は、取り壊し予定の家屋の見回りをしていただけだと説明しています。また、亡くなった男性の死因については、初期調査の段階では外部要因ではないとしています。一方遺族は、遺体に殴打の後があったこと、もともと高血圧と心臓病を患っていたことをあげ、この衝突のせいで亡くなったのではないかと疑っています。(澎湃新聞より抄訳)

立ち退き、取り壊しにかかるいざこざは中国各地で起こっています。地方政府にとって、いわゆる地上げは恰好の錬金術です。住民をはした金で退去させ、デベロッパーと組んで新たな商業・工業施設を開発、あるいは大規模なマンション群を建設・分譲することで巨万の富を得ています。もちろんそのような再開発は汚職の温床となっており、そこから個人的な利益を得る役人は後を絶ちません。暴力を使って立ち退きを迫る話は決して珍しいものではありませんが、今回の事件は死者が出たことに加え、200人を超す大群が街中を棍棒を持って午前4時という時間帯に住民を襲っていること、またその様子が監視カメラに残っていることなどから、衝撃をもって受け止められているようです。

微博(ウェイボー)より、中国人の反応です。

→棍棒なの、それとも鉄の鍬なの?

→恥知らず!

→見回り?もうちょっとましな言い訳できないの?

→やつらは恥知らずがどういう意味か、もうわからないんだよ!

→鬼子(訳者注:日本軍の蔑称)が村に入ってきても、こんなにひどくはないだろう…

→恥知らず、ここに極まれり!

→強制されたとしても、某党(共産党のこと)の言うことを信じられない

→恥知らずには下限がない。滅亡あるのみ。

→給料をもらえていない農民工だね(訳者注:農民工に対する給与遅配や給与不払いが一部で問題になってきているようです)

→暴力の後ろには暴利がある

→匪賊だ

→宣伝部部長(訳者注:市当局の広報担当)は、本当にバカだ。早朝4時にこんなに多くの農民工をおくって取り壊し状況を見回りに行かせただと?!民衆の目は曇っちゃいないよ。

→畜生だ

→宣伝部よ、宣伝(広報)すればするほど誰も信じない

→黄世仁がまた世に出た。(訳者注:黄世仁は、映画「白毛女」の中の横暴な悪徳地主です)

→五毛(訳者注:アルバイトネット工作員)は?家に帰ってママのもとにいるのか?どうして出てきて吠えない?

→五毛だって決まり悪いんでしょ

→農民工もしかたなかったんだよね…やりたくなかったんでしょ…全てお金のため。それが農民工に悪いことをさせただけなんでしょ

→ため息が多いね

→山東人の恥よね。済南は、我々の孔子・孟子の里から遠くはなれてしまっている

→注目している…急いで結論を下すな…

→明らかに鉄の鍬をもっているのに、どうして棍棒ってことになってしまっているわけ

→鬼子(訳者注:日本軍/日本人の蔑称)早く来い、この畜生どもや匪賊どもを殺してくれ

→慣れた。こういうもんだ。我々にこれ以上何ができる?

→こんな嘘!共産党員だけが信じることができる

→真相を期待する

→厚顔無恥、宇宙無敵だ!

→200名を超える農民工?私が知るかぎりでは、農民工の良心では強制立ち退きに参画しないと思う。もしかして城管、あるいは黒社会では?(訳者注:城管は、都市管理の為の役人で横暴で有名です。黒社会はマフィア、ギャングのこと)

→早朝4時に見回りに行ったって?我々の仕事はいつこんな風に積極的になるんだろう?

→中国は既に半弱肉強食社会に入った!

→嘘に頼って行政を行う国家には、絶対にろくな前途はない

→こういう農民工は典型的な奴隷だ

→台湾の同胞たちよ:早く大陸の同胞を救いに来てくれ。本当にもうたくさんだ。早く!

→中国はすごく乱れている

→もしネット、それから映像、写真がなかったら、彼らを信じてたよね。我々はネットに感謝している。彼らはネットを恐れている。

→立ち上がれ、奴隷になりたくない人々よ!

→強制立ち退きはいつやむんだろう、庶民の日々は辛い!

→習近平、出てこい

引用ここまで。

翻訳元:微博,http://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_1385359


人気ブログランキングへ

ぜひぜひ”ポチッ”と、
ボタンを押して応援してくださいね。