【中国】孫を一度戸籍上で”死亡”させてほしいと祖父が要求-その理由にネット民”頭おかしい”、一部には”わかる”の声も

number 4

「【重慶のある住民が4が不吉だとして嫌い、孫を戸籍から死亡として抹消し再発行を要求した】6月30日、譚某は派出所に赴き、生まれたばかりの孫のために、戸籍の新生児登録を行った。孫の身分証明書の最後の一桁が4であり、不吉だと思ったが、番号は自動採番で変更できなかったため、譚某は結局こう申し出た:孫の戸籍を死亡として抹消し、その後に再度手続きをしたい。変更してくれなければ警察に苦情を訴える。重慶晨報」

引用ここまで。

中国でも4は死に通ずるとして不吉な数字とされています。以前もお話ししたかと思いますが、私の北京でのアパートも4階、13階(これは西洋から)、14階が抜けていて(でもなぜか24階は存在)、一体何階だてか一目ではよくわからない状態になっていましたし、西洋人の友人は”404号室”を安く借りていました(中国人の借り手があまりいないため。)少なくとも共産党政権下では、北方の都市部では数字をそれほど気にしていなかったらしく、そのため古い物件には”404号室”などが存在するのですが、南方、特に香港の影響で数字を気にする人が増えてきたとか。特に不動産は数字で価値が大きく変わってくる可能性があるため、確かに4は敬遠されるのかもしれません。

というわけで、大事な孫に一生ついて回る身分証明書の末尾が”4”とは、おじいちゃまとしてはありえない!というところだったのでしょう。もっとも、警察に苦情を訴えてもどうにもならない話と思いますが、元記事を読むと、苦情電話をかけてきたのは、なんと新生児の父親だそうです。家族ぐるみですね。なお、派出所は公安(警察)の管轄下にあり、中国の戸籍は公安が管理しています。この件は最終的には警察が何度か家族と話し合いを重ね、一応理解を得たそうです。

微博(ウェイボー)より、中国人の反応を見てみましょう。

→アイヨー、これは一生ついてまわる、でも慎まなくっちゃね

→この家の人たちは病気、早く診てもらったほうがいい

→戸籍に死亡として抹消されるほうが、さらに不吉じゃないの?(泣き笑いマーク3つ)

→死亡として抹消されるのが縁起がいいのか?頑固になるな

→ええ、おれの最後の二ケタは14だよ

→おれのも0074

→本当に”4”ぬなんて、迷信は有害だ

→私のお母さんの身分証明書の末尾は4444だよ

→すごくわかる。新生児の番号に4があったら誰だって気分が悪い。戸籍部門は数字の4を末尾に使わなように考えるべきだ。番号はいっぱいあるだろ。

→数字がそんなに重要?

→その孫の誕生日に4があったらどうするの

→三歳まで育ったら絞殺さないと。四歳は不吉すぎる。

→頭おかしい

→ほんと、病気だよ。4が不吉で死亡が縁起がいいなんて

→私のも4だよ。ずっと運がいいよ

→死でさえも怖くないのに、4を怖がっているんだ

→無知蒙昧、封建的な迷信をあがめている!

→うち、夫婦二人とも4だよ……

→うちの赤ちゃんも末尾の数字が4だったから、(係の人に)尋ねたけど、機械が勝手に選ぶから、変更できないって言われて、だんなが違う漢字だし、声調(トーン)も違うから、と慰めてくれたけど…

(訳者注:中国語だと、四と死は音は一緒ですが、声調《トーン/イントネーション》は異なります)

→おれの末尾は914だけど、だれに苦情言えばいいんだ?

→じゃあ、4月4日に生まれた人はどうしたらいいのよ?冗談でしょ

→四歳、十四歳、二十四歳、三十四歳……どうるすの?

→再度発行してもらって、また4だったらどうするの?

引用ここまで。

ところで、今ふと思い出したのですが、私の大学時代の学生証の番号は末尾四ケタが”2574(フコーナシ=不幸な死)”でしたが(結構覚えやすくて便利でした)、おかげさまで大学時代に不幸に死ぬこともなく現在までピンピンと生き延びています。(笑)

引用元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。