【中国】「中国のバフェット」著名投資家”失踪”も、ようやく姿を現す-ネット民もひとまず安堵したものの…

guoguangchang

12月10日、「中国のバフェット」と称される大手投資会社「復星集団」の郭広昌会長が”失踪”し、大きなニュースとなりました。経済系メディアの”財経ネット”は日頃から同集団との付き合いがあったのでしょう。「記者が何度も同会長に電話したがつながらない」、と危機感溢れる記述で第一報を流しています。しばらくして同集団側から、郭会長が当局の捜査に協力中との声明が出されました。しかし、詳細は一切明らかにされず、時間は経過するばかりで、ネット上でも憶測が憶測を呼ぶ事態となっていました。ようやく14日の朝、郭会長が同集団の年次会合に姿を現したとのニュースが流れ、ネット民からも安堵の声が出ています。

郭会長は10日、香港から上海に戻った際、空港で当局に”連行”されたと言われています。実はこの件の第一報が出てから、私も中国のネット民と同様、固唾をのんで事態を見守っていました。著名な経済人が世界有数の大都市で”失踪”とは、中国と言えど穏やかではありません。ネットには”目撃談”として、郭会長は手錠をかけられていたらしい、などとデマや噂がまことしやかに流れ、時間がたつにつれ、今まで獄死した経済人の名前などに触れつつ、「もう出てこれないんじゃないか」「身柄はもう北京に移されたのではないか」と言った心配の声が強くなっていきました。興味深いことに、ネット民の反応は、腐敗容疑で摘発された政治家や、株絡みで捜査を受けた証券界の幹部に対するものとは異なり、郭会長の身の上を心配するものが圧倒的多数を占めています。

関連記事:
上海株 暴落を引き起こした? 中国証券監督幹部を厳重規律違反で調査

なお、これまでのところ、渦中の郭会長からも当局からも、一連の”失踪劇”について、コメントは一切ありません。

郭会長が年次総会に現れた、との報に接した中国人の反応を微博(ウェイボー)より見てみましょう。

→出てこられてよかった。もう火遊びをして手を滑らさないように

→目が腫れてる

→わけあって、解放したのかな

→あいつら、コメント何本かすぐ消しやがった!

(訳者注:今回私もコメント削除の”現場”を目撃しました。微博《ウェイボー》の投稿につけられたコメント数が、何気なく画面を更新した際、一気に一桁下がりました)

→会議に参加したということは、今後大丈夫ということかな?

→アイヨー、復星の株はまた上がるよ!

(訳者注:11日(金)、郭会長”失踪”の報を受け、復星関連株は軒並み下がり、取引停止の銘柄も出ました)

→株式市場がまた下がる

→同志(郭会長)は党に忠誠を誓い、人民に対し愛着を覚え、郭家に対し貢献し、そして重大なる手柄を立てたに違いない…

→本音ではね:とても失望した

→大変だね

→中国の企業家は本当に薄氷を踏むが如しだ!悲しむべき体制だ!

→圧力だよ。一人捕まえてみたんだ。結果を見てみろ

→既に中国の企業家たちの一部を十分脅したことだろう。

→政治から遠く離れろ!

→次は逃げられるかな

→ブタを太らせたら、殺すんだ、伝統だね!

→馬雲のメンツは、やっぱり大きいね

(訳者注:馬雲《ジャック・マ》はインターネット大手、アリババの総帥で、同郷の郭会長と親しいとされています)

→正直に告白し、深刻に懺悔をして、忠誠を表明したんだ!無事だったんだ!

→出てきて真っ先にすべきなのは、移民の手続きじゃないのか?

→出国、無理でしょ

→どういう状況なんだ?

→なんと、出てきたのか。不思議。

→…

→どれだけの人が注視しているだろう。どうしてかって?みんな怖がっているんじゃないだろうか?

→積極的に政府機関に協力したんだね

→ということは、国家の為に働くってこと?

→罪があろうとなかろうと、法律に照らした手続きに従って法を執行し、身柄の自由を含め、市民の合法的な権益を保障することを望む。

→ネクタイをしていない。老けた。痩せた。洋服がぶかぶかだ。

→もともと(当局にとって)身内でしょ、間違って捕まえたんでしょ。

→安全に戻って来れておめでとう。

→はは、終わっちゃいないよ

→今後が重要だ

→逃げられないよ。李嘉誠に倣いたい?無理だね。

(訳者注:李嘉誠は上手く逃げた、という内容のコメントがかなりありました)

関連記事:
新華社「李嘉誠を中国から逃がすな!」:アジア一の富豪 李嘉誠の投資引き上げを批判

→中国は本当に疲れる。我々平民はずっと疲れている。こんな大物もみんなのように疲れているとは知らなかった

→年次総会の後は、家に戻るの、それとも監獄に戻るの?

→郭会長は素晴らしい人材だ。頑張れ

→後ろ盾が並じゃないんだね!

→警察のおじさんがドアで待ってるよ

→事態はまだ終わっちゃいない

→現政府のスタイルを見ると、身は必ずしもまだ安全じゃないだろう

→全ての目は郭広昌を見ている

→彼は出てきた。では、これから何人が(監獄に)入っていくのだろう

→民間企業家の生存環境が悪すぎる…

引用ここまで。

訳者注:微博 关键词-郭广昌


人気ブログランキングへ

応援お願いします!、
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。