世界初 頭部移植手術へ前進! 中国・イタリアの医師2017年に手術予定

operation
【頭部交換手術の新展開】中国人医師任暁平氏率いるチームと(イタリア人医師)カナベーロ氏は2017年12月にハルピン医科大学付属病院で世界初となる人類頭部移植手術を行う。ロシアのエンジニア、スピリドノフ氏が手術に志願している。「頭を交換する」手術によって従来医学では治すことのできなかった疾病の治癒が可能となり、人類の発展プロセスを非常に大きく変えるものである。もっともこの手術には極めて大きな危険が伴い、多くの議論を引き起こしている。

4月に報じられた衝撃的な頭部移植手術の続報です。投稿者は「北京大学創意産業研究中心新メディアセンター・オフィシャル微博(ウェイボー)」。この投稿によると、2017年12月手術予定というスケジュールが具体的に決まったようです。志願者のスペリドノフ氏は筋力が低下し筋萎縮が進む遺伝性の難病ウェルドニッヒ=ホフマン病を患っており、病状が進むと自分の骨格を支えることが出来なくなってしまいます。同氏は他の選択肢がない、と悲壮な覚悟で手術に臨むとのことです。

中国で移植と言えば、悪名高い死刑囚からの臓器提供が思い起こされます。中国では死刑囚の臓器を移植用に提供する慣行が長く行われていました。一応家族の同意は必要とされていましたが、同意を強いられるケースや闇で取引されるケースが少なからずあると指摘され、国際人権団体などから長い間批判を受けてきました。中国政府はついに2015年1月、死刑囚からの臓器提供を廃止しましたが、制度が始まってまだ短く実効性のほどはわかりません。なお、中国では汚職などの経済犯でも(一定額以上)、また麻薬関連犯罪にも死刑が適用されるほど死刑が多い国です。今後移植に供される臓器の欠乏と言ったような事態が起こらないともかぎりません。

さて、この投稿に対して多くの反響がありましたので抜粋してお届けします。

「コメント1:奇怪だな

コメント2:違法かも、やめるべき。

コメント3:成功するといいね

コメント4:こわそう

コメント5:私もしたいな、は、は、は

コメント6:身体交換手術というのがより正確では?(訳者注:このコメントに強く同意!あ、すいません、これはあくまでも訳者個人の感想です…)頭と体と、どちらが主体?

コメント7:結局、身体を交換するの頭を交換するの

コメント8:誰が頭を提供するの、誰が身体を提供するの?(訳者注:頭はスピリドノフ氏です)

コメント9:なんて勇敢なの!

コメント10:身の毛もよだつ

コメント11:もともとこの手術はヨーロッパで行われるはずだったんだけど、倫理的な問題で(世間からの)圧力が大きくて、この二人のいかれてる人たち(訳者注:イタリア人医師とロシア人患者?)はやってられなくて、中国でやろうと思ったんだよね。最終的に上手くいかなかったら、引き続き別の国でやるかも。結局茶番だよ。残念なことに我々の中国の医者がこれに手を貸してるってことだ。(訳者注:このコメントの内容が真実かどうか、確認は出来ていません)

コメント12:いいね、お金持ちは長寿の新しい方法をまた獲得したね、背も高くして脳も変えて、直接美人やイケメンを捜して交換してもらったら

コメント13:今は既にいわゆる「腎臓を掘られる(強引にとられる)」こともあることだし、人体もブラックマーケットで取引されるようになるのかな。社会の安定感はどこへ???(訳者注:最近ネットに麻酔を打って腎臓をとっていく犯罪団の話が出回っていますが、当局はこれを人民日報で否定しています)

引用ここまで。

#微博 客户-北大新媒体