【中国人の反応】イスラム過激派組織ISが中国人の人質を殺害 中国当局ーネット民のコメント削除に躍起?!

is chinese hostage

11月18日、イスラム過激派組織ISが中国人の人質を殺害したと明らかにし、翌19日、中国外交部(外務省)は「強く非難する」「法に則って捕まえる」とのコメントを出しています。殺害された人質はFan Jinghui氏(現在のところ漢字は不明)という男性で、中国の報道によると軍のバックグラウンドはないとのことですが、どこで何をしていて、どのように捕えられたのか等詳細は明らかにされていません。

微博(ウェイボー)から、中国人の反応を見てみましょう。なお、ここにあるコメントは11月19日昼から21日早朝に投稿されたものです。

→やつらを爆撃しろ

→法に則って捕えるだって?

→どうして中国をターゲットにするんだ。どうして中国人の人質をとるんだ。

→我々は厳正に交渉をし、我々は強く非難し、我々には自信があり、我々はとてもすごいのだ………(大口笑顔マーク2つ)

→非難だって?どうして最初から彼を助けなかったんだ?あんな風に生きているのを見ていたのに、後になって非難だなんて、何の役にたつんだ?(どうしてコメントが載らないのかなあ)

→政府が何をしようと、必ず罵る人がいるのはなぜ?

→何も言うな。金が惜しかったんだろ。

→外交部がまた強い非難をするだろう、ということはとうの昔からわかってたよ

→どうして私のコメントは消されたの???
(訳者注:コメントが消された、という”コメント”が今回はかなり目につきます。みなさん、何を言おうとしていたのでしょうか)

→我々は何をするべきなんだろう。

→どうして人が死んでいるのに、ロイター社のニュースによってやっと知ることができるってわけね。関係部門はとうに知っているんでしょ?

→その人は何をしていた人間なんだ。どこで捕まったんだ

→戦争してほしくない

→強い非難なんてするな。やっちまえ!

→なんと、やっぱり強い非難がキタ…

→全世界が一緒にisに立ち向かうんだ

→非難を強く支持する。
(訳者注:外交部の”強い非難”連発を茶化しているのかも…しれません)

→口先で言うだけで、何の役にも立たない!

→非難が何の役に立つ?ロシアでさえ出兵している。大中国が何を恐れているんだ。飛行機を派遣して一日に200回空爆をしろ

→支持する。でも、泥沼にはまる必要はない

→毎日、非難ばかりして、面白いの?

→一年中、口先で戦うばかりで、面白いの?

→あらあ、五毛が本当に多いわね。
(訳者注:五毛は、政府よりのコメントを書き込むと言われるアルバイト・ネット工作員のことです)

→強い非難を目にして、笑っちゃった

→なんとコメントを制限しているとは、笑っちゃう

→お伺いしますが、どの法に則って捕まえるのでしょうか。

→強い非難をする以外に、何か他の行動できないの?

引用ここまで。

折しも20日、新疆ウイグル自治区の警察当局は、”56日間の作戦によって、国外の極端組織の直接の指揮下にある暴力テログループ”を壊滅し、28人を殺害、1人が投降と発表しています。

翻訳元:微博#中国人质被IS杀害#



人気ブログランキングへ


ぜひぜひ”ポチッ”と、
ボタンを押して応援してくださいね。