【中国】日本:安全保障関連法施行 ネット民の声さまざま「軍国主義の復活だ」「日本頑張れ!」

japanese new security law

29日、安全保障関連法案が施行されました。このニュースは中国でも大きく報道されています。

長い間、”反日”は中国政府の万能カードでしたが、そのカードがどうやらここに来てネット民の間に効果が少なくなって来た模様を先日当サイトでお伝えしました。(下記、関連記事をご参照)潮目が変わったようです。

関連記事:
【中国】反日がもう効かない?!外交部が日本の歴史教科書に抗議も、ネット民が見事な返り討ち

もっともこれは、決して”反日”感情が無くなった、というわけではないようです。”日本のやったことに免罪符を与える気は毛頭ない。でも、政府は…”と言ったコメントに象徴されるように、日本を持ち出して政府の失策をごまかすな、ということなのでしょう。そして、今までの”反日”は、タイミングよく国内問題から目をそらすために使われてきたのでは、とネット民が疑いの目を向け始めたのです。”我々は覚醒した”という言葉を使うネット民も現れました。その背景には、違法ワクチン問題をきっかけに、度重なる政府の無策に対し国民の怒りが一気に噴出していることがあります。

関連記事:
【中国】違法ワクチンが各地に流通-ネットに怒りの声殺到”この国に未来はあるの?”

また、本人あるいは身近に日本旅行を経験した中国人が多くなっていることも密接に関係しているでしょう。以前、中国に住んでいた頃、「中国人は本当に日本を知らない」「中国人は政府の言うことを信用しないのに、こと”反日”に関しては政府の言うことを鵜呑みにする」と常々歯がゆく思っていました。百聞は一見に如かず。中国人観光客は爆買いをしながら、日本の公害の少ない”青い空”や”普通の日本人”に触れ、確実に何かを感じ取っているにちがいありません。

今では微博(ウェイボー)のコメント欄に、日本旅行中に本屋で見て来た、と言って、中国のネット民が日本の歴史教科書の写真を掲載するようにさえなっています。中国人が長らく信じ込んで来た「日本では”南京大虐殺”を教えていない」というのは嘘じゃないか(漢字が読めるのでわかってしまうのですね)、中国では共産党の失策は教科書に載らないのに…天安門事件についてネットでコメントするのも憚れるのに… どちらの政府の言うことがより信じられるのか、考える人々が出て来てもおかしくないのかもしれません。

実は先の教科書問題の後にも、人民解放軍の上将が”反日”的発言(軍事衝突があったら、日本に必ず勝たねばならない云々)をしているのですが、ネット民は、”また国内の問題から目をそらそうとしている””軍国主義は一体どっちだ””勝手に戦ってくれ”等と冷ややかです。やはり”反日”が効かなくなってきたのは決定的な流れなのかもしれません。

本日の「新安保法案施行」について、微博(ウェイボー)でもいくつかの記事を見てみましたが、官製メディアになればなるほどコメント欄も従来と同様”反日”色が強い傾向があるようです。少なくとも複数の官製メディアのコメント欄には五毛(アルバイト・ネット工作員)が暗躍しているのではないかと思われる状況証拠も見られますが、安全保障はいずれにせよ先日の”歴史”問題とは異なり現在進行形の話ということもあり、自然と日本に対する厳しい見方もかなりの数まじるのかもしれません。その中でも、より人民の生の声に近いと思われる非官製メディアより、コメントをお届けします。

「日本新安保法案本日正式に施行」(頭条ニュースより)

→頑張れ日本

→当然祝福しなくちゃ

→軍国主義がまた抬頭してきた!

→時期が来たら我々の核兵器を使わなくては

→これは必ず防がなくてはならない

→これで怨みを晴らす大義名分ができた

→北朝鮮の情勢をみたら、これは当然だ

→また戦争を始めるぞ

→問題から早くみんなの目をそらせなくちゃ、石油の値段についてあれこあれ言われないように

(訳者注:原油価格が低迷していますが、中国国内ではガソリンの価格は高止まりのままで、国民の不満の的になっています)

→不動産の値段が下がるのかな

(訳者注:これも、国内の不満から目をそらすために日本を利用している、と皮肉っています)

→軍国主義が復活している。小日本は死にたいのか!

→なんと、日本も大軍事パレードするのかな

→早くこうすべきだった。日本は中国や北朝鮮に対して軟弱を通り越して、全く脅威でなかった

→日本の右傾化に対して、中国はいつでも戦争の準備ができている。中国はどんな脅威に対しても恐れない。釣魚島(尖閣諸島)は中国に属する

→ハハハ、コメントを見て見ろ、一体どこの国民が軍国主義だ?

→安保法、いいじゃないか!他国の内政に干渉するんじゃない。中国は(自国の方針を)堅持すればいい!

→テロリストが放たれた

→とうとう日本に出兵する理由が出来た

→よくやった

→小日本が我々にどのようなことをしたか永遠に記憶しなければならない

→一戦交えろ

→核兵器を使わずに、いま小鬼子(訳者注:日本、日本軍の意味)と再度戦ったら、おそらく負けるだろう!!!

→日本人は、なんて言ったらいいかな、アジアの光。

→自国が強くなれば、他国がどうしようと関係ない

→戦争しないで欲しい

→日本が正常国家への道の大きな一歩を踏み出したことは、喜ばしい

→まず北朝鮮を警戒してから日本を警戒しよう。北朝鮮は上から下まで狂っているみたいだ。日本には少なくとも国内に反戦団体があるじゃないか。どっちがより恐ろしい?

→もし日本が核武装をしたら、そのスピードと規模は小さくないだろう

→この件が(中国の)平民となんの関係があるんだ?全く無関係じゃないか!

→結局、日本は一番いい食品を自分の国の民衆にちゃんととっておく国だ。隣国とちがってね。(隣国では)庶民は毎日のように毒ワクチンを打って、それから”釣魚島は中国のもの”とそこらじゅうに貼ったぼろ車を運転して、世界で一番高いガソリンを使って、至るところでお金をとられる穴だらけの道を走っている。

→安倍辞めろ!!!安倍辞めろ!!!安倍辞めろ!!!

→日本はアメリカのコントロールから脱しようと努力をしている最中だ

→先に自分の国のことをちゃんと管理しなよ。全くどうなっているんだか

→毎日毎日必ず戦争のことばかり言うって、一体どういう心理なの?

→海軍実力アジア第一

→よかった、これでこそ正統な日本!

→日本のことは心配していない。もっと心配なのはワクチン!こんな風にしてたら、空気と環境汚染と食品、薬品のせいで自滅する

→日本も永遠に制限を受けているわけにもいくまい。国家の機能を正常に行使するようになるだろう。無期限に日本を閉じ込めておきたいなんて、無理だろう?毎日毎日民族の熱狂した情緒を利用して大騒ぎしている我々自身が、逆に明らかに正常じゃないよ。

→日本はそうする必要ないよ!中国の今の世代は次世代を毒殺するから(毒粉ミルク、毒ワクチン)!日本はあわてなくていいよ

→日本の経済は低迷して不振だから、安倍は海外で略奪することで経済を復活させようとしている

→日本と北朝鮮のどっちがより危険?どの国が軍国主義?GDPに占める軍事費の割合を見て見なよ…

→また中国を侵略する

→日本鬼子を見くびるな

→かつて西太后が国庫のカネをつかって頤和園をつくったが、今日党衛軍は国庫のカネを使って茅台酒を飲んでいる(笑顔マーク5つ)

(訳者注:人民解放軍は、正式には党の軍隊であり国軍ではありません)

→日本が集団自衛権を解禁したのと、何百万のワクチンと、中国人にとってどちらが危険?

→おめでとう。発展した文明国が軍事力を解禁した。人類の福だ

→みんなこれでも日本に遊びに行くの?

→日本万歳

→某D(党)は今、内部の権力争いの重要な時期だ。これに構ってられないって。

関連記事:
【中国】習近平は本当に危機なのか?! 「辞職要求公開書簡事件」(中国ネット民の反応も)

→比べてみると、現在の中国の方がより軍国主義国家みたいだよね

→日本車買わない

→(鼻ほじマーク3つ)

引用ここまで。

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。