【中国人の反応】「失業の第二波がやってくる」 中国人研究者が警告

job loss

微博(ウェイボー)に「失業の第二波がやってくる」と題した記事が投稿され、ホットな話題にあがっています。

「#失業の第二波がやってくる#【中国就業研究所所長:失業第二波を迎える準備をしなくてはならない】中国就業研究所所長曾湘泉が中国人民大学の博士セミナーで以下のように述べた。労働市場からのシグナルは既に失われてしまっており、統計局が発表する登録失業者率は研究者にとって既に使えないものとなっている。”あの指標はそもそも(実情を)敏感に反映していない。”これは即ち、国営企業再建などの要因の影響による失業の第二波に対し、しっかりと準備をする必要があるということだ。」

引用ここまで。

中国政府が発表する統計の信頼性は様々な批判を浴びていますが、国内の研究者も公の場で統計局の数字をバッサリと切り捨てる時代となってしまいました。それにしても地域差もあるせいでしょうか、中国の実体経済は国内でもなかなか状況が掴みづらいのが実情のようです。
(関連記事:中国:景気どうなの?本当に悪いの?! 中国ネット民、生の声

中国人の反応です。

→失業中(半泣きマーク)

→見ててわかる

→中国の実体経済は終わっているようだ。外資は少しいいみたい

→いったん不動産が下がったら、国内のバブル経済は全部崩壊だ。

→統計局の統計数字はずっと何の役にもたっていない

→起業の波と言うべきだ。失業の波はいかにもネガティブ。国家のイメージにとって不利だ

→今年卒業するんだけど(半泣きマーク)

→真の要因は経済不振だ。職場の数も自然に減る

→国営企業には使い物にならないやつが多すぎる…でも、年々損を出している…失業の波はとても正常だよ…

→いま、無職の遊民

→保険、マンション販売、レストラン、ショッピング・モールの警備員はどこでも求人中だよ!

→私企業だって、厳冬に直面している…

→本当?会社はずっと求人しているけど人が集まってないようだけど?

→既に十年前に統計局が発表する失業率には全く意味がないとわかっていた

→国営企業は本当にちゃんと整理されなくちゃならない

→二番目の子を産むように奨励していなかったっけ?労働力不足なのではないのか
(訳者注:中国政府は先日、一人っ子政策の廃止を発表したばかりです)
(関連記事:【中国人の反応】「一人っ子政策」撤廃 第二子全面解禁!

→自分は国営企業に勤めてはいないけど、国営企業の従業員がみんな失業したら、おれたちにとってもいいわけない

→(国営企業は)もっと早く整理されるべきだったんだよ

→このニュースは新聞聯播(訳者注:中央テレビの午後7時のメインニュース)とは違うね、幸福感がない

→機械が人に取って代わるんだ

→石炭、鉄鋼業界では既に始まっているでしょ

→どうして工員だけが失業するんだ。リストラが必要だったらまず役人を失業させろ。彼らの管理が悪いんだ

→いまの失業率の登録方法は真実を反映しようがない。問題は、彼らはどうすればいいかわかっているのに、なぜ改めないんだ?

→まだ仕事がみつからない

引用ここまで。

翻訳元:微博#第二轮下岗潮将至#


人気ブログランキングへ

応援お願いします!
”ポチッ”とボタンを押してくださいね。