鬼怒川決壊 中国の反応

kinugawa river bursting

鬼怒川決壊のニュースは瞬く間に世界を駆け巡りました。自衛隊ヘリコプターによる住民の救出劇も、動画で広く紹介されています。微博(ウェイボー)でも日本に住んでいる中国人からこんな投稿がありました。コメントも抜粋のうえ併せてご紹介します。

「【どちらを先に助けるか】日本のテレビで今、興味深い報道があった。台風が連日接近していたため茨城県の鬼怒川が決壊した。左側の家(訳者注:後に流された家の写真が貼ってあります)の中に人がいて、右側(の写真)では電柱の下におじいさんがつかまっている。日本の自衛隊員によるとっさの判断は驚きと称賛を引き起こした。さて、彼らはどちらを先に助けたか。

コメント1:(電柱の)老人の方!もっと危険な状態だから。

コメント2:家の中の人の方。倒壊の危険があるから。

コメント3:電柱の上には電線があり、救助がより難しいだろう。だから救助しやすい家の中の人の方では。

コメント4:近い方。

コメント5:このニュース見たよ。家の中の人の方を助けたんだよね。その家はすぐ流されてしまって…救助隊は正しい決定をしたね!!!

コメント6:これぞ救助。

コメント7:日本に感動。」

引用ここまで。

お国柄でしょうか、続いて自衛隊や日本、中国の現状などについて様々な議論に発展しています。

「コメント8:とにかく(自衛隊は)とてもプロフェッショナル!

コメント9:自衛隊が人を救うだって?えぇ~

コメント10:(上のコメントに対して)全くこんな恨み根性があるなんて。

コメント11:この頃微博(ウェイボー)では日本のやり方を大げさにほめてばっかり。いやになる。

コメント12:洪水対策のクオリティに問題があったのでは?安全に対してこんな手落ちがあるのに、政府の責任者を追及しないで先に救助隊員を称賛するなんて、体制の問題だ。

コメント13:一般庶民一人を助けるためにヘリコプターを飛ばすの?

コメント14:日本はいいな、事件や事故があるとヘリコプターの救援を待つことができるなんて…

コメント15:(どちらを先に救助するか)まず戻ってから会議を開いて、検討・議論を一時間行う。それからまた何分かかけて投票のうえ決めるんだ。(訳者注:中国当局に対する皮肉です)

コメント16:党委員会が検討のうえ決定!」

引用ここまで。

最後に、ハンドルネーム「視角_日本」が投稿した鬼怒川決壊のニュースに寄せられたコメントをいくつか紹介します。この投稿者は70万9000人のフォロアーをもち、日本あれこれ、日本あるあると言ったような日本のニュースを日々発信しています。それでは数々の暖かいお見舞いの声をどうぞ。

「コメント1:日本がんばれ。

コメント2:救助隊員にけがはないかな。心配!!!

コメント3:(両手を合わせたお祈りの絵文字三つ)

コメント4:日本に天のご加護がありますように。

コメント5:こんなに深刻なんて、無事でありますように。

コメント6:ご無事で、ご無事で…

コメント7:(日本語で)無事になるように

コメント8:(日本語で)日本の不幸を願うコメントが無いことに驚きと感動(訳者注:この投稿者のハンドルネームは日本名です)

コメント9:ペットも救助、すごい!

コメント10:日本人民、頑張れ!」

引用ここまで。

翻訳元:微博