【中国】高級ナイトクラブ”皇家一号”売春事件:警察官152名・検察官3名の関与が判明

huangjia yihao


昨年(2015年)5月に河南省鄭州で巨大ナイトクラブが摘発され、営業していた1年強の間に2,900人が売春に従事していたとして大きなニュースになりました。その摘発から9ケ月がたったところで、事件に大量の警察官や検察官が関わっていたことが公表され、改めて話題になっています。

「【鄭州”皇家一号”事件で、違法な警察官、検察官を155名捜査した】当局ははじめて”皇家一号”の背後の”後ろ盾”の責任追及の現状を披露した:収賄・賄賂要求、情実で法をまげる、カジノの株を持つ等規律に反したり違法な行いをした警察官152人、検察官3人が捜査を受け、没収した違法な資金は800万元強(約1.3億円)に上った。2015年に株主2人が無期懲役の判決を受けていたが、”後ろ盾”の責任追及に関しては公表されていなかった」(財経ネット)

引用ここまで。

さすが中国、人数がダイナミックですね。これはフランチャイズやチェーンではなく、ある1件のナイトクラブでの事件です、誤解なさらぬよう。北京でも市内の主要道路沿いに巨大ナイトクラブがあり、夜な夜な華やかな電飾が灯されています。中国人の好みなのでしょう、伝えられるところによるとこのような巨大ナイトクラブはとにかくスケールが大きく、中はぴかぴかでひたすら豪華とのことで、どれほどきらびやかでまばゆい世界が展開されているのか、興味は尽きません。

もっとも、娯楽産業や風俗産業が当局と結びついていることは、多くの人民にとって”常識”の範疇に属し、そのこと自体にはふうん、と言った感想程度で特に感慨もないでしょう。そもそも風俗産業だけでなく、中国で手広く商売をするには当局の後ろ盾は不可欠です。逆に敢えてなぜこのタイミングで”後ろ盾”の処分の話がニュースとして報道されるのか、かえってそちらの方が気になります。あくまでも憶測にすぎませんが、背景には何らかの政治的な動き、おそらくは熾烈なる権力闘争などがあるのかもしれません。

微博(ウェイボー)より、中国人の反応を見てみましょう。

→楽しいニュースだ

→…

→うちのそばには皇家七号があるよ。捜査に来てね

(訳者注:”一号”や”七号”という名称、一見怪獣もののヒーローのようで空に飛び出しそうな感じがしますが、”号”は中国語では順番を表す他に”番地”と言う意味でも使われます。おそらくは一番地と言った意味でしょう)

→よくやった!

→各地にいわゆる”後ろ盾”がいるよね

→汚れた人たち…

→gdpが増加する場所がまた減ったね

(訳者注:一連の”反腐敗”運動の影響で、遊興費や娯楽費の支出が減り、経済に悪影響を与えているとの観測もでています)

→後宮になってるんだ

→罰として一杯お酒を飲んだら問題ないんだろう

→根まで腐ってる!

→ついに追及が検察官まで達した。この職業は、監督する人が誰もいないからね。

→後ろ盾は、職権を乱用して市場の公平な競争をぶち壊す。ある意味、彼らは2人の主犯よりも更に悪質だ。死刑になったっておかしくない。

→本当に震える!これは始まりじゃない、終わりだ!

→幼いころから夢は警官になることだった、でも残念ながらならなかった。この警察官たちが結局こんな風になったことには、彼らに替わって本当に悲しく残念に思う。警官の制服に恥じる行いだ

→2900人

→皇家一号が(現地の共産党の)書記にポジションを用意しなかったせいだろう

→どうして犯罪を犯すのはいつも副庁長や副局長なんだろう?いつもなんで副ばっかり?

→八百万強、ゼロが一桁たりないんじゃないか

→反腐敗運動の後、何かよくなった?今、(反腐敗運動の)言葉を聞いたり、ニュースを見ても何もよくなってない…

→誰がこのような大きな神通力を使って、155名の警察や検察官を後ろ盾にすることが出来るんだろう?今に至るまで、黒幕のボスが誰なのか発表されていないではないか?

→進歩だ

→誰が本当の土匪のごろつきなのか、みんなよくわかってるよね!

→見たことあるけど、あくどすぎる。

(訳者注:事件の現場の河南省に住む女性のコメントのようです)

→官と匪賊は同じ一家!

→間違った列に並んでしまった結果だ

→公安(訳者注:警察)のバックがない売春宿やカジノなんてあるもんか!

(訳者注:中国では両方とも違法です)

→まだまだいっぱいあるよ

→くらくらする。152人の警察だって…

→これって政治上のシャッフルなんじゃないかな…

→制度を改めなければ、標本だけ直しても根本は治せない。民衆に対してパフォーマンスしているだけ

→事件の犯人はほとんど公安や警察じゃないか、どれだけ腐敗しているのか

→こういう状況は全国でありふれている

→後ろ盾はもちろん健在のまま

→取り締まり機関が法を犯した場合は、厳しく罰するべきだ。でなきゃどうやって手本になれるんだ?どうやって庶民を納得させられるんだ?

→結局うやむやに

→腐ってる。中国は本当に腐ってる。庶民はどうすればいい

→トップを捜査しなくちゃ。ヒラの警官は命令にしたがって仕事するだけでしょ…

→もう捜査するな。更に捜査したら、中央政府に到達しちゃうよ

→指導部の品格は本当に素晴らしい

→改革開放の成果の一つ

→庶民が公安に対して偏見をもっても仕方がないよね

引用ここまで。

関連記事(河南省):
【中国】土地収用に不満な村民が「腐敗役人の碑」を建立 ”いいデザインだ”とネットでも評判
【中国】ホテルが”小姐”提供サービスをしないと怒った男性、新聞社に電話で不満を訴える
【中国人の反応】開業中の病院が強制取り壊しに 医師と患者が危うく埋まりかける

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。