【中国】強制取り壊しに抵抗し、警察官ら3人を刺殺した男性、その場で射殺される-ネット民「悲劇」「英雄よ、安らかに」

IMG_5625

中国河南省鄭州で、強制取り壊しに抵抗し、警察官等3人を刺殺した男性がその場で射殺され、大きな衝撃を与えています。

「【光明ネットが、強制取り壊しを受けた家主が3人を殺し、射殺されたことについて論評した:中国式の強制取り壊しの最も極端な結果】10日午後、大学院卒の范華培は、進行中の取り壊しに長らく恨みを募らせ、刃物で3人を殺し、その後警察に射殺された。これに対し、光明ネットの論評は(以下のように)指摘している。一旦、取り壊しの執行者が暴力或いは強制力を使用すると、すべての正常な利益追及メカニズムを閉ざすことになり、取り壊される側の予期するところが素早く変わることにもなり、暴力で暴力を制する局面を導いてしまう。范華培のケースがそうであろう。これらの要素が積み重なって、最も極端でありながら、ロジックに合う結末となってしまう。」(澎湃ニュースより)

引用ここまで。

光明ネットは、光明日報という共産党中央主管の”由緒正しい”管制メディアのニュースサイトです。この事件では、地元当局の取り壊し担当副主任と警察官、そして他一名(エアコンの電気工と言われています)が刺殺され、その他一名が重傷と報じられています。事件発生後、地元メディアを通じ、犯人の范華培は暴力的で鼻つまみ者、酒を飲んで犯行に及んだ、と言った人物評が流されていました。コメント欄でも五毛(当局によるネット工作員)による世論誘導が盛んに行われていたようで、ある時点から范華培を貶めるようなコメントが集中的に流れていました。その一方で、ネット上には彼のお葬式(注)に続々と2~30人程の近隣住民が花輪を運んでくる様子を映した動画などが流れ、地元では彼の死を悼んでいるというコメントも流れていました。

(注:お葬式、と書きましたが、正確には弔問のようです。訂正いたします。)

強制取り壊しにまつわるニュースは珍しくありませんが、地元の役人と警官を刃物で刺殺し、本人は射殺されるという事件は穏やかではありません。党中央のメディアからこのような記事が配信されたのは、事態をそれだけ重く見ているということかもしれません。

土地が公有制の中国では、一般市民は土地使用権しか持たず権利が弱く、立ち退きの保障も十分ではありません。中国の地方政府の多くは構造的に財政難に陥っており、安い補償金で”手に入れた”土地を開発業者に売ることは収入確保の重要な手段の一つとなっています。また、GDP目標の達成にも土地開発は大きく貢献しています。もちろん、各段階で個人的に甘い汁を吸っている人々もいるでしょう。経済の先行きが不透明な現在、この錬金術を地方政府当局が容易に手放すとはなかなか考えられません。土地の公有制という中華人民共和国の根本に関わりかねない制度が絡んでいるだけに、現状ではこの問題が容易に解決できるとはあまり期待できません。

なお、この事件の起こった河南省からは、何かと強制取り壊しにまつわるニュースが多く耳に入ってきます。特に、今年一月に起こった開業中の病院取り壊しのニュースは、海外メディアにも取り上げられ、大きな衝撃を与えました。(下記関連記事ご参照)この地方の闇の深さをうかがわせます。

関連記事:
【中国人の反応】開業中の病院が強制取り壊しに 医師と患者が危うく埋まりかける

微博(ウェイボー)より、中国人の反応を見てみましょう。

→悲劇。

→ネットに動画がいっぱいあったけど、近所の住民は自発的に悼み悲しんでいるね。民衆の目は曇ってはいない!

→英雄よ、安らかに

→本当に悲しい

→私有財産の保護を重視するよう呼びかける

→注目している

→悲惨…

→こんな恥知らずなことを続けていたら、もっと極端になるぞ

→追い詰められたら、ウサギだって人を噛む

→知識階級が犠牲にならなきゃ、問題の深刻さがわからないのか?そうなのか?そうなんだろう!

→彼は英雄だと思う!

→圧迫があるところに、反抗がある!小学生の教科書に、そう書いてあった(鼻ほじマーク3つ)

→人治社会の悲哀

→good job(原文ママ)

→もし公平な法律の手続きがあれば。信用のおける価格評価があれば。こんなことになるだろうか。

→土地闘争はすなわち、おまえが死ぬか、おれが生きるかだ!

→鬼子(訳者注:日本兵)が村に侵入するより、もっとひどい

→カネのため、利益のための中国の特色だ

→こんなイヌ官僚は死んであたりまえだ、よくやった。英雄よ、安らかに

→自分の土地の上に70万(約1,160万円)を使って家を建てたのに、その後、土地も家もひっくるめて50万(約830万円)くれるだけでしょ。土匪だよね

(訳者注:土匪は、中国共産党のことを指しています)

→強制取り壊しにあったら、人民は暴力で暴力に対抗するしかないよな

→ああ、政府の信頼性

→澎湃ニュースが閉鎖されないか、本当に心配。報道する内容は、ああいう権力者たちの利益とぶつかるニュースばかり。でも、いま国内では、中国の夢の中で眠りこけていないで、こういう真実を言うメディアが欠けている(サムズアップ・マーク2つ)

→反抗する力がない時の、最後の一手だよ。でも、実際には究極の一手がある。それは暗殺。

→このメディアは煽ってるの?

→近頃起こっているニュースを(国の)トップレベルは見ていないのか?こんなに多くの民衆が怒っているのに、本当に注意を払っていないのか?

→こんなに多くの人が死んで、こんな極端な事件が発生しているのに、本当に何も出来ないのか?

→まず先に:本当かどうか保障はできないから、デマを流しているとは言わないでくれ。本当じゃないと思ってくれてもいい。一部の人が言うには、彼は2人を殺しただけで、もう一人のエアコンの電気工は警察が誤って射殺したらしい。(鼻ほじマーク)捕まえるなよ、おれは単に近所に住んでいるだけだから。

(訳者注:プロフィールを見ると、事件のあった河南省に住む男性の投稿のようです。お葬式の写真も添付してあります。なお、この噂は他のコメント欄でも流れています)

→本当にもう活路がなかったら、これも最善の選択かもしれない。

→高等教育を受けた国民が、自分の命を犠牲にしてしか自分の物に対する権利を守ることができないなんて。自分の熱愛する仕事中に倒れたのではなく、警察の銃の下に倒れたんだ。この悲劇には胸が痛むし、深く考えさせられる。

→英雄に敬礼!

→これが最初ではないし、また最後ではないだろう。いつか天が驚くような大事件が起こる。それはつまり…

→安らかに。天国には、強制取り壊しはないよ。

引用ここまで。

関連記事(強制立ち退き):
【中国】海南省で当局が無防備な女性・子どもを電気棍棒で殴打-流出動画にネット民の怒り高まる【動画あり】
【中国】土地収用に不満な村民が「腐敗役人の碑」を建立 ”いいデザインだ”とネットでも評判
中国:強制立ち退きで男性死亡?200名を超す暴徒に襲われる 中国人の反応

関連記事(河南省):
【中国】高級ナイトクラブ”皇家一号”売春事件:警察官152名・検察官3名の関与が判明
【中国】ホテルが”小姐”提供サービスをしないと怒った男性、新聞社に電話で不満を訴える
【中国】河南省で建築中の家屋が倒壊 作業員が多数生き埋めか

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。
Follow @JinminTsubuyaki