【中国】南京の地下鉄:出稼ぎ農民の気遣いをネット民が賞賛 はからずも都市と農村の深い断絶を露呈?

nongminggong

「【心酸(悲しい)…#民工(出稼ぎ農民)が地下鉄で席があるのに地べたに座っていた#彼らは自分たちが汚れていると思ったのだろう】昨日(21日)、ネット民@最も好きなのはあなたの名前②さんが南京の地下鉄10号線で、地面に座っている2人の民工をみかけた。ネット民は、車両の中は席がたくさん開いていたが、二人ともとても疲れていているようで、ひっきりなしにあくびをしていた、と語る。”彼らは自分自身が汚れていると思ったのかもしれない。彼らを思うと胸が痛い。彼らは愛すべき人たちだと思った。”

引用ここまで。

写真を見ると、南京の地下鉄の座席は”硬座”のようです。外国でよくみかけますが、クッションのある布製ではなく、プラスチック(?)か樹脂のようなもので出来たひんやりとした硬い座席のもの。少々衣服が汚れていても布製の座席とはちがい、手で払えばすぐに汚れは落ちるような気もします。

さて、「心酸」は悲しいという意味の単語ですが、痛ましく、どこかぐっとくる、こみあげるようなニュアンスをもつ言葉です。民工(或は農民工)とは出稼ぎ農民のこと。中国の農村と都市、農民と都市住民の断絶は日本人の想像を絶するもので、都市住民が農民について語る時、同じ国民と思っていないのでは、というくらい辛辣に切り捨てることが多く、こちらがはらはらするほどです。偏見を恐れずに言えば、外国人の私に対し「同じ中国人だからと言って、お願いだからあの無教養で無作法な農民たちと同じとみなさないで」と言ってさえいるように聞こえます。

日本の大都市の場合、自分自身、或は両親や祖父母の代に都市に出てきて以後家庭を持ち住み着くというケースはありふれたことですが、中国では戸籍制度がぼぼ固定化されているため、都市住人は自分も父母も祖父母もみな都市住人、というケースが多い印象を受けます。(他地域からの流入者も、農村部からではなく、あくまでも他の都市からの移動が多いのではないでしょうか。)もちろん、大卒のような人は、都市戸籍を申請することも可能ですが、一般の民工の場合、見込みはあまりありません。あくまでも都市では仮住まい、万一家族で移住したとしても福利厚生などを実質的には受けられず、”下層市民”扱いです。なお、都市と農村の話はまた稿を改めて触れたいと思います。

微博(ウェイボー)から、中国人の反応です。

→職業に貴賤などないし、仕事だって大変なのに。社会の気づかいが必要だ。

→涙が流れてきた

→だれもあなたたちを嫌がらないよ。自分で働いてお金を稼いでいるじゃない、多くの人々よりよっぼどきれいだ

→もっとも大変なのは彼ら。よく給与が遅配になったり払われなかったりするのも彼ら。そろそろ年末も近い。彼らがお金を手にして、いい年を迎えられますように。
(訳者注:中国では、里帰りは通常年に一度、旧正月《春節》の時だけです)

→これこそが農民の素養だ。都会人の傲慢、冷淡とは大違い!

→今度彼らに出会ったら、彼らに座席の上に座ってもらおうよ

→彼らがいるから現在の都市の高層ビルがあるのに、読むと心が痛くて、痛くて(涙目マーク)

→考えすぎだよ。民工は地べたに座るのに慣れているんだってば。椅子の上に座ったら居心地が悪いんだ

→替えの洋服を持って、仕事中に作業服を着るべきだ。そんなに難しいことじゃない。

→痛々しい…

→そこに座るのは危険だよ

→彼らは座席を汚すのを恐れたんだと思う。それに疲れすぎて地べたに座ってしまったんだろう。とても善良なひとたちだ。他の人のことを考えることができるなんて。

→彼らは地べたに座る権利もあるし、椅子の上に座る権利もある。おれたちと一緒だ。
(訳者注:お気づきでしょうか、このコメント欄の投稿者たちは無意識に、「このコメント欄にいる人たちは”民工ではない”人」との前提でコメントを書いています。民工自身が発言してくる可能性をあまり考えていないようです。思いつきもしていないのかもしれません。断絶は実社会だけでなく、ネット上でも深刻ということでしょうか)

→これこそが恥を知るということだ。座席を奪いとる都市の人間に比べて道徳がある。

→それに、彼らはおそらく色々なことをすることが出来ないだろう。ああ!本当に胸が痛むわ

→身体が汚れている時に、席に座らないのは当然だ。彼らは正しいことをしたんだ、賞賛は当然だ(もっとも、ちょっと心が痛むけど)でも、もしタオルを持っていたら、座った後に拭くことが出来る。公共衛生はみんなが守らなきゃならないし、同情してもいけない。理性的にならくてはならない。(ご清聴)ありがとう!

→地下鉄の座席は彼らの服より汚れているのに、どうして座らないんだ!

→彼らに”いいね”を押すよ!最も愛すべき人たちだ。

→社会よ!どうしたんだ

→彼らは、最も高貴な人々だ。

→高い素養だね。他人のことを考えられる民工だ!ある朝、私が乗っていた車両は特に静かだったのに、2人の農民工だけが大声で騒いで、他の人のじゃまをした!

→彼らにちょっとはフレンドリーにならなきゃね

→読んだとき、父を思い出して、泣いた

→都市の建設は彼らなくしてありえない!

→いつになったら、おれたち農民工は自己卑下をしなくてすむようになるんだ???異なる目つきでみられないようになるんだ???清潔な都会人は、内心もそんなに清潔なのか???
(訳者注:プロフィールや他の投稿を見る限り、本物の農民工のようです)

引用ここまで。

翻訳元:微博#民工地铁有位坐地上#


人気ブログランキングへ

ぜひぜひ”ポチッ”と、
ボタンを押して応援してくださいね。