【中国】愛国教育を更に強化! ネット民”こわすぎ!移民する””文革が来た。みんな逃げろ”

patriotic kids

「【教育部:愛国主義を各レベルの教育の各段階に組み入れる】教育部は、愛国主義精神を大中小学の道徳、国語、歴史、地理、体育、芸術等各学科のカリキュラム、教材編集、テスト評価の中に組み込み、教育の実践段階に取り入れるよう要求すると発表した。大学在学中には、”私は我が祖国を愛する””永遠に党と歩む”などのテーマで社会実践活動を展開する。」

(訳者注:教育部は日本の文科省に相当)

引用ここまで。

愛国主義教育を強化するというニュースです。愛国教育強化の兆しは、ネットやメディアでも徐々に感じられるようになってきていましたが、ここにきて正式に教育部からのお達しで、愛国、そして”愛党”教育の強化がはっきり打ち出されました。

関連記事:
【中国】まるで紅衛兵?!ネットで大々的な愛国キャンペーン 敵は”西側かぶれの知識人”
【中国】中国政府、ついに”ラップ”業界に進出! これで若者の心をわしづかみ?!【画像・動画あり】
”共産党人”テーマパークが武漢に開園 中国人の反応中国:マルクス主義理論博士を毎年100名養成へ 市民はあきれ顔

微博(ウェイボー)より、中国人の反応です

→病気が重い

→恥知らず

→文革がすぐそばだ

→恐ろしい。一刻も早く移民しなきゃ

→国を損ない、民を苦しめる。

→………………

→プンプンプンプン

→気を付けて下さい。クルマがバックします

→洗脳だ

→コメント出来るかどうか、見に来た

(訳者注:この頃、よくコメント欄が閉鎖されます)

→愛D(訳者注:党のこと)主義教育

→ぞっとする

→春晩では十分じゃなくて、次世代にも教育するのか

(訳者注:春晩は、旧暦の大晦日に中央テレビで放送される中国版紅白で、歌に加え寸劇やパフォーマンスなども行われ、旧暦の年越しには欠かせない国民的な番組です。今年はあまりにもプロパガンダ色が強かったせいか、史上最低の春晩とネットで評されています。酷評が多かったせいでしょうか、中央テレビの春晩の微博記事はコメント欄を閉じてしまい、ネット民から更なるブーイングを招く破目となっています)

→恐ろしすぎ

→洗脳を拒否する

→これはいいんじゃないかな

→前触れ…

→ナチスよ、子どもを放っておいてくれ

(訳者注:ネットでは、中国の体制をナチスになぞらえるコメントが時々見られます)

→将来、必ず幼いころから自分の子どもに反洗脳教育を行わなければならない

→おまえら、勝手にやってろ

→愛国は支持するけど、愛党は。ハハハ。

→紅軍の服装が大売れになるね

→もう十分愛国だと思うけど

→こわすぎ!お金を稼いで移民する!

→愛国はとてもいいじゃないか

→文革が来た。みんな、早く逃げろ(涙マーク8つ)

→実際のところ、数学物理化学生物にも組み込むんだ。

→狂った

→今回ばかりは、もうだめだ

→愛国はいいけど、党と国を混ぜないで欲しい

→最悪

→愛国≠愛党

→本当の愛国主義は、そんなに悪いもんじゃない

→コメントはすぐ消されるだろう!

→文化大革命がはじまったのか?

→早く逃げよう

→次世代のために、頑張って、ここから離れなくちゃ

→あのー?体育?

→ええ!?永遠に党と歩むだって?

→愛国と愛党は別だ

→洗脳level up, up!!!!(原文ママ)

→救いようがない、救いようがない

→愚民は赤ちゃんの時から

→こんなに長く生きて、もともと自分が北朝鮮人だったということに気付くことになるとは

→おれたちが学校に行ってた時も、ずっと(愛国)教育してたじゃないか。まだ教育したりないのか

→なんと、中国の教育は死ぬんじゃないか…

→ヨメよ、子どもを今後も学校に行かせるつもりか?

→冷や汗が出てきた→_→||歴史は繰り返すのか?

→おまえの国(訳者注:中国のこと)はもうだめだ。精神的に、もう終わった

→愛国主義って、テロリズムじゃないの?

→紅衛兵→_→

→まだ北朝鮮を軽蔑する勇気がある?

→チャウシェスクが来た

→最も効果的な移民広告

→祖国を愛するのはいいけど、どの党を愛せるだろう?民主党それとも共和党?

→体育…

→洗脳教育政策が全面的に強化された

→党が間違いを犯したらどうするのか?!

→祖国を愛するのはいいけど、でも、その、あれ、みんなわかるだろ

→移民会社をはじめなきゃ、はやるよ

→洗脳が始まった

→コメントを見て安心した

→社会が退化している

→更にこんな風に洗脳したら、お金があるやつは絶対移民する

→思想独裁

→無能

→ファシスト

→洗脳が止まらない

引用ここまで。

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。