【速報】中国の反応 安保法案参議院平和安全法制特別委員会で可決

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

17日、安保法案が参議院平和安全法制特別委員会で可決されたニュースが中国でも速報されました。

「(中国中央テレビ局ニュース)【日本参議院平和安全法制委員会が安保法案を強行採決】本日午後、日本参議院和平安全法制特別委員会は、野党と民衆の強烈な反対を顧みず、安倍政権が強く推す安保法案を強行採決した。今後参議院は本会議を開き安保法案の採決を行う。日本の与党は参議院で多数議席を占めているため、安保法案が可決する可能性は大きい。」

引用ここまで。

微博(ウェイボー)に寄せられた反応をお届けします。

「今日、日本の右翼党が他国を攻撃出来る安保法案を強行採決した。平和を愛する日本人グループが強く反対しているが、勝算は高くない。」

「日本はついに『安保法案』を通した。この法案を通して、日本は正式に自衛権から抜け出しはじめるんだ。軍事大国に邁進する。なんと危険な動きだろう。」

「他国のことに関しては、我が国は態度を表明することしかできない。自分自身をよく発展させ、十分に強くなれば、自然に敢えて手出しなどして来ないだろう。せいぜいよく見てみなさい。中国にしろ日本にしろ、戦争機械を起動することは絶対に自殺行為になる。特に中国(基礎が弱く、内部の消耗が激しく、強い盟友がおらず、更に後ろ盾もいない)、戦争は対外的に非常に消耗するものであり、中国の現在の実力では南を鎮めることも東を征伐することもできない。」

「日本は戦争のふちに向かっている。中国は立ち上がらなくては。」

「どうして強行採決なんだ?明らかに民主原則に従った採決だ。我々はこの件につき賛同しないが、だからといってそんなに中傷することはできないだろう。」

「小日本(訳者注:日本の蔑称)は野心を改めていない、中国は気を緩めてはいけない、警戒せよ!」

「望もうとせよ望まないとせよ、安倍には知恵と戦略思考があることを認めざるを得ない。」

「何がそんなに大事なんだ、8年の抗日戦争が繰り返されるわけじゃない、数時間ですぐ終わる」

「戦争したければしてもいいけど、戦争する場所は一般大衆のいないところを選んでね。」

「ならば我々は戦争の準備をするぞ。」

「世界の平和と発展の為に貢献し反テロ戦争に尽力するために、日本が(世界に)出ていくのを支持する。日本の行く道はここにあり、大局観でみると絶対いいことだ。これは日本が歴史を認めないこととは別のことだよ。」

「中国全国各地の城管(訳者注:都市管理員、横暴なことで有名)を小日本に送って日本を滅ぼしてしまえ。滅ぼすまで帰国させてはならない。滅ぼせなかったら、小日本が全ての城管をその場で処刑するだろう」

「明日は九一八事変の記念日!(訳者注:満州事変のこと)日本の特別委員会が今日新しい安保法案を可決したと聞いたけど、完全に想定内、でも中日関係はどんどん遠くなるかも。」

「安保法案が通ったことがいいか悪いかは取り敢えずおいておこう。鍵は、野党と与党が争って騒いでいることだ!自分たちの利益のためだが、民衆にとっては幸いなことだ。天朝(中国のこと)は独占している大きいのがいるからね、腐敗が横たわってる!」

引用ここまで。

翻訳元:微博