【中国】新華社、日露首脳会談に噛みつく-「ロシアを丸め込んで、対中包囲網を強化しようとしているようとしている」

russo-japanese-summit

「【新華社:日本は”ロシアを中国包囲網に引き入れている”が、それは”ひたすら妄想に浸っている”に過ぎない】プーチンが招待に応じ訪日し、安倍晋三はこの機会を借りて日本とロシアの領土問題で突破口を見出そうとし、またロシアを丸め込んで対中包囲網を強化しようとしている。しかし、外交手段が限られているため、日本は地政学的な限界から脱することが出来ず、また中露関係の根幹を動揺させることは難しい。謀略のもくろみは当てがはずれるに決まっている」(財経ネットより)

引用ここまで。

中国は日露首脳会談が気になっているようです。気に入らないことがあると、そして痛いところをつかれると、”大人の態度”でやりすごすことをせずに(できずに)、ひたすら噛みつくのが現政権のスタイル。新華社や人民日報が盛大に噛みつく相手、そして噛みつく問題が要は「アキレス腱」ということでしょう。この記事からは、中国包囲網が築かれつつあると中国政府がひしひしと感じていること、また安倍総理の動きが気になっていること、そして日露関係の進展が気になっていることがよく見てとれます。そんな過敏にならなくても…わざわざ大きな声でこちらに教えてくれなくてもいいような気もするのですが…

関連記事:
【中国】官製メディア、何度もソロスに吠える!「悪意の空売りは高くつく!」(2016年1月28日)

中露関係と言えば、2015年9月の抗日戦争勝利記念日のパレードの際、天安門の上で習近平主席、プーチン大統領、(そして朴槿恵大統領)が並んでいた姿は、中国、ロシアの強固な関係を世界に印象づけました。それから1年3ヶ月ちょっと。世界は大きく動いています。

関連記事:
抗日戦争勝利記念日に日本旅行?!(2015年9月4日)

中国人のロシアに対する複雑で微妙な感情は、本サイトでも何度か取り上げてきましたが、今回の日露首脳会談について、ネット民からははるかに冷静な声が上がっているようです。微博(ウェイボー)から見てみましょう。

関連記事:
【中国人の反応】中国軍艦、尖閣諸島周辺の接続水域を航行(2016年6月9日)
【中国】ロシアへの愛は片思い? ロシア大使の本音に…(2016年2月8日)
【中国人の反応】トルコ軍、シリア国境付近でロシア軍機を撃墜 トルコ領空を侵犯か(2015年11月26日)
【中国】環球時報:「中露友好!」を謳うつもりが、とんだやぶへびに… なぜかコメント欄には日本のことばかり(2015年11月7日)
プーチン「大帝」? 中国で露大統領人気爆発!(2015年9月8日)

→被害妄想?

→中国の現在の外交はお笑いだ

→嫉妬しているような気がする

→結論を早く出すな、誰がわかるか。永遠の友はいないんだ

→敏感なのは病気の一つ。自信がないし、自分を尊重しない。ハハ

→やじうま

→神経病!

→新華社の実父はロシアだよね

→他人のことに口突っ込んで、どうするの?おまえが何かを言ったら他人が態度を変えるのか?

→ロシア人はゴミだ

→毛子(訳者注:ロシア人に対する蔑称)はろくな奴らじゃない。(ロシア人が)中国にもたらした災難は倭寇と比べものにならないほど大きい。

→どうしてずっと中国包囲とばっかり言うんだろう???周囲はみんな敵か?中国とロシアがいい関係を築いているのは日本を包囲するためじゃないのか?中国とラテン・アメリカのいい関係はアメリカ包囲ではないのか?

→新八カ国連合軍

(ご参考:Wikipedia-義和団事件

→中露友好だけを許し、また中日友好と言うのもいいけれど、日露友好はダメ、ハハハ……

→日本がロシアを引っ張れなくても、アメリカはどうかな

→この口調、とても北朝鮮。

→わからないよ。毛子は無情に裏切るから。

→ロシアは既に八流国家だ。日本はロシアと何かできるのか?

→焦ってる?

→愛人を罵ってるの?

→ああ、この考え方、ついていけない

→被害妄想症の典型事例

→ずっとわからないんだけど、どうして中国の友人はこんなに少ないんだろう?みんなに包囲されて、ああ。

→おれの願いは世界平和

→誰に頼ることもできない、頼れるのは自分だけ。中国はさんざんやられて、知らないわけじゃないだろう。

→中国は何を心配しているんだ。自分の仕事をしっかりして、自分が強くなることこそが正しい道だ。

→安倍はうちらのバカよりやるな

→嫉妬

→他国の内政のあら探しして、あれこれ言う…

→意味は:ロシアパパは僕たちの本当のパパだよね、ぼくたちはずっと寄り添っていくよね。誰も引き離したりできないよね?

→中国とアメリカの間の無数の貿易や外国企業が投資した工場に比べて、中露関係はとても脆い。

→トランプが親ロシア派を任命して、遠くからプーチンに求愛しているところから見て、アメリカは既に戦略を変え始めていて、中国を優先的に脅威の対象と見なしている。だから日本であろうと、アメリカであろうと、八カ国連合軍の時代が再演されるかもしれない!

↑プーチンもバカじゃあるまいし、利害関係があることくらい、彼もわかっているだろう。

→どうして他国の内政干渉ばかりするんだ?とてもいや

→日本は島のためだってば。

→安倍は絶対にうまいセールスマンだね

→安倍イヌは本当に我が中華を殺そうと必死だ。アメリカ・パパにすりより、北極熊(訳者注:ロシアのこと)に要求し、東南アジアを買収し、世界を歩いて反中をしている。これが安倍が連続して当選している原因だ。

→日本とロシアがまだ声明を発していないのに、新華社が先に慌てている。

(訳者注:この記事は日露首脳会議初日《15日》の夕方に配信されています)

→また清朝末期になってきた

→全て他人のせい

→どっから来た自信?おまえ(訳者注:中国政府)とロシアは結婚証でも手に入れたのか?

→人民元が下がってるし、社会の矛盾から目をそらさなきゃらないんだ!そうだ、おれたち、また抗日しなくちゃ

関連記事:
【中国人の反応】新華社「人民元の下落が個人資産の”目減り”とはかぎらない」(2015年11月25日)
【中国】反日がもう効かない?!外交部が日本の歴史教科書に抗議も、ネット民が見事な返り討ち(2016年3月24日)

→どうして、中国の周辺には友達がいない感じがするんだろう

→新華社よ、これで民衆を洗脳しようとするなよ。先に国内の矛盾を解決しなよ。

→新華社よ、なに興奮してるんだ

→中国よ、自分を信じなさい。

→おまえ(訳者注:中国政府)は全世界を敵にするのか?

→東北三省で日露戦争をが行われたのを忘れたのか?我が国の領土を最も多く呑み込んだのはロシアだ。

引用ここまで。


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。