【中国】史上最悪の大飢饉の記録「墓碑」の中国人著者、ハーバード大学より賞を授与されるも授賞式へ出席できない模様-出国禁止か?  

great famine book

微博(ウェイボー)に、このようなニュースが流れています。

「衛星ニュース:楊継縄の出国が規制された」

引用ここまで。

この投稿主は、メディア論を教えている大学教授のようで、投稿には英ガーディアン紙の記事の一部(冒頭写真)と記事へのリンクが貼られています。

その記事によると、楊継縄氏は国営新華社通信の元記者でしたが、2008年に「墓標(邦題:毛沢東大躍進秘録 )」という”大飢饉”の証言を集めた本を香港で出版し(本国では出版禁止)、大きな注目を集めました。英語版も出版され海外でも評価が高く、このたび今回ハーバード大学から賞(Louis M Lyons Award)を受賞したものの、3月に同大学で行われる授賞式には中国からの出国が認められないため出席できないらしい、ということです。(ガーディアン紙の元記事はこちらからどうぞ《英語》:Chinese journalist banned from flying to US to accept a prize for his work

1958年~1961年に中国を襲った大飢饉では、2,000万人~5,000万人の餓死者が出たと推計されており、飢饉の犠牲者としては人類史上最悪と言われています。この悲劇を引き起こしたのが毛沢東が主導した大躍進政策で、農業・工業の増産で英米を追い越すことを目標としたものの、無理な政策が却って国中に大きな混乱をもたらし、その後の中国の発展に負の影響をもたらしました。

なお、この「墓碑」の中国語版は、オンラインでダウンロードできます。”墓碑 中国”と入れれば簡単に検索できますので、ご興味のある方は探してみてください。

中国人の反応です。

→新華社の高級記者だ

↑どうして?どうして!

↑どうして?

↑三年の大飢饉を書いた《墓碑》の作者だ。

↑《墓碑》のせい。天朝(中国)では真実を語るのはまだこんなに危険だ。

→中華まんは濤濤(訳者注:胡錦濤)より更に左だ

(訳者注:中華まんは習近平主席のあだ名です)

→次の停車駅は--北朝鮮だ

→それでもまだ聞きたい。どうして?!もしこれが本当だったら、《墓碑》だけのせいだよね。

→次は活動が制限がされるんじゃないか。毎日誰かが見張るよ

→彼の大飢饉についての著作、墓碑を読んだよ

→3600万人

→びくびくして、臆病だから…

→彼が書いたあのレポートのこと?彼の言ってたことは本当だったんだ!

→どうやら大躍進が引き起こした大飢饉は天朝(中国)ではまだ国家機密のようだ。

→本当の話をしたからだよ

→楊継縄の《墓碑》は、おれがまじめに読んだ数少ない書籍の一つだ。

→どうしてどんどん増えるの、2千万人じゃなかったの?

→この党は間違いを認める勇気さえなくて、依然として嘘を続けている。本当に何をもって、自分には自己修正能力があると言うんだろう。

→どうして真相を明るみにすることを恐れるの?どうして?どうして!

→時代は果たして進歩しているのか退歩しているのか、くらくらする。

→”歴史は勝者によって書かれる” この言葉を忘れたのかな

→楊さんに敬意を表する

→楊継縄、踏ん張れ

→知りすぎたからだ!

→デマを流した年寄りがようやくこらしめられた

→国営通信の老記者さえ見逃してもらえないんだ

→ああ…

→ネットであの本買えない

→デマを流した年寄りが捕まった、素晴らしい!

→これを見て、この本を買うことにした

→何も言わないでおこう。ただ、ため息あるのみ…

→全く科学的根拠のない推測とデマのばかりだ。

→ハハハ、また公知が発作おこしている

(訳者注:”公知”とは、公共知識分子の略で、”西側”の民主主義などの価値観をよしとするインテリのことを指します。西側べったりで中国のことを何でも悪く言う、という反感を一部でもたれているようですが、最近、ネット上で組織的に”公知”攻撃が展開されているふしがあります)

関連記事:
まるで紅衛兵?!ネットで大々的な愛国キャンペーン 敵は”西側かぶれの知識人”

→デマで祖国を侮辱する漢奸は、国から必ず厳罰に処されるだろう!楊継縄のいかれたファンの奴ら、新中国が何千万を餓死させたなんてデマを流す恥知らずだ。おまえらは、ろくでもない末路を迎えるだろう!

(訳者注:漢奸は、民族の裏切り者のことを指します)

↑餓死した罪のない魂が、おまえらをじっと見てるぞ!

→白色テロ?

(訳者注:権力による暴力行為のこと)

→五毛が正式に出勤してきた

→魂を売り渡した五毛が出て来た?

→毛虫ちゃんがいっぱい。

(訳者注:春節の休暇直前から見事なまでに五毛と思われる書き込みが減り、多くのネット民が”あれ、五毛は?”と不思議がるほどでした。春節のお休みも明けて、そろそろまた五毛も忙しくなってきたようですね。なお五毛は、政府よりの書き込みをするとされるアルバイト・ネット工作員のことです)

→一体なにを恐れているんだ?

→そもそも誰も餓えていない。誰も餓死していない

↑…アタマ、大丈夫?=_=

→誰も餓死していない、飢饉なんてない。全部うそ

→うちの実家は吉林省通楡県だ。曾祖母の孫曲氏は1960年の春、通楡県双岡鎮で餓死した。注目すべきは、うちの実家は伝統的な穀物生産地区だったということだ。

→(四川省)川南の農村も重度災害地域だよ。今でもお年寄りは証言してくれるよ。

→五毛ネット評論家:中国がよくないって言うんなら、アメリカに行ってしまえ!楊継縄:………………

→本は国の中に入れなくて、人は国の外に出さないんだ

→売国だの、国の悪口を言うだだの言ってるやつにクラクラ来る。日本が中国に侵略した歴史を正視しないと言ってずっと批判しているのに、自分たちが過去に作り出した悲劇を話すことも出来ないなんて。

→結局、何人餓死したの?

引用ここまで。

毛沢東大躍進秘録 [ 楊継縄 ]
価格:3186円(税込、送料込)

 

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。