【中国】習近平は本当に危機なのか?! 「辞職要求公開書簡事件」(中国ネット民の反応も)

xijinping open letter


一体中国で何が起こっているのでしょうか。何かが起こっているのでしょうか。最近、海外華字メディアでは、中国共産党内部での権力闘争が盛んに喧伝され”習近平の立場が危険”(美国之音:Voice of America)といった見出しが躍っています。そのソースとして挙げられているのは”北京の消息筋”であったり”政権に近い筋”であったりして、読み手としてはどこまで正確な情報なのか、なかなか自信がもてません。どの媒体に出ているか(信頼のおけるメディアかどうか)が一つの指標にはなりますが、実際に”政権の近い筋”が本当にリークをしていたとしても、ディスインフォメーション、即ち何らかの意図をもってわざと自分たちに有利な虚偽情報を流している可能性も否定はできませんので、注意深く見て行く必要がありそうです。

もっとも、このような”ノイズ”が色々と聞こえてくる、或はこのような”ノイズ”を誰かが立てることができる、ということは、政権はそれほど順風満帆とは言えないのでしょう。その中で一つの大きな焦点となっているのが、「習近平辞職を求める公開書簡」の存在です。

香港英字紙、サウス・チャイナ・モーニング・ポスト他によると、この公開書簡は、今月新彊ウイグル自治区のメディア「無界新聞(ニュース)」というニュース・サイトに掲載されたもので、中国が抱える様々な問題を指摘し、習近平の共産党総書記のポストからの辞任を求めるという内容と伝えられています。(現在は削除済み)この公開書簡を掲載したジャーナリストの賈葭氏が、15日に北京空港で香港へ出境する直前に警察に連行されたと言われており、同サイトの関係者も複数失踪しています。なお、公開書簡の筆者はまだわかっていません。(文体などから賈葭氏本人ではない、という観測が出ているようです。)

海外華字メディアによると、この「無界新聞」は、新彊ウイグル自治区の区政府(省政府に相当)とのつながりが深いと言われています。これは中国の官製メディアに影響力の強い中国共産党序列第5位の劉雲山中央政治局常務委員が江沢民派を代表して習近平と熾烈な権力闘争を繰り広げている、その一環か…という話になるのですが、当の中国国民はこの公開書簡の件をどう捕えているのでしょうか。

中国国内ではこの件は表立っては報道されていないようで、ネットでも関連記事、投稿は削除されているのですが、興味深いことに関連キーワードがしっかり残っています。例えば、「賈葭」と入れると、勝手に「賈葭 失踪」というキーワードが候補として出てきます。つまり、それだけそのキーワードで検索をかけた人が多いということになります。また、「公開書簡」と入れると、関連キーワードとして、「辞任要求」「辞任要求公開書簡」といったものが出てきます。「無界」と入れれば、同様に「無界公開書簡」と出てくる。それらのキーワードを実際に検索してみると検索結果はゼロで全く出てこないのですが、これらの事実より相当の数の中国ネット民が公開書簡、そして賈葭氏の失踪を知っているということがわかります。

その中で、当局の削除の嵐の中でも生き残っていた公開書簡に関する投稿をみつけることができました。現在は削除されていますが、削除前のコメントを確保していますので、見てみましょう。

→この事件は現在大騒ぎだ、コホン

→言論が自由だったら、奇妙だとは思わないけど、問題は言論が不自由なのにこの書簡は一体どういうことなんだろう

→この書簡は明らかに宣伝部門の人間がやったことだ。いつもネットで何かあったらネット民の言論をすぐ削除しているのに、こんな(政治的に)敏感な書簡が転送できるなんて、一体誰ができるんだ。我ら平民庶民だったら問題になることくらいわかるだろう?もっと人民の権益に関心をもってくれ!

→新彊、国家インターネット情報弁公室…

→どうして捜査しないんだ?単なる一通の書簡じゃないの?

→問題を解決するの?それとも問題を引き起こした人を解決(処罰)するの?

→これ、本当?

→徹底的に捜査……!

→公開書簡って何?見たことない

→やっちまえ。一刀両断だ

→この公開書簡は人身攻撃をしている。法治を壊す公開宣戦だ。

(訳者注:この公開書簡には、習近平及び家族の安全に対する危害もほのめかされている、と伝えられています)

→調べる必要ないよ。頭動かさなくても、誰がやったかみんな知ってるよ

→公開書簡についてはっきり調べなければならない!

→どの公開書簡?

↑辞職要求の公開書簡

→辞職を勧めてる書簡?それとも……?

→正義必勝!

→こういうことするのは小者、猛攻を続ければ、やつらは窒息するよ。

→反動分子が出たのか?

引用ここまで。

関連記事:
【中国】新華社が致命的ミス!習近平主席を「中国最後の指導者」と呼ぶ
【中国人の反応】企業家「任志強」氏、習近平指導部批判で微博(ウェイボー)アカウント閉鎖される→党規律違反で処分へ
【中国】習近平主席、中央テレビ視察-ネット民の意見は真っ二つ?!


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。