【中国】人民日報、暗に習近平主席批判か?「唯我独尊の権力は”ろくな終わり方をしない”」! ネット民「アイヤー」「造反か?」

renmin ribao 2

人民日報に「唯我独尊の権力は、往々にしてトップが”ろくな終わり方をしない」と題する記事が掲載されています。微博(ウェイボー)にも引用・掲載され、話題を集めています。

「【人民日報:唯我独尊の権力は、往々にしてトップが”ろくな終わり方をしない”】トップの中には、自分を”ボス(老大)”だと考え、職場を”領地”と見なし、やりたい放題をし、公権を私権に変え他人がなんと言おうと自分のやりたいようにやり、自分の言葉を政策にし威張りちらし、誰の意見も聞かず、外界と交渉しない独立王国に職場を変えてしまう。このような唯我独尊の権力独占はとても危険であり、往々にして”ろくな終わり方をしない。”」(財経ネット)

引用ここまで。

この記事が、暗に習近平主席を批判したものではないかと話題を呼んでいます。3月の両会(全国人民代表大会及び中国人民政治協商会議)が開催された頃から、習近平主席に対する批判や嫌がらせ(?!)が中国国内外のメディアを舞台に行われてきています。巷では、これは内部闘争の一環であり、背後には江沢民派がいるとされ、特に中国の官製メディアに影響力の強い中国共産党序列第5位の劉雲山中央政治局常務委員の名前がささやかれています。

関連記事:
【中国】習近平、今度は”既に死んでいた”ことにされる-香港英字紙タイプミス!(2016年4月22日)
【中国】習近平は本当に危機なのか?! 「辞職要求公開書簡事件」(中国ネット民の反応も)(2016年3月22日)
【中国】新華社が致命的ミス!習近平主席を「中国最後の指導者」と呼ぶ(2016年3月14日)

最近しばらく、そのような批判や嫌がらせのニュースを聞かなかったのですが、ここに来てまた批判勢力が反攻に出て来たのでしょうか。このような論説を人民日報(中国共産党中央の機関誌)に掲載するだけの影響力があると勢力を誇示しているのでしょう。これが、批判勢力側の本格的な反撃なのか、あるいは追い詰められたあがきにすぎないのか、今後の色々な動きを注視していきたいと思います。

中国ネット民の反応を見てみましょう。なお、政治的に”敏感”なコメントが多いにもかかわらず、この記事のコメント欄は実は結構長い間開いていたのですが、結局、数時間後に閉鎖されてしまいました。

→誰のこと指してるんだ?

→gcd(共産党)

→ハハハハハハハハハハハハハハハハ 笑うのは違法じゃないよね?

→ハハハハハ………ゴホン、ゴホン

→それは人間の特性だ。機会があれば、可能であれば、みんなそうなってしまう。体制をかえてこそ、抑制することができるだろう。

→何を言っているんだ?誰のことだ?

→それなら、一人一票でトップを直接選挙しよう

→人民日報が天に逆らうのか?誰のことを指してるんだ??

→このスレッド、コメント出来るの?

→人民日報、造反か?

→北朝鮮のことだって

→各地方の政府部門、機関、事業単位の多くの場所で、こういう状況が存在する。

→大大(訳者注:習近平主席のあだ名)を指してるのか?なんと大胆な!

→そうだよね。あるトップは自分を”大大”だと思って、世論でも”大大”って宣伝してるよね

→D(党)こそが唯我独尊の権力だ

→やばい、やばい……記者よ、すぐ政治亡命を申請するんだ……

→現行体制下では、13億人の国家は在位する最高指導者がするどんなことに対しても阻止する何の力ももたない。だから、反腐敗運動も彼よりも下位の者に対してしか可能じゃない。

→あとどれだけのあいだ、コメント出来るんだろう

→schizophrenia(原文ママ、統合失調症)

→アイヤーヤー、おれが考えすぎ???

→記者よ、自殺行為だ、誰のことを言ってるんだ?

→明らかな脅迫

→金三でぶが政権についてから、対内的には粛清で脅して権力を一身に集め、対外的には四方に対し武力で脅して強硬に出て、このように唯我独尊で、最終的にまともな終わり方をするだろうか

(訳者注:金三でぶは、本来は北朝鮮の金正恩第一委員長のことを指しますが…)

→これって、今上、それとも先帝?

(訳者注:今上は習近平主席、先帝は江沢民元主席を指します。ネットの一部には、この記事は江沢民元主席を指しているのでは、との見方もあるようです。もっとも、この記事の原題は「どうやって名実ともにトップになるか」ですので、引退後の江沢民元主席を指しているとみるのが適当かどうか、やや疑問ですが…)

→少なくとも3000年はそうでしょ!!!!

→どうしよう、どうしよう、人民日報が造反してる

→この人、まだ生きてる?

→これって、なんの前兆?

→これは今の中国で依然としてとても深刻だが、ずっと解決されていない問題だ!

→某中華まんがそうだ

(訳者注:中華まんは習近平主席のあだ名です)

→さすが、人民の日報だ

→唯我独尊の政党もこれと一緒

→一人が汚職をしても個人の問題。みんなが汚職しているのは貴国(中国)の体制問題!

→敵は中宣(中共中央宣伝部)にあり

→一党独大、その成れの果てはどうなる?

→これはいいねを押さなくては!

→南北院の矛盾が公開化してるのか?

(訳者注:中国の政治の中枢中南海の配置より、南院は党中央、即ち習近平主席のこと、北院は国務院、即ち李克強首相のことを指します)

→単に五番目(老五)がボス(老大)に不満があるだけだろ。平民には関係ないよ。

(訳者注:中国語ではボスを老大、二番目以降を老二、老三~というように呼びます)

→ボロ日報、終わった

→朝、お薬飲むの忘れたの?

→”独立王国”という言葉には震撼とさせられる。文革の発動もこの道だった。

→大大、ろくな終わり方しないのか?

→中国は、ろくな終わり方をしないの?

引用ここまで。

引用元:微博

関連記事:
【中国人の反応】企業家「任志強」氏、習近平指導部批判で微博(ウェイボー)アカウント閉鎖される→党規律違反で処分へ
【中国】習近平主席、中央テレビ視察-ネット民の意見は真っ二つ?!


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。