【中国】国防部「自衛隊機が妨害弾発射」と抗議-メディア・ネットで”事件”として中国国内で大宣伝!

chinese-air-force

「#時局#【中国軍機が訓練中に日本の戦闘機の妨害弾に遭った 国防部の反応】本日(10日)午前、中国空軍の飛行機が西太平洋で行う訓練に向かう際、日本自衛隊F-15戦闘機2機が出動し、中国側の飛行機に対し近距離で妨害を行い、妨害弾を発射した。これに対し、国防軍部広報官は、日本軍機の行動は危険であり、プロフェッショナルではなく、国際法で賦与されている航行と飛行の自由を破壊している、と発言した。」(頭条ニュースより)

引用ここまで。

関連記事:
【中国人の反応】宮古海峡を中国戦闘機が初飛行(2016年9月27日)

微博(ウェイボー)に第一報が入ったのは、10日の夜。中国騒いでいるなあ、と様子見をしていたのですが、11日に入っても関連ニュースが微博(ウェイボー)にどんどん配信され、「#日軍機が中国軍機を妨害した事件#」というハッシュタグ(長いですね)がお目見えする始末。そのかいあってか、あるいは当局からのプッシュか、この話題はホットな話題の上位に現在食い込んでいます。

それにしてもこのニュース、国防部は一体、国内外の誰に向かってアピールしようとしているのだろう、と思って眺めていたのですが、ここまでメディアやネットで大々的なキャンペーンを張っているところを見ると、国外(日本やアメリカ等)へのアピールだけではなく、国内に向かっても、第一列島線を超えて西太平洋に”恒常的に”進出していると強くアピールしたい意図があるようです。(日本経済新聞:中国「空自戦闘機が妨害弾」 防衛省は否定《2016年12月10日》)

ネットの反応を見てみましょう。

→みんなに教えてあげよう。妨害弾を発射したということは、”私は敵にロックオンされました、あるいは逃げ切れないので逃げるしかない”という婉曲な言い方だ。

↑そうだよね

↑妨害弾は攻撃性の弾薬じゃないよ

↑小日本は死ぬほどびっくりしたんだ

↑つまり、我々が日軍をいじめてるってことか

↑そうだよ

→また射撃管制レーダーを相手に向けたのか???

→またロックオンしたの?

→無能!

→航行自由!ハハ!悪くないね!敵の手を使って敵を殴る(訳者注:メンツを潰す、という意味です)!

→唐が滅びる前、皇帝は個人の野心のために、将軍は手柄のために、頻繁に周辺の国を侵略した。

→WTOと関係あるだろう。台湾も最近色々あるし、日本もアメリカも厳しい態度をとっているから。

(訳者注:日本が、アメリカ・欧州に続いて中国をWTOの「市場経済国」と認めないと発表したことに対し、中国は盛大に反発しており、国内メディアでは特に日本を叩いています。もっとも、ネットでは、”そもそも市場経済国じゃない””今回は日本に同意”と言った冷めた意見が主流です)(ご参考-時事通信:中国、WTO提訴の構え=「市場国」不認定に反発《2016年12月8日》)

→みんなが政府が悪いというのはかまわないと思うけど、それは国内でだよ。小日本が滅びないとおれは死ねない。祖国が困難な時はおれたちは祖国のために自分の力を出して、共同して敵に立ち向かい、攻撃するんだ!!

→日本:なんたること、明らかにおまえが先にロックオンしただろ!

→みんなぷんぷん怒る前に”妨害弾”が何かバイドゥ―してみたら(訳者注:バイドゥ―するとは、検索することです)?そうしたら、これがどういうことかすぐわかる。某国(訳者注:中国)戦闘機は本当にならず者だ。相手が妨害弾を発射せざるように仕向けて、戻ってから相手を非難してる

↑祖国がならず者であるばかりか、もっと強くなってほしい。それから、レーダーで彼らをロックオンしたとは限らないとはっきり言うべきだ。妨害弾を放ったのは、挑発するためかもしれない。

↑でも、妨害弾は決して攻撃用じゃないよ

↑”祖国がならず者で、安心した”シリーズ

→また射撃管制レーダーをロックオンしたのか?(日本は)またアメリカ・パパのところに行って、泣いて騒いでF35が欲しいと言わなくちゃね

→ハハ、ならず者が、日本をビッチだって罵ってる

→外で他人にいじめられて、家に帰ってから子どもたちにあいつらが悪いよ、そうだあいつらが悪い……って言って、意味あるの?

→コメントを読むと、この国の国情がわかる!(涙マーク)

→ハハ、日本人すごいね(サムズアップマーク)

→中央軍事委員会が小日本と全面開戦するのを断固として支持する。釣魚島(訳者注:尖閣諸島)を取り戻す。おれは前線に行ってもかまわない

→最近外国は故意に中国に外交のボトムラインを探りに来ている。トランプ・蔡事件、妨害弾事件、これは中国の反応を見に来てるんだ。

関連記事:
【中国の反応】トランプ次期大統領、慣例を破り「台湾総統と電話」-王毅外相「台湾側の小細工にすぎない」(2016年12月3日)
【中国】トランプ次期大統領、ツイッターで「南シナ海問題」に言及-トランプ・蔡”歴史的”電話会談続報(2016年12月5日)

→今回、解放軍が国内の矛盾の目をそらそうとして、危険を冒してるけど、ちょっと危険が大きすぎる

↑最近国内にまた大きな事が起こったのか!

↑矛盾はいっぱいいっぱいだ

↑国は強くなければならない!シリアの難民は国が乱れているからだ。怒ってるやつはずいぶんとつまらない日々を過ごしているんだろう!

(訳者注:色々と矛盾はあれど国の安定が重要、としてシリアの例をこのように引いてくるコメントを時々見かけます。政府批判に対するカウンターとして出てくるのですが、かなりパターン化しており、もしかしたらいわゆる”五毛”《アルバイト・ネット工作員》による投稿かもしれません)

↑内部矛盾のうちの一つは、経済の先行きが安定していないのと、通貨が急激に下落していることだ

関連記事:
【中国人の反応】新華社「人民元の下落が個人資産の”目減り”とはかぎらない」(2016年11月25日)

→調子にのるなよ。小日本が本当に軍を再建したら、誰が損する?

→やっちまえ

→反日の怒れる青年を何人か捕まえて、中日友好の証としていいよ

→よくやった

→なんと、コメント欄には本当にキーボード戦士が多いね…まず調べてから話をしてくれない?そうじゃなきゃ自分がおかしいって、ひけらかしていることになるよ。

→もし日本の飛行機が中国の飛行機を打ち落としても、中国が唯一できることは、強烈に非難することだけだろう。

→何をもってプロフェッショナルじゃないと言うんだろう

→皇軍万歳

→大日本は威厳がある!

(訳者注:マカオ在住の男性のようです。大陸で使われる”簡体字”を使っています)

↑おまえは中国人か?

→コメントを読み終わって思ったけど……やることなかったら、少しは勉強しようよ……!!!!!

引用ここまで。

引用元:微博#日军机干扰中国军机事件#


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。