【中国の反応】蔡台湾新総統、「一つの中国」の原則を謳った「92年合意」の受け入れを表明せず

cai yingwen



20日、台湾で民進党の蔡英文氏が総統に就任し、演説を行いました。大陸にとって最大の焦点は「92年合意」。この「合意」は、大陸、台湾側の双方が「一つの中国」の原則を認めたと言われるもので、大陸側は就任前から蔡総統に対しこの「92年合意」を認めるよう圧力をかけていました。

結局、20日の就任演説で蔡総統は「92年合意」の受け入れを表明しませんでした。

中国外交部の反応は、原則論に終始しています。

「【外交部:台湾の政局がどのように変わろうと、中国政府の立場は不変だ】蔡英文が5月20日に行った就任演説に対し、外交部報道官華莹 は20日、北京で行われた定例記者会見で、たとえ台湾島の内政にどのような変化が起ころうと、中国政府の立場は変わらない、と表明した:”強調したいことは、一つの中国の原則は国際社会で普遍的に認められており、一つの中国の原則を堅持することは中国の発展および世界各国との関係の重要な政治的な基礎であり前提であるということだ。台湾島の中で政局にどんな変化が起ころうと、中国は一つの中国の原則を堅持し、”台独”に反対し、”二つの中国”と”一つの中国、一つの台湾”に反対する立場は変わらない。”」(中国台湾ネットより)

引用ここまで。

中国のネットでは、以前は台湾独立派はごく一部で、そのような台独分子が台湾民衆を扇動しているにすぎない、といった論調が支配的でした。学校教育はもちろん、中国政府の世論誘導も多分にあったのでしょうが、少なからぬネット民が、台湾人の大半は大陸の自分たちと同様に、いずれは統一を望んでいると純真に信じているふしがありました。ところが、今年1月の総統選で民進党が圧勝したことを受け、ネット民の台湾に対する見方に明らかな変化が表れてきており、コメントも変わって来ているようです。

関連記事:
【台湾】総統選-民進党蔡英文主席が大差で勝利 中国ネット民の本音を探ってみると…(2016年1月17日)
【中国人の反応】中台首脳会談 ”台湾人の本音”を聞いてショックを隠し切れない中国ネット民(2015年11月8日)
【中国人の反応】習近平主席と馬英九総統が7日に会談へ 分断以降初の両岸首脳会談(2015年11月5日)

微博(ウェイボー)より、中国人の反応を見てみましょう。

→……………

→清の政府のことを思い出した…無能だ…

→”我々は、一つの家族”……??

→共産党は強がり言うだけ、台湾よ、独立しなよ!

→反国家分裂法はどこに行ったの

→一つの中国は中華民国

→立場不変。(台湾に)媚び続けろ

→もし台湾と香港すら平定できなければ、あの政府、国家のメンツは本当に潰れる。(もし独立したら)残念ながら大陸内部も動揺してしまうだろう。だから、台湾を絶対に独立させてはいけない。例え独立したとしても、(台湾は)重大な代価を支払わなければならない。

→一つの中国

→今後、我が家の独立を推進しよう。独立ってこんなに簡単なことなんだ

→言ったところでなんになる。座して台湾を失うのを待つだけだ!言葉だけが強硬でも、強硬とは呼ばない。拳のように強硬ではない。

→非難するだけなのか、もう少し待ってみよう。何を焦っているんだ

→さすが外交部!(サムズアップ・マーク)

→毎回言ってるだけって感じ。行動がないよ

→人民を尊重する人を人民が選ぶ。人民を無理やり従わせようとすると、必ず人民に捨てられるだろう。

→武力で解決しようとするバカな考えをしているやつは、世界中のどんな国もどんな民族も、そして具体的にはただ一人さえ武力で征服することができない……結局、更に大きな怨みをかうだけ……

→失望

→台湾問題は、他の国が認める必要などない。そもそも俺らのものだ。台湾を取り戻して、次に沖縄も取り戻そう

→統一の望みなし

→いまの中国人には民主は似合わない。一旦民主主義になったら、乱れるだけだ

→蔡省長は一つの中国を認めない。大大(訳者注:習近平国家主席)は戦争をしかけない。(習主席は)辞めるべきだ。

→「92年合意」を認めないということは、台湾独立だ。台湾独立は制裁すべきだ

→台湾は、古来から中華人民共和国の領土だ!

↑中華人民共和国は1949年に建国なのに、何が古来からだ?ハハハハ

→「92年合意」に代えて、一国二制度にすればいい

→台湾には自分たちの法律、教科書があり、自分たちのリーダーがいる。国際社会の承認以外は、実際には独立国家と何も変わりはない。台湾は対外的に独立を宣言はしないだろうが、彼らの心の中は既に独立している。

→中国が武力で台湾を取り戻したら、第一列島線を突破できる。意義は非常に大きい

→台湾人はfb(フェイスブック)でみんな一つの中国を認めるって言ってるよ。つまり一つの中国、でも彼らは台湾国

→コメントを見ると、民衆の知恵は既に開かれている。中国の未来には大きな希望がある

→アメリカやロシアにならえ!腰抜け共産党!

→gcd(共産党)は辞めろ!!!!!中国から出て行け!国家を守れないのなら、出て行け

→政府に失望した

→この回答には非常に失望させられる

→他のことは置いておいたとして、中国のどこにコントロールする政治力がある?香港独立に、チベット独立に、新彊独立に…

→むかつく!

→基本的に平安無事だね!

→大陸は四十歳の女性のようで、台湾は亭主のようだ。女性は毎朝、いつも亭主にこう尋ねる”私のこと、まだ愛してる?” そして、亭主はどんな記念日にも一切贈物をしないんだ。

引用ここまで。

そう言えば、台湾問題のコメントに必ずと言っていいほど出て来ていた、大陸が台湾を”解放”するという表現が、今回のコメント欄には見当たらないようです。

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。