【中国人の反応】韓国:朴槿恵大統領「中国は北朝鮮の再度の核実験を許しはしない」 中国ネット”いつから中国の報道官になったんだ?”

president pak on dprk bomb


13日、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が北朝鮮の核実験に関し、国民に向かって談話を発表しました。その一部が微博(ウェイボー)に記事として登場しています。

「#時局#【朴槿恵:中国は決して北朝鮮が再度核実験をすることを許しはしない】韓国大統領は今日(13日)国民に談話を発表し、中国は既に明白に朝鮮半島の核保有を許さないという堅い意志を表明しており、中国のこの立場は”中国は決して北朝鮮が第五、第六回目の核実験を行うことを許しはしない”ということだ、と述べた。」(頭条ニュース)

引用ここまで。

親中で知られる朴槿恵大統領ですが、中国語に翻訳された自伝がベストセラーになるなど、中国人民のあいだでの人気はなかなかのもののようです。もっとも、韓中蜜月と呼ばれた日々も、昨年末の日韓慰安婦合意、そして年初の北朝鮮の核実験などで、少し変化の兆しが見えてきているのかもしれません。

関連記事:
【中国の反応】北朝鮮が水爆実験に成功か
【中国の反応】日韓「慰安婦」問題合意

中国ネット民の声を聞いてみましょう。

→ハハ

→笑える~~~

→ハハハハハハハ、だれが信じる???

→中国外交部報道官朴槿恵

(訳者注:これに類するコメントが数多く見られました。なお、中国外交部報道官については欄外をご参照ください↓)

→それで?

→実験を強烈に非難する、強烈に非難する…

(訳者注:何かと「強烈に非難する」を繰り返す中国政府の口先番長ぶりをからかっています)

→今回は、許可したってこと?

→今まで(北朝鮮を)管理してきたのか?管理できるのか?

→こういう風にはじめるのは華春莹かと思って、よく見たら、朴槿恵!

(訳者注:華春莹氏は中国外交部の女性報道官です。欄外で写真つきでご紹介しています↓)

→中国:おれは言ってない

→三でぶは台湾に支援を求めるべきだな

(訳者注:三でぶは、金正恩第一書記の中国ネットでのあだ名です)

関連記事:
中国:”三でぶ”は禁止! 金正恩の悪口をネットから排除

→どうして中国の立場を韓国人が話すんだ

→自分のことは自分で話さなきゃ

→許さないって言ったって、何ができる

→え?北朝鮮に影響なんて及ぼせないって~三でぶはそもそも誰の言うことも聞かないよ

→最後はやっぱりアメリカ次第だ

→あなたが言ったら、そうなるの?

→ハハ、あなたは本当に信じているの?

→中国がもし北朝鮮を制裁したらどうなる?でも、中国には出来ないよ。

→言ったところで何になる?

→韓国もとても可愛そうだ。自身の国家の命運を中国とアメリカに任すしかない。中国とアメリカが態度を示さなかったら、彼らはずっと安心感がないんだ。

→ああ…あなたたちはやっぱりアメリカと一緒に行きなよ、(中華人民)共和国は頼りにならないから…

→次に、我々は何をするべきなんだろう?

→中国を縛っているんじゃない?中国の肩に圧力を加えているんだ。

→我が国は確かに反対している。こんなに近いと脅威だ。でも三でぶは聞かないから仕方がない!

→朴大統領はときどき幼稚だね

→韓国大統領は天然すぎる、お願いだから中国人を信じないように!

→中国はこの問題では北朝鮮を全くコントロールできない

→これって明らかに我が国の内政を干渉してない?

→以前、棒子(訳者注;韓国人の蔑称)は孫悟空は韓国のものだと言った、端午節は韓国のものだと言った。そして朴妃のご機嫌が思わしくないと:私は中国のものだ。

関連記事:
【中国人の反応】「ユネスコ無形文化遺産、もう韓国に奪われるな!」中国ネット民怒り心頭

→中国政府の話、信じられるの?

→飼い犬が話を聞かなくなったんだけど?

→政治には永遠の友人はいない

→共党(原文ママ)の話を彼女は信じたんだ

→あなたはなんて善良なの~

→彼女は中国がわかっていない。

→中国が許さなくても、そんなの役にもたたない

→中国はアメリカが南シナ海に入ってくるのも許していないよね

関連記事:
【中国人の反応】アメリカは南シナ海での作戦を続行:北京訪問中の米太平洋軍ハリス司令官 北京大学で講演 
【中国人の反応】外交部「強烈な不満」を表明 米軍艦南シナ海の人工島沖進入で
“中国軍トップはヘタレ!” 怒る中国ネット民 南沙諸島への米軍艦派遣をめぐり

→天朝(中国)には外交部の口撃砲がある。

→株式市場の管理もまともにできないのに、三でぶを管理するなんて。ほらでも吹いてろ

引用ここまで。

翻訳元:微博#时局#

【ご参考】(中国外交部報道官)

ネットでも何かと話題になる中国外交部報道官の方々。中国政府の顔とも言うべき重責を担う方々を、ちょっと写真で確認してみましょう。

中国外交部報道官と言えば、まずこの方が真っ先に浮かぶのではないでしょうか。

spokesman 1

この方は洪磊氏。いつも冷静沈着で、淀みなのない発言が印象的です。「中国側は…」「強烈な非難」と言った名フレーズですっかりお馴染みですね。よくネット民のネタにされています。いずれにしても、スマートな中央のエリート官僚、といった感じですね。

次は紅一点、この方。

spokesman 2

華春莹氏。外柔内剛という感じでしょうか、ソフトながらも凛とした感じの女性です。時折、意地悪な質問などをされると、”ぷいっ”とした感じが可愛らしいですね。

そして、この方も忘れてはいけません。

spokesman 3

外交経験が豊富な陸慷成氏。どことなく安心感を感じさせますよね。もっとも私の場合、この方の髪型にいつも目がひきつけられてしまい、発言内容まで気が回らなくなってしまうのですが…いえ、中国的には全然OKな髪型だと思うんですけれど、つい…


人気ブログランキングへ

本年も引き続き、応援お願いします!、
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。