プーチン「大帝」? 中国で露大統領人気爆発!

putin

3日に行われた「抗日戦争70周年」軍事パレードで、習近平国家主席の隣にはプーチン大統領の姿がありました。中国国内におけるプーチン大統領の人気もこれで更に高まったようです。微博の「ホットな話題」に「#プーチン大帝」というハッシュタグがエントリーしていたので、ご紹介。

「『抗日戦争70年』軍事パレード以降、プーチンは新たなネットアイドルになった。あなたもプーチン大帝のファンになった?」

「断固とした覇道(訳者注:武力や権力などにより国を支配するやり方)の大統領、プーチン大帝が男性モデルのような勢い…なんとかっこいいんだ。」

「全能戦士、プーチン大帝!」

「最近プーチン大帝のファンになった。」

「プーチン大帝はほかの人に口をはさませない、ピアノを弾けて、KGB出身、学歴もあるうえに料理もうまい。つまり、他の人は甘んじてひれ伏するしかない…」

「背の低い男性にはずっと何も感じなかったけれど、プーチン大帝はまぎれもなく例外だわ。」

引用ここまで。

アイドル顔負けの人気です。騒いでいるのは女性ばかりと思いきや、意外なほど男性からの人気も高いようです。ロシア国内でもプーチン大統領は、「女性が憧れ、男性も(そうなりたいと)憧れる」と言われているそうですが、中国人民のハートも鷲掴みのようです。もちろんプーチン大統領に対する「まともな」コメントもあるのでしょう。でもこのハッシュタグ、即ち名前に「大帝」がつくことですっかりアイドル化されてしまっていますね。

ところで、何故かちらほら安倍総理が引き合いに出されています。決まって安倍総理との首脳会談(2013年4月)後の記者会見で、プーチン大統領が北方領土に関する日本人記者の質問にいらだちを表している模様が字幕付きで貼ってあります。(会見の詳細はこちらで:TBS記者のプーチン大統領への質問 ネットでは批判する声が大半だが…)

「見て見て!あの安倍の落胆した表情、プーチン大帝威風堂々!」

「プーチン大帝ったらお茶目なんだから。安倍は全く返す言葉もない。素晴らしいお手並み!!!」

引用ここまで。

プーチン大統領のいらだちは安倍総理に対してではなく質問をした記者に対して向けられていたようですが…中国ではあのような記者会見の場合、記者の意見はそのまま政府の意見なのでしょうか。

いずれにせよ、プーチン大統領の扱いといい、安倍総理の扱いといい、中国から見た今の国際関係の縮図みたいですね。

引用元:微博#普京大帝