【中国】アフリカで、中国産”人肉缶詰”の噂-中国大使館は激怒、ネット民は…

human meat rumor


「【小新聞が中国製造の人肉缶詰がアフリカで販売されているとのデマを流した】昨日、在ザンビア中国大使館は、(同国の)地方紙が中国人が人肉を使った牛肉缶詰をアフリカで販売していると公然とデマを流しているとの声明を発表した。大使館は、これは意図した中傷であり、その醜悪な目的は中国人のイメージを壊し、中国とザンビアの友好を壊し、中国とアフリカの友好を壊すものである。中国大使館は、ザンビアの関係部門に厳正なる交渉を要求した。」(頭条ニュースより)

引用ここまで。

今更言うまでもないですが、中国人のアフリカ進出は目覚ましいものがあります。実は私もアフリカ出張中に、街で道に迷いかけ、たまたまその付近にいた中国人に中国語で話しかけ、道を教えてもらったことがあります。(大変助かりました。その節はありがとうございました。なお先方は、当然のように私を中国人と思っていたようですが…)中国はアフリカからの留学生も多く受け入れており、私も北京に住んでいた際、友人の中に元留学生でビジネスをしているアフリカ人の青年がいました。そんな中国のアフリカ進出ですが、現地との摩擦や、困難に遭遇するニュースもちらほら漏れ聞こえてくるようです。

例えばジンバブエは中国の古い友邦の一つですが、同国に進出する外資企業は政府に最後通告を突きつけられ、今年の4月1日までに株の半数以上を黒人に譲渡しなければならない、と迫られていました。この法律は全ての外資企業を対象としていますが、海外からの投資の7割以上を中国が占めていることから、特に中国企業が痛手を受けることは必至か…と危惧されていました。もっとも、色々と外交力の行使などもあったのでしょう、実際には株譲渡の割合が下がった模様で、強制的な撤退という事態は避けられたようです。しかし、それも束の間、5月16日に今度はジンバブエの野党が声明を発表し、”北京は公然とジンバブエの資源と経済を略奪し、中国人は現政権の腐敗と専制を助けている”、として、全ての中国人を駆逐せよ、と言い放ち、物議を醸しています。

話をザンビアに戻しましょう。ザンビアに関しては、ジンバブエのような極端な話は聞こえてきていないようです。微博(ウェイボー)に上る話題も、中国がザンビアに医療援助として継続的に医療隊を派遣している、と言った友好的なもののようだったのですが…

中国人の反応を見てみましょう。

→おれ、信じる

→人肉缶詰…それって、中国人が多いからか?

→ひどい

→アフリカ人って知能低いのか?誰が信じる?

→信じるやつはばかだ

→人肉のわけないじゃん、笑える

→こわすぎ

→捕まえて、中国で裁判しろ

→万一、本当だったら

→このニュース見て、飲んだ水噴出しそうになった

→中国人は、カネのためなら何でもするから、本当かも

→これはきっとデマに違いない。だって、ああいう缶詰には、残念ながらそもそも肉入ってないもん

→これで、中国とアフリカの微妙な関係がわかる。わざとデマを流して関係を壊すなんて、ひどい、ひどすぎる!

→ひどすぎる。人肉は牛肉より高いのに

→深く考えてみよう。どうして彼らがこういうデマを流すのか?我々はアジア、アフリカ、ラテンアメリカの人民を既に過度に消費してしまい、現地の人々は本当に中国を新植民主義者ととらえているのではないか?

→私は中国人だが、自分がどんなイメージをしているのかわからない。毎日イヌのように過ごすばかりだ。もしかしたら、イヌにも劣るかもしれない

→人肉はありえないよ。アヒルの肉で騙すのならありえるけど

→これはさすがに荒唐無稽だけど、でも中国人の道徳の低さにはもう底はないから、何を作ってもおかしくない

→ちょっと信じてしまうかも。今の中国は何でもありだから

→これ、おれが小学校の時に流れていた噂だ。20年前のことだよ

→アフリカ人はまだ進化していないね

→友好?

→………

→どうしてこのニュース読んで、笑っちゃうんだろう

→アフリカって、友達だったんじゃないの?彼ら、これ信じるの?

→あげるお金が減ったんだろう

→メディアは、アフリカ人民は中国に対してとても友好って言ってなかった?

→本当にわからないんだけど、中国人はアフリカに行って何してるの?

→すごい缶詰だ

→最初は人造肉、って言っていて、その後伝わっているうちに人肉に変わったんじゃないの?

→人肉は高いよ…

→欧米反中、(北)朝鮮反中、日本反中、東南アジア反中、南アジア反中、アフリカ反中……ラテンアメリカ以外に、反中じゃないとこなんてあるのか?50年代から、あんなに多くのカネをばらまいて買ってきたのは一体どんな友達だ?

→……もともと絶対に信じないと思ってたけど、でも今では……

→リーダーよ、パナマのデマを打ち消してください。

関連記事:
【中国】ネット民は知っている:パナマ文書 習近平主席の義兄の名も-当局は情報封鎖に躍起だが…

→こういう裏切り者に対しては、至急、巨額の援助を打ち切れ…メンツがつぶれる

→どうして中国の隣人や、欧米各国、そして今はアフリカまで中国を目の敵にし、包囲、攻撃するのだろうか?彼らが中国の勃興を恐れているからなのか?それとも、専制独裁政権が勃興後に世界に危害を与えるのを恐れているからなのか?我々はどうやら徹底的に洗脳されて、この是非がわからなくなってしまっているようだ

→お金を使って、誹謗されている

→対外無能、対内残虐。車の両輪だ!

→悲しい。巨額の資金を使って、いい関係を作ろうとしているのに、手にしたものはこんなもの。世界の人々の心の中では、独裁専制国家は人食いの世界なんだ!

→中国人の今の国際的なイメージって、これ以上悪化できるの?

→台湾人と香港人は信じると思う

→ああ、アフリカで三年仕事しているけど、無数の人に聞かれた:中国人が人肉を食べるって本当?首を横に振って答えたよ:人をつくるだけで、食べないよ

(訳者注:タンザニア在住の、中国人男性のようです)

→象牙のことを考えてみろ、中国人はどんなイメージがある?

(訳者注:つい先日のこと、”象牙女王”の異名をとる、象牙の密輸団の首領の中国人女性が、タンザニアで密輸容疑で遂に逮捕されました)

→堂々たる大国が、なんと地方紙に激怒するなんて

→いまは、人食い社会じゃないか。”人食い”っていうのは、人肉を食べるっていう意味じゃないけど

引用ここまで。

阿Q正伝改版 [ 魯迅 ]
価格:734円(税込、送料無料)

 

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。