【中国】環球時報:「中露友好!」を謳うつもりが、とんだやぶへびに… なぜかコメント欄には日本のことばかり

russia china friendship

環球時報のロシアとの国境線確定に関する記事が、微博(ウェイボー)で話題になっています。

「【環球時報:昔のことを蒸し返して今日の中露関係を否定するな】絶対多数の中国人はあの土地を失ったのは歴史上の出来事で、新中国の責任ではないことを知っている。けれども話があの事に及ぶと、とても多くの人が様々な思いを抱く。しかし、今日の中国があの国土を回復する可能性はない。そして、それを現代の中国人の目標にしてはいけない。国際関係というものは決して昨日によって今日を決めてはいけないものなのだ。」

引用ここまで。

実はこの記事、当局による火消し記事です。

そもそも中国とロシアの間の国境問題は、1689年に清と帝政ロシアが結んだネルチンスク条約に遡ります。以来、中国とロシア(ソ連)は国境をめぐり軍事衝突を繰り返し、最終的に2008年になって正式に国境を確定するに至ります。最終的な領土確定の段階でロシアが大幅に譲歩したと言われていますが、中国から見ると19世紀から20世紀にかけて150万平方キロの広大な土地を失ったという認識になるようです。

今回、11月4日に吉林省琿春市の中露国境地帯で中露辺境地名碑という地名が書かれた石碑の設立式が行われました。その報道によってロシアとの国境問題が思い起こされ、ロシアに”奪われた”150万平方キロの土地に注目が集まってしまったようです。現在の良好な中露関係に水をさしたくない当局としては、人民日報(中国共産党中央委員会の機関紙)系の環球時報を使って人民を諫める記事を載せたのでしょう。ところが…

微博(ウェイボー)の反応を見てみましょう。

→ロシアと日本を置き換えてみたら

→抗日戦争も国民政府の時期の事だよね。だから…

→中日関係はどうしてずっと昔のことを蒸し返してばかりなの?

→日本は?

→新中国の責任ではない。この言葉、なんだかしっくりこないんだけど

→環球時報は恥知らずだ

→昨日によって今日を決めてはいけないんだったら、台湾や釣魚島(尖閣諸島)もいらないってこと?

→日本は?永遠に忘れちゃいけないんじゃなかったっけ?

→変だなと思ったら、(中露国境には)石油がないんだな

→日本には歴史を忘れるなと言う!中国の国土を百何十万平方キロも侵略、占領したロシアには、昔の事を忘れると言う!精神分裂、ここに極まれり!

→じゃあ日本に対しては?どうしてずっと噛みついて放さないの?

→中日関係は?

→それじゃあ、太古の昔から中国領土だっていう理屈は成立しないってこと?

→この理屈でいくと、釣魚島、南シナ海もそうだよね

→じゃあ、釣魚島にも望みはないね

→だったら、どうして一日中、抗日なの?近現代で最も中国をいじめたのはロシアでしょ

→ロシア人が一番嫌い

→共産党はロシアともめたくないんだ。世界中にちょっとしか友達がいないからな。びくびくしてるね!

→環球時報、アタマおかしい!

→ダブルスタンダード

→ソ連の最大の罪悪は、中国に向かってマルクス教を輸出したことだ!

→本当の売国賊は環球時報だ!歴史上中国に一番害を与えたのはソ連・ロシアの他にいない。狂暴で徳のないソ連・ロシアと”友達”になるなんて、あり得ないではないか?

→台湾の統一もなしだ!あれも蒸し返しだ

→この見方に賛同する

→日本人は、昔のことを蒸し返すな、もうたくさんだと言っている。どういう状況なのか、民衆の目は曇っていないよ。心の中では、はっきりわかっている。

→選択性失明の環球時報

→歴史を忘れるなと言ったのは、おまえらだろ

引用ここまで。

翻訳元:微博

関連記事:プーチン「大帝」? 中国で露大統領人気爆発!


人気ブログランキングへ

ぜひぜひ”ポチッ”と、
ボタンを押して応援してくださいね。