【中国人の反応】アメリカ大統領選”スーパーチューズデー”

super tuesday

アメリカ大統領選は、中国のネット民にも注目されています。スーパーチューズデーのニュースも外信や中国メディアにより配信され、共和党のトランプ氏、民主党のクリントン氏の優勢が伝えられています。

中国人の反応を微博(ウェイボー)より見てみましょう。

(注:各記事のコメント数はあまり伸びていません。米大統領選に関する記事には今までかなり多くのコメントがついていたので、やや意外な感じがします。状況証拠から見て、少なくとも一部のコメントが削除されていることは間違いないようです。おそらく中国政府批判が除かれているものと思われますが、確証はありません。その点をお含みおきのうえ、コメントをご覧ください。)

→以前、トランプは単に遊んでいるだけで、早晩撤退すると言っていたのに、どうしてそうなってないんだ。

→もともとヒラリーが当選する可能性はなかったのに、もしトランプと対決したら、彼女に勝ちを送るようなもんだ。

↑今回の選挙は共和党のどの候補もヒラリーを打ち負かすことはできないだろう。トランプが唯一の希望だ。

→アメリカ本土でテロが起きない限り、トランプは選挙に勝てないだろうし、共和党はどの選挙も勝てないだろう。理由はとても簡単だ。民主党の背後にはウォール街のユダヤ金融資本がスポンサーとしてついている。これらの金融資本が投資したカネはインターネット経済の企業に投資され、それらの企業は多くの顧客が必要としており、民主党が引っ張ってくる票の多くは移民であり、その人々がこれらの企業には必要で、だからスポンサーはそれらの企業を支持する民主党を支持するのだ。

(訳者注:わかりにくいですね…原文に忠実に訳しておりますので、悪しからず)

→やっぱりトランプ君がよくわからない

→ヒラリーが好き

→トランプの勝ちは決まりだ。ヒラリーの支持者は実際に投票する時、必ずしも女性候補を選ぶとは限らない。性差別には反対していたとしても、客観的に見て自分が潜在意識の中で選択をする際(女性候補を選ぶとは限らないのは)、アメリカ人も例外ではないだろう。特に強硬派が勃興する時には、トランプが代表する軍事工業・エネルギー産業がヒラリーが代表するハイテク・金融産業を圧倒するだろう。

→女性が王になる前触れ

→トランプが勝ったら、とても楽しくなりそうだね。もっとも可能性はとても低いけど

→もしトランプが共和党の予備選挙に勝ったら、本当に共和党は大きな平手打ちを食らうことになる

→私が関心あるのは、中国ではいつ大統領選挙があるかだ

↑ドアを開けてくれ、水道メーターが壊れていますよ。

(訳者注:毎度お馴染みの”公安が来た!”というジョークです。)

→誰を選んでも、米FRBの言っていることを聞かなくちゃならない。

→野次馬になるしかないし、我々には何にもできないけど、でもヒラリーは嫌い

→trumpがなったら、面白いな

→トランプじゃなきゃ。お嬢さんとてもきれいだもん

→おれはトランプを選ぶ

→明らかに、ヒラリーは老けた~

→二人とも、中国に対して友好的ではない

→ヒラリーを希望する。某ならず者国家をよくよく教え諭してほしい

→トランプを支持する!!!北朝鮮をやっちまえ!

→おれを選んでくれ。民主を体現しよう。またボーダレスな平和も体現してみせよう。

引用ここまで。

翻訳元:微博


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。