【中国】湖南省「教員が給与未払い抗議の千人規模のデモ」との珍しい報道→削除される→3日後、再度報道→再び削除される

demonstration by teachers

5月初旬に、湖南省で小・中学校の教員が給与不払いに抗議して千人規模のデモを行っているという報道が流れてきました。

この報道を目にしたとき、実は、あれ?珍しいなと思ったのです。教員のデモが珍しいから、というわけではありません。今年になってくらいからでしょうか、ネットのコメント欄などには、東北地方や山西省などで小学校や中・高の教員が、地元政府の前で給与未払いの抗議デモを行っている、という噂がチラホラたっていました。確か、北京でもあったと記憶しています。抗議活動の動画もいくつかアップされていて、私も何本か目にしています。しかし、それらは一般のネット民がアップしているもの。ところが今回はメディア、しかも全国メディアが教員デモを取り上げて記事にし、微博(ウェイボー)にも配信しているのです。

それだけ今回の抗議活動の規模が大きいのかもしれません。或いは教員による抗議デモが全国メディアの目に留まるほど、実は各地で増えているのかもしれません。真偽はわかりません。ただ、当局にとって都合が悪いのでしょう、1日ほど掲載されたのち、削除されてしまいました。

ところが二日と経たぬうちに、同じ全国メディアが、新たにそのデモの記事を掲載しています。おお、っと思って注目していると、コメントもそれなりに増えてきていたのですが、気がついた時には、記事ごと跡形もなく削除されてしまっていました。何かよほど、都合が悪いのでしょうか。

もっとも、そのような事態に備えて、記事とコメントはしっかりと確保しておきましたので、ここにご紹介します。なお、第一報では、給与未払いに抗議して、1,000名に上る教員が抗議しているとはっきりと書かれていましたが、続報では規模も理由も説明されておらず、抑えた内容になっています。

「【湖南省衡陽が、教員の集団陳情状況について回答した】3日、副県長鄒文勝は集団で陳情に来た教員に面会し、集団陳情教員の代表8名と意見の一致をみた。しかし、その場で個別の教員が協議内容を認めなかった。4日、約150名の教員が再度県政府の前に集まった。公安機関は現場の指揮に従わない人々を強制的に排除した。また現場では公務執行を妨害した6名が調査を受けたと伝えられているが、局面は有効にコントロールされている。」(財経ネットより)

(訳者注:県は日本の郡に相当します)

→手に盾を持っているのは、かつての学生かな?

(訳者注:警察力が相当投入されたようで、特警あるいは武警と思われる、ポリカーボネートの盾を持った警官がずらっと並んだ写真が記事に掲載されています)police against teachers

→約束された集会デモの自由は?なんでデモ集会でおまえらの指揮に従わなきゃならないんだ?

→ストして造反したの?

→体制内の分配が不公平なんだな

→150名が満足していないのに、個別って言うか?リーダーもまったく肝の座ったやつだ

→この先生たちは、今頃はクビになっているだろう…

→最後の文の、局面は有効にコントロールされている、ってわけわかんない!問題が有効に解決した、となるべきだろう

→もっと騒いだら、戦車をつれてこい

→先生をデモさせるまでに追い込むなんて、恥知らずな政府だ

→先生までもが陳情に行くなんて、この社会はどうなっているんだ

→奴らは銃を持っているから

→じっくり解決できないの?うまくいかないと、すぐに警察力を使う!

→我ら人民にこういう風に接しないで欲しい

→ハハハ、先生に対しても、武警とか出動させるの?彼らは暴徒なの?彼らは物を壊したり奪ったり、放火したりするの?

→多くの場合、騒ぎが大きくなってようやく重視してもらえるからなんだよね。うちの伯父が裁判所に訴えてていて、百万(元)(約1,660万円)にも上る問題なんだけど、法律の手続きに従っていると、三、四年もたつのに、まだ裁判所が判決を出してくれない。

→あの迷彩服来た人たち、だれ。武警や軍隊を出動させる必要なんかないんじゃないか?人民教師のどこに殺傷力があるんだ。小さいことで大騒ぎしていないか?

(訳者注:迷彩服を着た集団が歩くする姿を写した写真も、記事に掲載されていました)

armed police against teachers

→(先生に)給料出してるの?

→普通、先生はよほど追い詰められないと立ち上がらないよ…

→どうして、これ、報道出来てるの?以前は全く報道してなくなかった?

→勉強を教えて人を育む先生方にデモさせるなんて、全社会の恥だ。現地の役人は引責辞任すべきだ

→借りのあるほうが、なんと警察と軍隊を使って貸しのあるほうに対応するなんて、本当に前代未聞の世界の珍事!

→陳情の理由を知りたい!背後に、黒幕がいるのでは?

→いま、群体(性)事件がどんどん多くなっている。人民意識が覚醒したってことだ

(訳者注:群体性事件とは、デモや抗議運動、暴動等を指します)

→あなたの国の特色。教育と民主を重視しない。

(訳者注:あなたの国、とは中国のことを指しています)

→ああ、悪循環になってるよ。騒がないと問題が解決しない

→給料を払わないのは違法じゃないのに、現場でおまえの指示を聞かないと違法だなんて、なんて社会だ

→覚えておけ:(天安門広場で)軍事パレードをしたのは、おれたちに見せているんだ!でも、治安維持の装備をした兵隊のカネは、おれたちが出しているんだ(号泣マーク)

→戦車でひいて、追い詰めるんだろ…天朝(中国)のやり方を、忘れたのか?

→治安維持のカネVS先生の給料

→表面はコントロールされているけど、でももっと大きな危機は既に生まれている!

→先生は最も理性的な集団だと思う。こういう風に接するのは適切か?

→あなたはペンを持っている、でもやつらは銃を持っている

→五毛党、来いよ。来て主人のために弁解してみろよ

→1989、みんな忘れるな!!

→鎮圧が唯一の手段

→先生まで順番がまわって来た。次は誰だ?

引用ここまで。

翻訳元:微博

関連記事:

【速報】12日、中国黒竜江省で給与不払いを巡り大規模暴動発生か-徹底した報道管制の模様【画像・動画あり】(2016年3月13日)
【中国】給与不払い大規模抗議運動、各地に飛び火の恐れあり? 供給側改革の行方は?【動画あり】(2016年3月15日)

【中国】未払い賃金を払え!春節を前に、高まる支払い請求”生の声”(2016年1月23日)
【中国】景気どうなの?製造業で給料をちゃんと払えるのは3割だけ?! 業界内部の声にネット民は?(2015年12月20日)
【中国人の反応】「失業の第二波がやってくる」 中国人研究者が警告(2015年11月10日)
中国:景気どうなの?本当に悪いの?! 中国ネット民、生の声(2015年10月10日)


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。