【中国人の反応】「ユネスコ無形文化遺産、もう韓国に奪われるな!」中国ネット民怒り心頭

unesco

「韓国にユネスコ無形文化遺産を再び奪われるな」というハッシュタグが微博(ウェイボー)の”ホットな話題”にあがっています。

2005年、韓国は「江陵端午祭」をユネスコ無形文化遺産登録しました。端午節”本家”の中国は韓国に横取りされたとして憤慨。ユネスコに抗議し、この「江陵端午祭」は韓国の一地域のもの(にすぎない)と主張しました。結局、中国政府は2009年に新たに「端午節」をユネスコ無形文化遺産に登録しましたが、韓国の「江陵端午節」は登録されたままであり、多くの中国人が釈然としない思いを抱いたようです。

韓国政府は更に2014年に”オンドル”をユネスコ無形文化遺産に登録申請する意向を表明しています。目下申請準備中と伝えられていますが、”オンドル”は中国東北部においても昔から広く使われており、この韓国政府の動きに中国人の反感も高まっているようです。

中国ネット民の投稿を見ていきましょう。

「端午節を奪い終わったら孔子を奪い、孔子を奪い終わったら発明を奪い、発明を奪い終わったら中国から来たオンドルでさえ奪うんだ。隣の韓国がまさか奪うなんて、本当に思いもよらなかった。大東北のオンドルすら無形文化財に申請しようとするなんて」

「我々はずっと茶の文化は中国のものだと思ってきたけど、でも日本で根をはって発展している。色々な抹茶(製品)を食べるとき、中国由来だということに思いが至らないのではないか?」

「私は韓国のスターが嫌い。だって韓国のスターは韓国の国と同様、表面を飾っているだけで中はぼろ。韓国のバラエティを見ても、彼らがとても薄情で、本性が自己中心的だというのがわかる。漬物の代表と言えば四川漬物だけ。韓国のは辛い白菜というだけ。韓国料理の食卓には、小皿のキムチ以外には結局小皿のキムチしかない。韓国人は実は内心、中国人にとても嫉妬しているし、(中国人を)軽蔑もしている。私は日本の方が好き」

「これは一度じっくり考えるに値する問題だろう。どうしてあんなに小さい韓国が何度もこういう空虚なことをするのだろうか?どうしてだろう」

「高麗棒子(韓国・朝鮮人の蔑称)を二度と増長させるな」

「やれるもんなら日本に奪いに行け!どうして中国ばっかり見てるんだ」

「本当にいや。自分たちにないなら、なくていいじゃない。私たちのものを奪いに来るなんて」

「文化の継承人はどこにいる?出て来て国を守れ」

「まだなんか奪うものでもあるのか?本当にまったく…」

「韓国を強く叱り飛ばすべきだ。われわれのものをなんでも取っていく」

「伝統文化の意識を高めなくては」

「炎黄の子孫(中国人のこと)、頑張れ!」

「国際組織よ、出てきて守ってほしい」

「ハハ、悪くないね。奪い取るっていうのも正解だ」

「我々の国は強くならなければならない。」

「韓国はビョーキだよ。中国のものばかり奪っていく」

「今は(無形文化財を)保護するようになっているみたいだ。とてもいいことだ」

「オンドルは中国のものだ!東北のものだ!」

「このニュースは見逃せない」

「世界の文化には似たところがあるということを現わしている」

「自分たちにないからって、他の人から奪うことしかできないんだ」

「韓国棒子は本当に恥知らずだ」

引用ここまで。

翻訳元:微博#别让韩国再抢非遗#


人気ブログランキングへ

応援お願いします!
”ポチッ”とボタンを押してくださいね。