中国:国連分担金増額に反対 中国人の反応

united nations

中国が国連分担金の増額に反対しているというニュースです。

「#時局#【国連中国の分担金を大幅に増加させる模様 中国は反対】現行の計算方法によると、中国の2016-2018年度の国連の通常予算及びPKO予算の分担率は大幅に増加することになる。中国代表は8日、明確な反対を表明し、中国は発展中の国家であると強調した。『支払うべき費用は、中国は期限内に必要額を納めている。一銭も欠けることはない。』(添付:分担金上位国家のグラフ)」

引用ここまで。

中国が自らを大国であると誇示する一方で、まだまだ発展中だからと国際的な義務に対して及び腰を見せるのは、今日に始まったことではありません。他国から見ると非常に都合がよく見えるのも事実です。もっとも正直なところ、庶民としては政府のいうところの”大国”と日々の生活実感との差にとまどいも隠せないという面もあるのかもしれません。

微博(ウェイボー)のコメントを見てみましょう。

→恥

→中国は金持ち

→我々は発展中の国家

→ロシアは?

→アメリカは長いこと払ってないじゃないか

→中国はそもそも発展中の国家なのに、どうして多く払わなきゃいけないんだ。恥だという人がいるが、おまえのアメリカ親父はどれだけのあいだ払っていないんだ

→中国はとてもお金持ちじゃなかった?債務帳消ししたよね、どこが発展中の国家なんだ(訳者注:9月26日、国連開発サミットの席上で習主席は一部の後発発展途上国などに対する債務免除を発表しました)

→中国の権利が増えるわけじゃないのに、中国の会費(分担金)を増やすなんて、アメリカは払ったのか?アメリカはどれだけの間支払いを引き延ばしてるんだ?

→使わなくていい金は使わない!よくやった!

→我々は永遠に発展中の国家だね、ヘヘ。

→あそこ(国連)はアメリカの楽園

→我々にはお金がない

→我々大日本帝国にとって不公平だ、どうして安保理に入れないのか、なぜ!!(訳者注:中国人のコメントです)

→発展中の国がなぜ他の国家の債務を免除するのか?しかも国連総会の席上で…顔がむくんで腫れた太っちょが自分自身は骨と皮だと叫びはじめた…ハハ、おかしいね…

→日本があんなに払っているなんて初めて知った、シートのチケットさえあげてないのに(訳者注:日本が安保理常任理事国ではないことを指しています)

→なに反対してるんだ、中国は一番多く会費を払うべきだろう

→自分たちが第二の経済大国などと吹聴するな。対外的にひけらかす時には自分たちは第二の経済大国と言い、うちに向かって人民を陥れるときは自身は依然として発展中の国家で、平均収入はとても低いと言う。真の経済大国は、総額が多いだけでなく、平均指数や市場の自由度や、市場制度の改善程度を含めて言うものだ。

→どうして増えるの?

→なるほど日本とドイツが常任理事国になりたいはずだ。毎年こんなに多くの会費を払っておいて、なんと両方ともVIP会員ではないんだ!

→中国にはお金はいっぱいあるけど、余計なお金は一銭もない

→日本は本当に感動させるね…アメリカは支払いを引き延ばしているみたいだけど??

→日本かわいそう

→国連ってそもそも会費を払わなきゃならなかったんだ

→我々は拒否権を一票持ってたよね、じゃあ否決

→米日独仏英で会費の半分以上を占めている

→ひどいコメントばかりだね…

→色々な方面からのコメントをじっくり見よう

→(お金があると)見栄を張った結果

→中国人は面子を気にするよね。今日はこれを免除、明日はこれを支援。国内の庶民は貧乏で死んでしまいそうだ!

→中国政府は最もお金持ち、でも中国人民は最も貧乏

→否決に一票

→もっと払っていいよ、でも人民元でね。

引用ここまで。

日本に対する”同情の声”が意外にも多く、少しびっくりしました。

翻訳元:微博#时局#


人気ブログランキングへ

ぜひぜひ”ポチッ”と、
ボタンを押して応援してくださいね。