【中国】未払い賃金を払え!春節を前に、高まる支払い請求”生の声”

unpaid wage

2016年の春節(旧正月)を2月8日に控え、中国では故郷へ向かう人々が列車やバスに列をなす季節となりました。中国の労働者にとっては、未払い賃金を清算する季節でもあります。今回は、微博(ウェイボー)より、実際に賃金不払いに悩む人々の声を拾っていきたいと思います。

まず簡単にこの問題の背景を見ておきましょう。

春節は中国人にとって、一年で一番大切な祝日で、特に多くの農民工(出稼ぎ農民)にとっては、一年のうち家族団欒の唯一の機会です。農民工の契約は、通常春節まで。この時期に未払い分の給与を清算しないと、故郷に帰るに帰れません。思い余った農民工が集団でビルの屋上に上り、未払い賃金を寄越せと迫る”集団飛び降り”(殆ど未遂)事件も各地で見られ、昨年12月には、飛び降りようとした農民工を警察が逮捕し、当局に非難が集まりました。痛ましいことに、本当に切羽詰まっているのでしょうか、実際にビルから飛び降り命をおとす農民工も少なからず存在し、未払い賃金の要求は生存をかけた闘いともなっています。

見たところでは、微博(ウェイボー)のアクティブユーザーに農民工は少なく、ホワイトカラーの投稿が多い傾向がありますが、経済状況もあるのでしょうか、昨今、給与の遅配や不払いを訴える声が多くみられます。以下、1月に入ってからの投稿を拾ってみました。なお()には、プロフィールから拾った居住地と性別、最終学歴(記載がある場合のみ)を記してあります。ご参考まで。

「#(旧暦)年末給与遅配・不払い#どうやら、私はまだまだ甘かったようだ。労働仲裁申請書を提出しに行く前に、社長が夜逃げした。」(四川省成都、男性)

「うざい、うざい、うざい、会社が給料をくれない、私みたいな底辺はどうやって生活すればいいの!!!!!!一ヶ月も遅れてる、もう辞める!!!!!」(湖北省咸寧、女性、大卒)

「XX中西医糖尿病病院はいつ給料を払うんだ?農民工だって給料を手にしているぞ!商売がうまくいかないからと言って給料を払わなくていいわけない。こんなに長いあいだ待たせて!こんな病院は閉鎖してしまえ!」(山東省済南、男性)

(訳者注:中西医は、中国医学と西洋医学のことです)

「ぼくは田舎から働きに出て来ていて、まだ若い。今年ようやく19歳になったばかりだ。プラスチック工場で働いている。春節がもうすぐだが、会社は賃金をあまり払ってくれない。そこで、辞表を提出したら、他の工員は数か月も前にもう辞表を提出していたことがわかった。上司はその場では口先でokしたのに、結局はもう年末になってしまって…」(広東省佛山、男性)

「XX電線ケーブル有限会社は長い間賃金や医療費、年金、社会保障費を払っていない。私たちは労働仲裁を申請したが、会社は関係を解除することを堂々と拒否している。我々は裁判所に訴えたが、会社はお金がなくて払えない、会社の帳簿にはお金がないと言っていて、個人では解決できない。全職員の問題を一つにまとめて解決しなければならない。自分たちの切実な利益をどうやって守ったらいいのか、お尋ねしたい。」(寧夏回族自治区銀川、女性)

(訳者注:銀川では先日、工事代金をめぐりトラブルを抱えた男性が、路線バスに放火する事件が発生したばかりですが、今回、給与遅配や未払いを訴える銀川在住者の投稿が、かなりの数、目につきました)

関連記事:
【中国人の反応】走行中の路線バスが炎上 17名が犠牲に-寧夏回族自治区で放火の疑い

「年末になって、工場が賃金を支払わない問題がまた起こっている。アモイXX有限会社(晋江工場)は、多くの工員の賃金を半年以上払っていない。農民工が苦労して働いたのは、春節に帰郷して一家団欒をするため、みなさんおわかりでしょう?農民工の権益は保障されるのだろうか?だれが権利を守ってあげるのだろう?」(福建アモイ、女性)

「給料が支払われない。瓦房店市のXXセメント工場で働いている。会社はお金がないからと言って、賃金を払わない。一年以上も支払われていない。貯金には一銭も残っていない。現在、工員はみんな休みをとらされていて、賃金の清算もされていない。もうすぐ年越しなのに、老人から若者まで、一年以上給料が払われずに、どうやって食べて行くのか。会社に行って幹部を訪ねたが、今日が明日、明日が明後日に引き延ばされ、いつになったら支払われるのだろう。」(遼寧省大連、女性、大卒)

「ずっと孤立無援だ。全て自分で走り回らなくてはならない。給料をもらい自分の権益を守ることは、(中国)国内では本当に難しい。証明書をとるにも証明書をもらいに行かなくてはならない。このご時世に対し、もう言葉すらもみつからない!AとBは夫婦だ。Aの会社で働いていたが、全てのものはBのもので、Aは何も問われない。労働局は、給与不払いはAの会社(会社の名前はXX会社、その名義には全く財産がない)と言う。おれたち、どうしたらいいんだろう?」(浙江省金華、男性)

(訳者注:他の投稿を見ると、この投稿者個人に対する未払い分は四万元《約72万円》のようです)

「突如、会社に行っても面白くなくなってきた、生命の無駄づかい、つまり、とっても悲惨。毎日6時半に起きて、夜6時半に退社できるかわからなくて、なんとか一か月頑張っても、お給料はこれっぽっち。しかも給料日より遅れる。疲れた疲れた、もう動けない」(河南省、女性)

「この微博(の投稿)をどれだけの人が見てくれるかわからないけど、年末が迫ってきて、苦労して苦労して出稼ぎをしているのに、給料が無駄になって、会社の十何人かの同僚と共に十何万元(二百何十万円ほど)の給料が未払いになっていて、何度も会社に請求しに行ったのに、毎回社長は口先だけ甘いことを言って逃げて、結局閉鎖されていなくなってしまった。訴える以外方法がなく、関係部門に調停してもらおうとしたけれど、結局、(社長は)頑として非を認めず、改めない。」(福建省アモイ、女性)

(訳者注:この女性は会社の実名、住所もあげて微博で何度も給与不払いを訴えており、メディアにも訴えていようです)

「給料を払ってもらえず、警察に通報しても相手にしてもらえない。労働局は調査しても、手に負えない、裁判せざるをえないと言う。庶民が権利を守るのはなんて難しいんだろう!社長は後ろ盾があるから怖いもの知らずで、このような状況だと知りながら、私たちが待てずに自分から放棄するまで引き延ばすつもりのようだ!これがいわゆる春節前の深刻な賃金不払いなの?誰か助けて!」(広東省広州、女性、高卒)

「今年の経済はどれだけ悪いんだ?残業が終わって同僚とカフェで夕飯を食べていたら、店員たちが、自分の同郷の仲間が出稼ぎをしている工場がいくつも倒産して、社長は給料を払わないで逃げたと話していた…」(広東省広州、男性)

「ゴミみたいな会社だ。拡散求む。給料を支払わない挙句、人を雇って工員を殴るのか?」(重慶、男性、高卒)

(訳者注:インテリア・デザインの会社のようです)

「会社が半年給料を払ってくれない。年末が近づいているのにくれない。辞めたら全部が泡と消えてしまうんじゃないだろうか。どうしたらいいか誰か教えてくれない?この時代に給料を払わないなんて?(河南省鄭州、女性)

「この前、クラスメートが、故郷の市の先生達が全員、給料が出ないので政府に直談判しに行ったという話を聞いて、大笑いをした。そうしたら今日、うちの実家の話を聞いたら、この何日か学校が休みだと言う。うちの方では何年ものあいだ、先生への給料の支払いが遅れるとの話は聞いていた。今年の給料はまだ出ていない。色々なところでピンハネされて、手元には少ししか残らない。だから、幼い頃から先生になりたいとは思わなかった。なりたくないわけじゃない。立場が弱いからだ。」(黒竜江省、男性、大学在学中)

(訳者注:教員が未払い給与を地元政府に要求するというケースは、この投稿の他にも複数目にしました)

「蘭州XX(レストラン)五号店は、年末なのに給料の支払いが遅れて、まだ40%しか払っていない。誰かが文句を言うと、色々言いぶらしてクビにする。心ある人は、この話を広く伝えてほしい」(甘粛省臨夏、男性)

「通勤途中に、張江長泰広場で、農民工が給料の支払いを要求していた。苦労して一年間働いたのに、給料を支払わないんて、本当に良心がない」(上海、女性)

「教育局が給料を支払わない!!」(浙江省温州、女性)

「落ち込む。なんと、上司が給料を払わない」(河南省周口、女性、大卒)

「昨日の午後、長沙市岳嶺区西湖文化園で、作業員が横断幕を掲げて抗議運動をして、未払い賃金を要求していた。文化園の建設に携わった作業員に給料が支払われていない。もう年末だから、苦労した作業員たちは賃金が払われて年越しするのを待っている!具体的な経緯については、よくわからない」(湖南省長沙、男性)

「もともと大してカネなんて持っていないけど、このXXはまた給料を払わない。今年もカネを持たずに帰省か…」(広東省広州、男性)

(訳者注:自動車修理工場に勤務しているようです)

「悪徳社長が給料を払わない!恥知らず」(安徽省合肥、男性、高卒)

引用ここまで。

翻訳元:微博 关键词-拖欠工资

関連記事:
【中国】景気どうなの?製造業で給料をちゃんと払えるのは3割だけ?! 業界内部の声にネット民は?(2015年12月20日)
【中国人の反応】「失業の第二波がやってくる」 中国人研究者が警告(2015年11月10日)
中国:景気どうなの?本当に悪いの?! 中国ネット民、生の声(2015年10月10日)


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。