【中国】”習近平主席ら少数民族文芸会を鑑賞”の記事に、ネット民言いたい放題→やっぱり、コメント削除される

minority concert


中国共産党指導部と長老は、毎夏 北京から二百数十キロ離れた北戴河というビーチリゾートで非公式の会議を行います。非公式なので日程等は発表されませんが、今年の会議が丁度終わった模様で、しばらく動静が伝えられていなかった首脳陣が堰を切ったように一斉にメディアに登場し始めました。

そのような動静を伝える記事の一つを微博(ウェイボー)より見てみましょう。

「#中南海#【習近平らが少数民族文芸会のオープニングを鑑賞した】第五回全国少数民族文芸会オープニング文芸会が18日夜、北京人民大会堂で盛大に開かれた。習近平、李克強、俞正声、劉雲山ら党と国家の指導者と3000名群衆が一緒に鑑賞した。」(頭条ニュースより)

引用ここまで。

引用元の”頭条ニュース”は、いわゆるヘッドライン・ニュースのこと。文芸会の鑑賞がヘッドライン・ニュースになるとは、いかにも共産主義国家らしいところです。指導者の中の誰の名前が挙がっているか(或いは挙がっていないか)なども重要で、このような指導者の動向を伝える記事はなかなか奥が深いようです。

ところで、微博(ウェイボー)における習近平主席の記事にはこの頃パターン化した次のようなサイクルが見られます。まずネット民、記事を見つける→あれ、コメント欄が珍しく開いている→珍しく開いているから書かなくちゃ/今のうちに書かなくちゃ/どうせそのうち閉じられるから、好き放題書いちゃおう→やっぱり削除・閉鎖される、という流れ。それにしてもこの記事にはかなり自由で記事の中身と直接関係のない書き込みが多く見られましたが、結局掲載から数時間後にコメントは削除され、コメント欄自体も閉じてしまいました。

削除前のコメントを確保しておきましたので、以下、見てみましょう。

→少数民族の特権は多いよ

(訳者注:一人っ子政策が広く行われていた時期でも少数民族の多くは優遇策を受け、2人まで出産可能でした。かつて私の勤めていたオフィスでも、漢族の同僚がそのことをもって”少数民族はずるい”と言ったりするのを何度か耳にしたことがあります)

→我が皇帝万歳万歳万万歳

→金正恩がんばれ、支持してるよ!

→断固として金正恩を守る。万歳!

(訳者注:習近平主席と金正恩をだぶらせて皮肉っています)

→(この記事は)何が言いたいのか

→われらの指導者は、皇帝とどこが違うんだ。

→共産党、政権から下りろ

→末代皇帝(涙目マーク)

→オリンピックを見てごらん。今期の(中国)スポーツは大きく下り坂だね

(訳者注:前回のロンドン・オリンピックでは中国は38個の金を取っていますが、リオデジャネイロ・オリンピックでは、大会14日目現在中国の金メダル獲得数は20個にとどまっており、今回のオリンピックにおける中国選手団の不振が微博でも話題になっています)

↑下り坂のものが多いね!

→民族の大団結を促進する

→マンションを買わなくていい人は、本当に心が広いね

→中学生が国を治めている

→コメントできるのか?だったら、おれはコメントするのやめよう。

→九十歳の長寿をお祝いする

(訳者注:江沢民元主席が九十歳を迎え、ネットでも話題になっています)

→コメント見に来た

→高い住宅費を抑制しろ

→なんでもヘッドラインになるんだね、皇帝万歳!!!

(訳者注:皮肉です、念のため)

→どうして今、だれも大大と呼ばないの?即位の頃そういう風に呼んで、とても親しみがあったのに!

(訳者注:《習》大大は習近平主席のあだ名ですが、確かに近頃その呼び方を目にすることが減りました)

→G20を開く杭州はまるで監獄みたいだ。自信がないなら、開催するな。

→次のリーダーが誰になるか、知ってる人いる?

→こういうニュースを夜中に発表するのか?何かあるな

→どうして夜の間はコメントできるのかというと、夜は指導者たちはみんな寝てるから、彼らの目に触れないからだ。空が明るくなる前に、全部削除するのさ~

→ついに、コメントできる記事を見つけた!

→習大犬(ママ)のニュースをどうしてコメント禁止にしないんだ?記者よ、クビになりたいのか?

→これって中国のニュース?北韓のと見間違えたかと思った。

→三でぶ(訳者注:金正恩朝鮮労働党委員長のあだ名、ここでは習近平主席を指しています)はまた大きなことをやろうとしている。我々は注意しなければならない

関連記事:
中国:”三でぶ”は禁止! 金正恩の悪口をネットから排除(2015年10月14日)

→どうして薄熙来が開いた大会は深く群衆の心に入り込んでいたのかな?

→辞めろ

→xi(訳者注:習)大大って、今どうして呼ばなくなっちゃったんだろう???反腐敗運動を庶民は歓迎している……でもどうして生活水準が年々悪くなっている気がするんだろう…

→習禁評!

(訳者注:禁評~コメント禁止~と近平は同音です)

→北戴河から戻ってきたばかり。リラックスしなくちゃね。わかるよ

→経済ズタズタ。

→即位式はいつ始まるの?

→彼は一生トップでいたいのか?

→外を見てみたい!でもおまえの党(訳者注:中国共産党のこと)は我々を壁で囲っている

→専制を千年続けるのか?

→どうしてオリンピックに関心を寄せないの?

引用ここまで。

関連記事:
【中国】習近平主席「ネットの声を聞け」-その記事のコメント欄が閉鎖されているという事実(2016年4月21日)
【中国】習近平「党幹部は毛沢東を復習せよ」-ネット民「アイヤー!」→案の定、コメントほぼ全部削除される(2016年2月26日)
【中国】暴落を受けて”株民”がネットで大暴れ-でも、このコメント欄、本来は長江の話なんだけど…→過激すぎて、コメント全削除される(2016年1月8日)
【中国】なんと習近平主席が微博(ウェイボー)デビュー! ネット民も大興奮(2015年12月27日)

引用元:微博#中南海#


人気ブログランキングへ

是非是非、応援お願いします!
ボタンを”ポチッ”と押してくださいね。